タイの温泉ランキング 47湯 Thai Hot Springs Ranking

タイの温泉を巡り巡って、47湯になる。

Khlong Thom 温泉カスケード

タイの温泉の特徴

無為自然

タイの温泉は自然湧出しているものばかり。

日本のように、わざわざ動力で地下から汲み上げたりしない。

加熱もしない。

自然造形であるがゆえに、國立公園に指定されているところも多い。

國立公園内であれば入場料は、外國人差別価格で高額になる。タイ人価格の10倍以上になることもある。

國立公園内でなければ、料金は20バーツ、個室なら50バーツから。

無料のところも多い。

温泉を中心に公園が整備されている。

塩素混入はない

日本の多くの開発型の温泉入浴施設のように、塩素を混ぜ込んだりしない。

天然成分そのままの温泉が流れるのみである。

温度調節ができない

たぎるほどの高温の源泉が多い。自然まかせの温度変化がおおく、気まぐれで熱すぎなこともしばしばある。温度調節に努力をしない。熱ければ熱いほどよいだろうと考えているのかも。

裸にならない

男でも上半身裸にならず、シャツを著たままの人が多い。佛教上の理由というより、ただの習慣かも。

ゆで卵、足湯、かぶり湯が主体

温泉の利用方法としては、ゆで卵を作って食べること。足湯、かぶり湯が主体で、全身浴はしない人が多い。

ローカル常連客が多い温泉では全身浴も普通にしている。

朝一番

タイの昼間は気温が高い故に、昼間に温泉に来ても暑いので熱い湯に入る気はしない。

それに日差しが強く、日陰にならないことも多い。

早朝ならシャツ一枚だと寒いぐらいに空氣は冷えている。

熱すぎる温泉も、早朝なら湯温が低くなっていて湯に入りやすい。

朝がだめなら日没後。

日没頃に来て一浴し、キャンプかホテルで一泊して翌早朝浴するのがいい。

個室・家族風呂と大プール

有料の個室風呂、家族風呂の施設があるところが多い。注湯式。

露天プールはかけ流し。

日除け、日陰のないことが多い。

タイの温泉ランキング

タイの温泉を、お気に入りの順に並べてみた。

特級

パトゥン温泉はツルツル度最高級。チェンライ北30km

 

カンチャナブリのヒンダット温泉

底からわき出ずる湯温が丁度よい。大自然。近くに長期滞在向け宿もある。カンチャナブリ県。

毎日OK、湯治向き。

 

Khlong Thom の温泉カスケード

全て自然さがいい。自然の流れ、温泉川と冷水川の合流。湯壷の美しさ、温度の丁度良さ。

朝9時以降は観光客で一杯になるから早朝、夕方がいい。

近くに安宿がない。7km離れれば250バーツからある。クロントン、クラビ県

 

メーホンソン、パイのタパイ温泉も自然さがいい。温泉川と冷水川の合流。段々川プール。

國立公園なので外人料金があるのがいけない。近くに安宿もある。

 

一級

ポンフラバット温泉は、チェンライ郊外、Ban Du のローカル温泉。毎朝通っていた。朝8時までは管理人なしで地元民が集う。

大学が近くにあり、アパートが多く、滞在湯治向き。

 

パボン温泉の無料共同湯部分、早朝に限る。メーホンソン南

環境が良い。

 

テッパノン温泉は広大な温泉の湖。チェンマイ県

 

Pornrang hotspring ポンラン温泉 も冷水川のほとり。湯壷は自然ではない。人為的に小プールに湯が注がれる。南部ラノーン郊外

 

ポン・アーン温泉は自然のかけ流し湯船。温度も適度。

チェンダオ、チェンマイ県

 

チェンダオ温泉 Chiang Dao は完全無料なので気楽でいい。冷水川の畔。チェンマイ県

 

Sai Ngam  サイガム川底温泉。  寒い時期は温度が物足りない。長湯できる。20バーツ以下。パイ、メーホンソン県

 

スラタニ郊外25kmにある、静かな緑豊かな温泉公園。

24時間いつでも利用できるのがいい。温度も熱いのからぬるいのまで。

歩いて3分のところに安宿あって、湯治によい。静かな環境

 

クルンチン温泉は、河の畔でキャンプもできる。自然環境がいい。タイ南部、カオルアン山麓。

國立公園、滝、洞窟ハイクもできる。ナコン・シ・タマラト県

 

以下もろもろ

ファン温泉 チェンマイ県北部

 

サンカンペン温泉は湯質がいい。50バーツの大プールは深くていい。チェンマイ郊外

 

Pong Dueat Hot Spring  ポンドゥアト温泉 は人里離れているので通いづらい。メーホンソンのパイ街道中

 

ラクサワリン温泉は、完全無料の市民温泉という感じ。ラノーン市内。

毎日OK、湯治向き。

 

