プネのアイアンガー・ヨガ総本山に行ってみた

 

ムンバイから列車でプネに来た。

プネは標高600mぐらいの高地だから少しは涼しい。ムンバイよりは湿気も少ないからずっと快適。

何故か安宿はなく、とりあえず駅のドミトリーで凌いだ。

 

最初に行くべきところはアイアンガーヨガの総本山、Ramamani Iyengar Memorial Yoga Institute (RIMYI) であった。

駅近くのバス停からローカルバスで目的地の近くまで行き、そこから歩いていけばよい。

Ramamani Iyengar Memorial Yoga Institute

 

Vatik Garden 公園の隣にあった。

外から見ると、2階が道場になっているようだ。

 

 

一階のオフィス部分に入ると、男がいてブッキラボウな対応であった。

書籍購入エリアが公開されているだけで、2階の練習場には覗きに行くことはできなかった。

ここにこれるのは5年以上公認のアイアンガーヨガ指導者に附いて修行してきて推薦された者のみ。

 

 

この料金表はヒンド人向けで外人料金は別らしい。強欲システム

年間料金表が貼ってあったがこれはヒンド人向けのローカル料金らしい。

外人向け料金は公開されていないようだ。

強欲料金システムで残念なところであった。

 

それに比べれば、マイソールのパタビジョイスのアシュタンガヨガ総本山では外人差別価格はないようだから、健全といえる。


 

 

アイアンガーヨガとは

アイアンガーヨガは、メディカルヨガ、医療的なヨガである。

一つ一つのアサナ、ポーズを丁寧にやっていく。

一つのアサナが終わるごとにいちいち指導者のもとに全員が駆け寄り、模範指南解説を受けるスタイル。

いちいち中断されるスタイルが嫌な人はアシュタンガヨガ向きと言える。

 

 

 

 

 

 

  • John Scott Ashtanga Yoga The Primary Series の短縮60分版を作った。 オリジナルのフルコースは90分。ヨガする時は、いつもこの動画をタブレットで流しながらや ...
  • 朝、窓から青い鳥が飛んできたのが見えた。 くちばしは赤く長大で、頭は赤茶けている。 しばらくじっとしてくれていたのでデジカメの光学ズームでも撮れた。 飛び立った方向に行ってみたくて外に出てみた。 もう ...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • プネPuneに來たからついでに駅の近くの徒歩圏にある National Institute of Naturopathy 印度國立自然療法院に行ってみた。 丁度お昼時で、そこの食堂の自然食タリ60R ...

タグクラウド

ヨガ カテゴリ人気記事 Views most

ヒンド・ヨガ カテゴリ人気記事 月間

20180802

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 312
20180802