コルカタ空港でダブルエントリー・アライバルビザ60日は2060ルピー

これから3時間かかる

バンコクからエアアジアでコルカタ空港に到着したのはヒンド時間午前1時頃。
Visa on Arrival のカウンターには誰もいない。
E-Visa のカウンターに欧州國人達の後ろに並ばせられる。
彼らのはE-Visa.
日本人のは Visa on Arrival ビザ・オン・アライバル。
種類が違う。
E-Visa はネットで事前申請が必要であるが、Visa on Arrival  は必要ない。
なかなか先に進まない。
日本人が最後に4人集まった。
3人が同じグループということにして、一人のVISAカードでまとめて3人分6000バーツ払うことになった。
最初は一人目の日本人に対して、帰國便のチケットがどうのこうの言っていたようだが、お金をまとめて払ってしまえばもはや入國拒否はできないだろう。
現金払いはできないと言われた
他の空港ではできるようだが。
一人で、クレジットカードがないと言えば、おそらく現金払いができるだろう。

申請書には、出國先はネパールで、バスで行くと書いたが、これに対して何にも言及されず、帰國便チケットの保有も確認されなかった。

3時30分頃にやっと3人共通過できた。
その後、6時過ぎまで空港内で過ごし、バスでサドルストリートに向かう。

空港で Visa on Arrival の取り方

1.カウンターで日本のパスポートを見せて、Visa on Arrival の申請書をもらう。
2.記入したら、クレジットカードと一緒に提出する。
3.2000ルピーと手数料150ルピーぐらいが引き落とされたら、あとは簡単。
4.陸路で出國予定の場合は、バス train、などと書いておけばよい。出國航空券は必要ない。もしもどうしても出國航空券が必要になった場合は、どこかでWIFIに接続させてもらって、航空券を買えばよい。
5.所要3時間は覚悟。昼間は早いかも。

ビザオンアライバルは大きな空港でしか取れない。エアアジアが安く飛んでるケララの空港などでは取れないので注意。

再入國できるダブルエントリービザ

このビザは、60日間の有効期限内であれば出國して再入國もできるダブルエントリー・ビザである。
陸路でネパールに出國して2週間後に陸路でヒンドに再入國し、ヒンドの空港から他の國に出國することもできる。

  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • プネPuneに來たからついでに駅の近くの徒歩圏にある National Institute of Naturopathy 印度國立自然療法院に行ってみた。 丁度お昼時で、そこの食堂の自然食タリ60R ...
  • ムンバイから列車でプネに来た。 プネは標高600mぐらいの高地だから少しは涼しい。ムンバイよりは湿気も少ないからずっと快適。 何故か安宿はなく、とりあえず駅のドミトリーで凌いだ。最初に行くべきところ ...
  • 印度のAirtel で使っているネットサービスが期限切れになったら、次のサービスを購入する必要があるが、タイやミャンマー、その他の國でしてきたやうに普通にお金をチャージ、トップアップしてからネットサー ...

タグクラウド

ヒンド カテゴリ人気記事 Views most

ヒンド カテゴリ人気記事 月間

20170923

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 145
20170923