ファソエット温泉は、チェンライの西郊外にある。

 

ノーンクロック温泉 は日中陽射しが強かった。朝夕に限る。チェンマイ県。

 

サンピーノン=三兄妹温泉、

 

クアンケン温泉、南部トラン県

 

ピプン温泉はロードサイド立ち寄り湯。地元民の湯。タイ南部、ナコンシタマラート

 

バンカン温泉、ナコンシタマラート。タイ南部。

クラビからアクセス可。

 

ポンクラム温泉はミャンマー國境メーソットの近くにある。Tak県

 

ランナ温泉は日本風浴室になっている。チェンライ県南。

 

トゥンテウィ温泉はチェンライーチェンマイ幹線道路の立ち寄り湯。チェンライ県

 

フクロン温泉はメーホンソンの北、大プール60バーツ。環境は良い。

 

ドイサケット温泉は湯質はいいのだが、高温。30分制限などで忙し減点。近くに地元民の湯浴み所もある。チェンマイ郊外。

 

ポンブアバン温泉は山中の村の湯。チェンマイ県北部。

 

プライポ温泉の河原湯は熱湯が多数湧き出る。

ファミリーオートキャンプ向き。パンガ県

 

クルット温泉 はスラタニのローカル湯。

注湯式。

 

サリネ塩辛温泉、クロントン、クラビ、タイ南部

 

ムアンペン温泉はパイ、メーホンソン、タイ北部

 

フラルアン温泉はカンペンペットの近く。

 

 

ラムシン温泉は川の中央に湧く土管温泉。パッタルン県。

行ったけど入湯していない温泉

以下の温泉は行ったけど入浴していない。手触りのみ。

 

 

シンコン温泉はもうじき入湯の予定。スラタニ県。

 

ノンヘン温泉、メーホンソンのクイユアン近く。個室風呂あり。

早朝なら無料区で寝湯できるかも。

 

ロマニー温泉 はパンガ県の山中。

暑い午後に着いて入る気しなかった。近くのプライポ温泉の河原湯が野趣に富んで良い。

 

メーカサ温泉は熱過ぎ。個室のみ。メソット、Tak 県

 

フイナムナック温泉も個室のみ。メソット近く、Tak 県

 

フイサイトン温泉は乾季のみ川底土管温泉、チャヤプーン県

 

熱水塘村温泉、足湯と個室注湯風呂のみ。チェンマイ県北

 

マリカ温泉 個室注湯風呂のみ。チェンマイ県北部

 

カオチャイソン温泉、パッタルン

 

サンジャレン温泉、ナン県の北部、パヤオ県堺近く。

 

プルンピ温泉は入浴不可でかぶり湯のみ。タイ南部 Ranong。

 

ハジャイ温泉もかぶり湯のみ。 タイ南部ラノン郊外。

 

 

  • 前回入湯できなかった、シンコン温泉、Singkhon Cave 温泉を再訪した。 昼間の10時半頃着くと、温泉脇の屋根下で集会していて拡声器が鳴り響いていた。 温泉の周りには誰もいなかった。 環境は良 ...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふ ...
  • パッタルン Phatthalung の野生動物育種園 สถานีวิจัยการเพาะเลี้ยงสัตว์ป่าพัทลุง Wildlife Breeding Research Stationを ...
  • 昼食ついでに路傍の店でショッピング。 グアバ (ฝรั่ง ファラン)、うなぎ ปลาไหล プラーライ、スッポンตะพาบน้ำ などあり。 この鰻は日本で食するウナギとは異なり、タウナギというもの ...
  • 今朝のジョギング中、いつもの広大な工事現場から湯気が立ち上っているのを見つけた。ここの現場監督が同じ宿にいて、聞いてみると、1週間前には見つかっていたという。 風邪引いて、丁度この1週間は外に出ていな ...
  • スラタニでまた温泉を発見した。 クロンナムサイ Klong Nam Sai คลองน้ำใส  湧水の近くに温泉があった。 クロンナムサイは、運河・水・清=清水川というような意味。 雨の日でも清らか ...
  • ラチャプラバダムRatchaprapha Damの近くの友の家に行ってきた。 大きなサトー豆 สะตอ の木があった。 豆房がたくさんぶらさがっていた。 これを採るには一本の竹竿では届かず、2本を継ぎ ...
  • 黄色のアユタヤ銀行(Krungsri)のATMでは、ATMカード無しでタイ全土で手数料無料で現金を引き出すことができる。必要なもの: タイの携帯電話番号 モバイルアプリKMAがインストールされたスマホ ...

タグクラウド

温泉タイ カテゴリ人気記事 Views most

タイ・温泉タイ カテゴリ人気記事 月間

20170201

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 2,712
20170201