カテゴリ: ブータン ~  22件

  • 2677年11月22日

    母系大家族社会への回帰

    税を貨幣で徴収するようになったりして、貨幣経済が強制されるようになると母系家族が衰退する。 過度の資本主義経済が核家族を増生し、母系社会を衰退させる。母系社会研究会www2.ttcn.ne.jp 共生主義miracle-jiyoudan.com ページが見つかりませんでした | 共同体社会と人類婚姻史bbs.jinruisi.net ページが見つかりませんでした | 共同体社会と人類婚姻史bbs.jinruisi.ne...
  • Phuentsholing プンツォリング のイミグレーションの前の店で、ブータンのSIM は旅行許可証がないと買えないと言われた。イミグレーションの建物は、人で大混雑している。外に看板がないので何の建物なのかわからない。 他の店では買えるかもしれない。【2017年9月最新版】ヒンドのSIMは毎日1GB+電話無料で84日間471Rsヒンドのカルカッタに入國して最初にやるべきことはSIMカードの調達であった。コルカタ空港内にはSIMの売り場はなかった。Vodafone と Airtel のWebサイトを見てみると、Airtel のサイトはわかりにくかった。それで Vodafone 優勢になった。地図で両方の公式ショップの位置を調べる。サドルストリートから歩いていける。行ってみる...
  • 2677年10月7日

    ジャイガオンの風景

    ブータン Phuentsholing と接するヒンド側の街、Jaigaon ジャイガオンの風景。 ちょうど 西ベンガル州で盛大に祝われる Durga Puja の時期だった。
  • 2677年10月7日

    プンツォリンの風景

    ブータンとヒンドの境の街、Phuentsholing プンツォリンの風景。 図書館はなかった。
  • Phuentsholing プンツォリングにクロコダイル、ワニのいるところがある。 バスターミナルの近く。 外人料金50ルピーとあるが、すり抜けられた。 ブータン人も無料で入れるのだろう。
  • ブータンのPhuentsholing 、又は、ヒンドの Jaigaonからブッダガヤへ行くにはバスと、列車の方法がある。 列車で行くには、Hasimara 駅までバスで行って、そこから列車でGaya駅まで直通がある。 が満席続きで乗れそうもない時はバスで行くしかない。 バスは、ブータン側の Phuentsholing バスターミナルから Siliguri シリグリ行きが、ブータン時間の7時30分=ヒンド時間の7時に出発する。140ルピー。このバスはヒンドのゲートに来るのでそこで待ち構えていてもいいが、座れる確率が低くなる。 ブータン時間の7時発はもっと大きなバスで安いかも。 ブータンのバスの時刻表、料金表はここにある。 JBoss Web/7.0.10.Final - Error repor...
  • ブログで、Phuentsholing の 数あるレストランの中でも Trashi Peljor Restaurant のエマダチがうまいという人がいたので、あえてお腹すかしてから食べてみた。 ここのエマダチは見た感じが昨日もそうだったが、オイルっぽい。 白クリーミーでない。 底に液体の油がたまっている。 食べてみると確かに少し味が濃いかもしれない。 この近辺で競合する 3軒のレストランでエマダチ・ビュフェを食べてみたが、ここが一番うまいということはなかった。 昨日のランチのキノコダチの方がいいかも。 毎日少しずつおかずの様相が変わるので、見てみて好きなところで食べれば良い。 シャモダチ=茸チーズあえのビュフェ・ランチ シャモダチ、きのこチーズあえ今日のランチはシャモダチ。 Shamu Dat...
  • レストランに入ってブラックティーを注文したら、若い男が、首を横に傾けて相槌のようにする。ヒンド人によく似ている。 グループ客はペットボトルの水を飲むのに、口を付けないで、上を向いて口を開けて、水を注ぎ込むように飲む。 ヒンド人と似ている。 火曜日はドライデーで酒類の販売が禁止されている。 映画館があった。 下の席が150、上の席が200ヌルタン。 この辺;
  • 今日のランチはシャモダチ。 Shamu Datshi シャモダチとは、シャム=きのことダチ=チーズとシシトウの和え物。 全く辛くないとはいえないかもしれないが、タイ料理のソンタムの辛さに比べれば無きに等しい。 本物の唐辛子を入れているわけではないから辛くない。 ブータン人も手で食べるのが主流。 場所は、Lhaki Hotel の前。 このホテルの近くに、5件ぐらい同じようなレストラン・バーがある。 この近くに住宅、政府組織などがあって、働く人も多いようだ。 このホテルから無料WIFIの電波が出ていて、前のレストランでキャッチできる。 パスワードなし。 
  • 2677年10月3日

