タイ・ヌードルの麺の量はなぜいつもこんなに少ないのか、という永遠の謎に迫る

昨夜、ノンカイ Nong Khai のラオス國境橋近くの大きな交差点付近で夜10時頃遅くまでやっていた食堂でクイティオ(麺)を注文した。

モヤシは見えるが麺は見えない。底の方にポツリと隠れているタイヌードル。50฿

 

どんなクイティオか、という指定はしていない。

出てきたのは牛肉っぽい肉が入っていて、具の量は十分でまずくはないといえる。

ところが麺の量が底の方に小さくひとかたまりあるだけで少なく感じる。

すぐにスカスカになってきたので、白ご飯カオ・スエイを注文したがこれも見るからに少なくまばらな皿の盛り方ででてきた。

悲しくなる。

これでももの足りないくらいだった。

 

なぜタイのヌードル、クイティオの麺の量は少ないのかという問題は永遠の謎である。

これは外國に出てタイに戻ってくるとあらためて強烈に感じざるを得ない問題である。

ミャンマーのシャン州(タイヤイ州)では、北に行くほどカオソイのお椀が小さくなったが、麺はお椀いっぱいに満たされていた。

昨夜のクイティオ、タイヌードルはお椀の大きさに比べて麺の量が少なすぎるというアンバランス、不均衡に違和感を禁じ得ないのである。

タイに居る限り、外食する度にこの不満は繰り返される。改善の余地がない。

外食したくない、自炊したい理由になる。

 

タイ人にはお客さんに満足してもらうという意識が低いのだろうか。

食堂の使命はお客さんの胃袋を満たして帰ってもらうことである、という意識がないのだろう。

ミャンマー、ベトナムではご飯定食を食べるとご飯はおかわり自由でおかずも継ぎ足してくれることも多い。

値段は別にしても、少なくともお腹はいっぱいになる。

食堂とはこれ以上食べきれないくらいお腹いっぱいにしてあげるところである、という感じである。

せっかく来てくれたのだから満足して帰ってもらおう、というおもてなしである。

ベトナムのフォー、ヌードルはお椀いっぱいに満たされている。

 

タイ人の麺の量、ご飯の量のせこさはどこからくるのだろうか?

東西南北、地域によって違いはほとんどなく、例外なく少ない。

ただまれに店主の奇特な性質で十分な量の食堂もあるからそんな時はびっくりする。

地域による違いと言うよりは、店の特色的な量の違いである。

 

タイには米はいくらでもある。

麺は米からできている。

一食分の麺を倍に増やしたとしてもそんなにコストアップはないだろうに。

 

検索してみると、日本人で同じ疑問を抱えている人は少なくない。

大盛りにしても麺の量が増えるとは限らない

タイのヌードル屋で、大盛りはピセットという。

タイ語でピセットとは特別という意味がある。

大盛りだから大=ヤイと注文すると、幅の広い麺=センヤイのことと解釈されて、大盛りとは理解されない。

ピセットはプラス10฿だが、麺の量が多くなるとは限らない。

日本でうどんの大盛りというと麺が倍になるのが普通かもしれないが、タイでは麺の量が多くなるとうよりも具の量が増えることに重点が置かれている。

豚肉の量が増えたり、練玉ボールの数が増えたり。

麺の量を倍にしてくれと注文できればよいのだが、めんどくさい。

2倍=ソン・クラン と言ったら通じるだろうか。

 

 

昨夜のノンカイのクイティオ屋はここ:

 

 

 

 

 

 

  • 2681年4月22日

    納豆と豆腐

    3キロ圏内にあるAコープで、2週間ぶりの買い出しで買ったのがこれだけ。これで2週間分ぐらい凌げそう。 消費期限当日の品は半額になっている。午前中に行くと、いつもいくつか半額のものがある。大きなスーパーは15kmぐらい離れていて行く気がしない。野菜は、畑に高菜、大根などができている。 クローバー、カタバミなどの野草も混ぜて味噌汁の具になっている。タイでは熱帯フルーツ三昧だったが日本ではフルーツは高すぎて買う気しない。 米は熊本産の無農薬玄米にしている。わたなべさんのは合鴨農法らしい。 【厳選米ドットコム】わたなべさんちのコシヒカリ(熊本県産)gensenmai.com
  • 2681年4月14日

