プネの國立自然療法院でも飯量差別 National Institute of Naturopathy


食堂メニュー

 

プネPuneに來たからついでに駅の近くの徒歩圏にある National Institute of Naturopathy 印度國立自然療法院に行ってみた。

丁度お昼時で、そこの食堂の自然食タリ60Rsを注文してみた。

出てきたのがこれ。

タリ60Rs

他のテーブルで食べてる女の子のご飯の量の半分以下という感じだった。

それでおばさんにクレームしたら、会員と外部の非会員は違うのだなどと最初は増量拒否していたが、抗議継続すると、上司らしき男も出てきて少し増量された。

ご飯増量後でもまだ少ない。右半分が空ではないか。

それでも他のヒンド人の皿の盛り方に比べて少ない。

食べ終わった後、食べてる最中のヒンド人に写真を攝らせてもらった。

國立の公務員が客相手を見て飯の量を加減差別するとは驚きである。

外人に対して手抜き料理を出すということはほんとによくあることだ。

スキあらば容赦なく手抜きしようとする人々である。

ここは前払い方式だった。

 

印度で昼食時のタリといえば、ご飯もおかずも食べ放題で、給士が継ぎ足し回っているのが普通であることからしても、ここの國立公務員のセコさは異常であった。

 

代價医療としてのヨガもあり

治療メニュー

図書館は開館中のはずなのにランチタイム!

図書館は1時半には開館中のはずなのに昼食中と言われて追い出される

図書館があって、入ると、机に座って食べてる男が「ランチタイム!」と言って追い出された。

入り口に11時から18時まで開館と書いてあるではないか。

その時は13時30分であった。

 


帰り道のサトウキビジュース。

こういう大回転絞り方はめずらしい。

  • タウンジ北部の市場を出て車を走らせていると、混雑したレストランを発見して寄ってみた。 肉まん、麺類、お好み焼きなどメニューがいろいろある。 男の店員は注文を大声で叫ぶ。 威勢がよい店。お好み焼きに唐辛 ...
  • Kho Lam コラムの市場でカオソイ食べる。 1月に来た時に15歳だった娘はいなかった。学校に行ってるらしい。 支那人経営のカオソイ屋。 夫婦でやっていて、旦那も忙しく動いている。 支那語、タイ語が ...
  • チェントンの市場を歩いた。 フルーツはチェンライの2倍ぐらいの値段が多い。 ロンコン、ランブータン、ドラゴンフルーツ、アボガド、ココナッツなど。 ローカルなフルーツはりんごっぽい小さいのが多い。 ぶよ ...
  • 胸部レントゲン検査をしようかどうかと迷ったあげく、有害であり、必要ないとの結論に至った。今春からの気管支炎の後遺症なのか、時々胸に違和感を感じることがあって、結核などを疑い始めていた。 スラタニからチ ...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗う ...
  • 昼食ついでに路傍の店でショッピング。 グアバ (ฝรั่ง ファラン)、うなぎ ปลาไหล プラーライ、スッポンตะพาบน้ำ などあり。 この鰻は日本で食するウナギとは異なり、タウナギというもの ...
  • 今朝の火曜朝市で入口付近で車の荷台で売っていたロンコンは、ひとつ味見したら種が大きかった。 家に帰って、食べていると、宿の管理人も食べ始めてこれはロンガンではなくてランサー ลังสาดだという。そう ...
  • 久しぶりに外で酒飲み。 メニューでは、เหล้าปั่นถัง ラオパンタン=ウィスキーと翻訳されるが、ワインに近い。 グラスの中はシャーベット状になっている。 これだけ飲んだら酔っ払う。 ...

タグクラウド

食物 カテゴリ人気記事 Views most

ヒンド・ヨガ・健康・食物 カテゴリ人気記事 月間

20180802

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 90
20180802