    エマダチ・ビュフェ

    ブータン料理の Emadatshi エマダチとは赤か緑の細長いピーマン=シシトウとチーズのあえものである。 これを唐辛子という人もいるが、ほとんど辛くないので唐辛子とはいえない。 むしろピーマンである。 日本でも赤や黄色のピーマンはある。 甘とうがらし/ししとうがらし(獅子唐):旬の野菜百科ししとう(獅子唐)に代表される甘唐辛子/甘とうがらしの旬の時期と産地、選び方と保存方法、食べ方と栄養価、種類と特徴などを紹介します。foodslink.jp エマ=唐辛子、シシトウ ダチ=チーズ きのこが入っていると、シャモダチ。プンツォリング の生鮮...
  • ジャイガオンの宿の近くで、ブータン側からも見える道端でカレーライスの振る舞いをやっていた。 使い捨ての葉っぱの皿にどんどんカレーライスをついでいく。 人だかりがつぎつぎにそれを持っていく。 グリーンピース、ジャガイモ、人参、ライスが入っている。 ブータン側に行って食べたかったが、これですました。 おかわりも自由。 皆よく食べる。 飲料水もある。 今日は祭日ではないにしても、誰かにとって特別な日なのだろう。
  • 初めて青空の少し見える朝。 ジョギングツアーでどこまで行けるか試してみた。 東方面へ、丘の上の大学を過ぎ、Thimphu と Pasakha への分岐点の手前に関所があった。 およそ4km地点。 車両は止まっているようだ。 手ぶらの歩行者は停められない。 素通りできた。 ちょうど雨が強くなり、雨宿りしながらゲートの状況を観察。 Timphu 方面に行くバスは停まるようだが、逆に プンツォリング に戻るバスは停まらないで素通りしていた。 ということは、帰りはバスに乗ってプンツォリングに戻れる。 お金は100ヌルタンのみパスポートに挟んでいる。 時々、City Bus と書かれたバスがPasakha 方面に行き来する。 今回はPasakha 方面を探索する。 1時間弱で雨が止んで車の少ない道を歩...
  • 2677年10月2日

    ブータンの紙幣には王様

    ブータンの紙幣にはどれも王様。 タイと同じ。 500ヌルタンのはグランドファザー、おじいさんらしい。 ヒンドには1000ルピー紙幣はなくなったが、ブータンにはある。 ヒンドルピー対ブータン・ヌルタンは1・1。 ジャイガオンではブータン紙幣の流通が主流である。 ジャイガオンでUSDをヒンド・ルピーに両替してくれる銀行はなかった。 旅行社で一箇所両替するところがあったがレートが悪い。 皆、ブータン側の銀行に行けという。 そこではブータン紙幣しかもらえないのだろう。 だから、ヒンド側では絶対的にヒンドルピーでお釣りをもらっておいたほうが良い。 ブータン紙幣は徹底的に拒否しないと、ジャイがオンを離れると使えない紙幣ばかりになる。 ブータン紙幣をヒンド紙幣に交換してもらうには1%ぐらいの...
  • 2677年10月2日

    Suja バターティー

    小雨の降る朝、レストランでチャイを注文した。Suja か云々と聞いてきたので、Suja スジャにする。バターティーである。お茶にバターが入っている。飲めないものではない。悪くない。まったり感がある。20ヌルタン。ヒンドの Vodafone の電波は届かなくてPC作業はできなかった。ヒンド境界から近いのに。近さよりも高さのほうが優先される。少し離れた小高い丘にあるレストランの方が電波は届きやすい。この辺:
  • 2677年10月2日

    Tongba トンバ 穀物発酵酒

    Jaigaon 側のホテルのすぐ近くのレストランを覗くと女3人で何やら豆のようなものが盛り上がったものにストローを指して吸っていた。 何かと聞くと、トンバ、トゥンバという。 納豆ご飯かと思いきや、酒だった。 最初は水分なしの状態で、麦のような醪が山盛りになって出てくる。 やかんのお湯といっしょに。 そこにお湯を注いで3分間待つ。 そしてストローで吸って飲む。 発酵した穀物のアルコール分がお湯に溶けて酒になる。 薄い酒であるが、ボーッとはなる。 つまみもいろいろつけられる。 何回でもお湯を注いで飲める。 醪粒を食べても食べれないことはない。 60ルピー。 ヒンド側のこの辺:

ネパール カテゴリ人気記事 Views most

ブータン カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理