    天然醸造の味噌・醤油

    醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合食品株式会社栽培期間中に農薬と化学肥料を使わずに栽培された九州産丸大豆と九州産小麦、ミネラル豊富な天日塩を使用しております。添加物、遺伝子組換大豆を一切使用していない九州産にこだわった濃口丸大豆しょうゆです。【丸大豆しょうゆとは?】大豆そのままのものを「丸大豆」、しょうゆの原料用として大豆から油をとりのぞいたものを「脱脂加工大豆」と呼びます。昔は、しょうゆの主原料の大豆には丸大豆が使用されましたが、丸大豆には油脂が含まれており、しょうゆの諸味をしぼった生揚しょうゆ...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟しているのはなかった。 しばらく柔らかくなるまで放置しておけば最後は甘くなる。
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。
  • 2680年10月31日

    不老長寿のムベの実狩り

    庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。 渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。 もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。裏山にも柿の木があって、3日前に登ってみたら尾根に2本の柿の木に実がたくさん着いていた。 手の届かない高いところに成っているので、今朝は全長3mの高枝鋏を携帯していったがそれでもとどかない。 獣道を横旋回歩いていくと、日当たりの良いところに柿の木が6本ぐらい連なっているところがあった。それも背が高くてひょろ長くてとても届かない。 戻って全長5.4mの高枝鋏をアマゾンで注文したが届くのは支那から2週間はかかりそう。これ以上長い高枝切鋏は見つからなかった。2㎏あって重いという評価があるがしかた...
  • 2680年9月20日

    栗がボタボタ落ちてくる

    台風去って、栗がだいぶやらて落とされたのかと思ったら、今頃大粒の栗が落ちてくるようになった。 小粒の栗の木から先に落ちていた。 最近は大粒の栗。 イノシシも夜、昼出てくる。夜にはアナグマも食べに来ているのだろうが、まだ出会えない。 イノシシは栗を生で食べてる。栗は茹でるよりも、焼く、煎るのが一番うまい食べ方なのだろう。栗は弱火でこんがり焼いて食べる栗は焚き火の弱火、炭火でこんがり長く焼いて食べるのがいい。皮がむきやすくなる。とってきた栗は、まず天日で干すといい。それだけでも皮をむいて食べるといい感じになる。皮を剥ぐとこんな感じになるのがいい。ラーメンく~たのとんこつラーメン。 大盛り + 替え玉無料信旅h...
  • しとしと長雨続きでキノコがのこのこ出ている。 林道坂ジョグコース沿いにキノコ刈りしてきた。 宮崎の北川町、基本的に照葉樹林帯。シイ、カシ等の雑木山。 標高60m~300m。 上の方、所々に松もある。 急斜面以外は杉の植林が タマゴタケがひときわ綺麗あざやか。 松の木の下に多いスポンジ系ヌメリイグチ。 味噌汁にするとヌメリがいい。シロオニタケはいかにも毒々しく食べる気しないが、食べて死んだとか、苦しんだとかいう人の記録はないらしい。誰も食べる気しないのだろう。帰ってすぐにネットと、「宮崎のきのこ」という本でキノコの鑑定を始めた。 ...
  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプできるかもね、という感じであった。トイレの水は出なかった。 小さな集落で歩き始めると、犬が何匹も吠えながら寄ってくる。そんな難所が5回くらいあった。 メーチャンの温泉街近くのアカ族の村でも犬によく吠えられた。 これはアカ族村で共通のようだ。 人々のあまり友好的でない雰囲気に合致する。十字架を頂いた小さな切支丹教会堂もあった。 プレシピタリアン派と書いてある。朝鮮人が2015年に立てたとステッカーが貼ってある。 朝鮮資本で建てられている点も赤族村に共通らしい。 セメント舗装の坂道で、歩ける距離は総計...

タイ カテゴリ人気記事 Views most

タイ・食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理