ラノンの塩はペッブリーの海塩

 

ラノンに売っているペッブリー海塩

ラノンに売っているペッブリー海塩

ラノーンの街で自然海塩を求めて市場を歩いた。

すると、赤い袋にパッケージされた塩があって、アイオダイズと書かれているが、ヨウ素が添加されているほかはペッブリーPhetchaburi 産の海塩のようであった。

1kgぐらいで7バーツか。

近くの家で食事することがあるのだが、その料理人に使ってもらいたくてこの塩を買った。

 

タイでも「塩分摂りすぎ悪説」が流通していて、極端に塩が敬遠されている。家庭料理でも、唐辛子で辛いのだが塩気が足りない料理がよくある。

 

塩悪者説は、味の素や調味料の販売を増やすためのプロパガンダであろう。

精製塩は悪いに違いなかろうが、自然塩なら好きなだけ食べても身体に害になるはずはない。体が欲するままに塩を摂ればよいのである。

不足する方がむしろ身体に有害なのである。

 

ちなみに เพชรบุรี は Phetchaburi と綴るが、発音はペッブリーと聞こえる。ペチャブリーではない。

ペッブリーの塩田はこの辺:

 


 

Makro の自然海塩

Makro の自然海塩

タイでの自然海塩の調達場所として、Makro があるが、店によって置いていたりなかったりする不安定さ。

メーサイのマクロにはあったが、Bandu のMakro にはない。Ranong のMakro にもない。

Big-C やTesco-Lotus では自然海塩を見たことがない。

市場にいくと見つかることが多い。

 

ラノンに来る途中にサムートサコン Samut Sakhonの塩田脇の道路を通過すると、塩の店が道路脇にいくつもあった。

その時にはまだナンの塩井戸の塩も、ベトナムの海塩も携帯していたので買わなかった。

ペッブリーの海塩販売

ペッブリーの海塩販売

成分表示がない

タイの塩の袋には成分表が書いてない。

ナトリウム、マグネシウムが何%なのかわからない。

ベトナムの海塩には成分表がある。

ベトナム独立系スーパーの海塩

ベトナム独立系スーパーにあった海塩

 

 

 

 

 

 

  • 醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合 ...
  • 国立感染症研究所のサイトにインフルエンザの感染者数の過去10年との比較というグラフがあった。 これを見ると、2020年(水色)から2021年(赤色)現在にかけての線は限りなく0に近い数となっている。 ...
  • 令和3年4月9日付、厚生労働省の第 55 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第 1 回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の資料1-3によれ ...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟してい ...
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。 ...
  • 庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。 渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。 もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。裏山にも柿 ...
  • 台風去って、栗がだいぶやらて落とされたのかと思ったら、今頃大粒の栗が落ちてくるようになった。 小粒の栗の木から先に落ちていた。 最近は大粒の栗。 イノシシも夜、昼出てくる。夜にはアナグマも食べに来てい ...
  • しとしと長雨続きでキノコがのこのこ出ている。 林道坂ジョグコース沿いにキノコ刈りしてきた。 宮崎の北川町、基本的に照葉樹林帯。シイ、カシ等の雑木山。 標高60m~300m。 上の方、所々に松もある。 ...

タイ カテゴリ人気記事 Views most

タイ・健康・食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理