Tatopani の温泉は透明素直でシャワーもある

19:30頃のタトパニ温泉

Beni から北に23km、バスで2時間のところに Tatopani 温泉の集落がある。

Tatopani は普通名詞で「温泉」or 「熱い水」

集落名もTatopani。

Singa からBeni に着いたのが午後4時過ぎで次のTatopani方面のバスは17時発だった。

バスは凸凹の未舗装道を進むこと2時間でTatopani に着いた。

真っ暗で途中に検問、チェックポイントに止められることはなかった。

ここまでバスで来るのに、許可証等は必要ない。

このタトパニの集落の入口付近にトレッカーのチェックポイントがあるが、日没後は誰もいない。

 

トレッカーチェックポイントの場所:

 

このチェックポイントは、もし下流から歩いてくるならば、チェックポイントが見えてからでも左上方の道に迂回できる。詳細道はMaps.me 地図アプリで。 

 

バスを降りたところから上に上がってすぐのところにあったThe Old Kamala というホテルが300Rsで即決。

温泉を見に行ったが入らず。

賑わっていた。

 

翌朝6時30分に一番浴。

朝浴後の8時。右の黒いホースは移動式で源泉熱湯が注がれる。ぬるければ

ここのお湯は熱いという人がいたり、ぬるいという人がいたりするようだ。

真実は、源泉は十分に熱くて湯量も豊富。

浴槽プールに黒太いホースで大量に注ぐと熱くなり、放置している時間が長引くとぬるくなる。

だからぬるすぎる場合には苦情すれば熱くするために湯を注いでくれるだろう。

 

朝一番に入った時にはぬるかったのでわずかに常時注がれてる注湯口のそばにいた。

しばらくして管理人らしき男が来ると、黒く太いホースを持ち込んで熱い湯を注ぎ込み始めた。

それでどんどん熱くなる。

やがて止める。

朝7時頃に来れば十分に熱い湯が待っているだろう。

 

ここには常時湯のシャワーが出ていて、シャワー洗体しやすい。

Singa 温泉にもこんなシャワーぐらい作れないのが不思議。

シンハ温泉の積もり積もった湯垢がどんどん落ちる。

 

湯の質は素直で透明。日本でいわゆる単純泉。

温度は42℃以下自然冷却。

Singa 温泉で肌が荒れたらここに来れば良い。

 

入場料は外人のみ150Rs 取っているようだ。

チケットと引き換えに払うようにすればよい。

気まぐれである。

朝6時から夜9時まで。

 

Tatopaniは、川の両側の山が急峻で日当たりが悪い。

Nirgili 山が見える。

 

ここをベースキャンプとして、Ghorepani-Poon Hill トレッキングに行ける。Narchang 方面にもトレッキング道が伸びているようだ。

 

4km下流にはRatopaniの温泉がある。

ここは賽銭箱方式で無料。

 

 

 

 

  • 朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみ ...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • 猿山小ポッパ山詣でをすませた翌朝、標高1500mの大ポッパ山に登る。 登山道の入口でキャンプ。 起きて、食べてすぐに出発。 ミャンマー若者グループが先に入山していった。 少し遅れて歩き始める。 登り3 ...
  • プークラドゥン國立公園 Phu Kradueng National Park อุทยานแห่งชาติภูกระดึง を歩いてきた。 昨年6月にも来ているが、その時は雨季で閉鎖中であった。 登山 ...
  • カンカオ洞窟 Khang Khao Cave を再訪した。 2月の1日。正月、新月の5日前。 日の入り、太陽が完全に隠れるとともにコウモリが飛び出してきた。 と思ったら前回のように太陽の沈んだ方とは反 ...
  • 2678年12月24日

    アカ村の切支丹と朝食

    昨日の月没時の満月は綺麗だった。 月の表面がくっきり見えた。温泉浴後、まだ行ってなかった今度は反対側の山斜面を歩いてみることにした。 温泉から5分ぐらい歩いて、右側に入る道がある。 2kmぐらい奥に入 ...
  • かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺めている目の前の山の頂きをやっと極めることができた。 往復5時間半かかった。 今までに、誰に聞いても登ったことはないし、登山道は知らないという返事ばかりだった。 ...

タグクラウド

温泉ネパール カテゴリ人気記事 Views most

ハイキング・温泉ネパール カテゴリ人気記事 月間

20180107

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 30
20180107