ラトパニ温泉は白濁二槽式、近くにもう一つの温泉あり

Tatopani 温泉の下流4kmに Ratopani ラトパニの温泉がある。

ラト=赤

パニ=水

赤い水」という名前だが、特に赤いという気はしなかった。

ラトパニ温泉

入口付近には店が3つぐらい並んでいる。

ここの人が外人を見ると温泉代50Rsをせびるかも知れないが、非公式なので払う必要なし。

温泉内に賽銭箱がある。

 

2つの浴槽が重なっていて、上が熱くて入れないほど。

その熱い湯が下の浴槽に流れてきてぬるくなる。

湯は白濁している。

Tatopani の湯とは対照的。

Singaの湯に似ている。

底は砂っぽい。

10分もすれば熱くなって汗が出てくるだろう。

おばさんは上半身裸だった。

 

湯船の中で身体ごしごしやってた。

湯を交換、掃除してるのか怪しい。

週に一回湯を交換掃除してるとのこと。

夜は照明がないのが残念。

 

トイレがあって、冷水が出る。

100m 離れた河原で湯が出ているところがあって、地元民はそこで洗体したり洗濯したりしている。

 

上に見える吊橋を渡ってみると、食事ができるところがあって、泊まりも100Rsでできる。

まだ一室しかないが、増築していたので、3ヶ月後には立派なゲストハウスになってるかもしれない。

 

ここの人たちは皆フレンドリーでいい。

翌日ここに泊まり、Ghorepani に手ぶらで2泊3日トレッキングに行ってる間も荷物を置いていた。

帰ってからもう一泊し、翌朝Beniへ。

2泊と夜食のダルバート2回、ロキシー酒6杯、その他つまみも付いて700Rs で済んだ。

Wi-Fiはまだない。

停電が多い。

 

ここには外人は見かけない。

公式のホテルはない。

Tatopaniから歩いて1時間ぐらい。

 

寒い時期でなければ、もっと長居したかった。

Tatopani よりもずっと安上がりで快適。

 

ラトパニ温泉で食事ができて泊まれる処はここ: 

 

Ratopani 下流にも露天温泉あり

 

この辺に他に温泉はないか、とここの人に尋ねると、この下流1.3Km のところにも温泉浴槽があるという。

Tatopani の上流1.5kmを右に橋を渡ったところNarchanにもひとつあるという。

 

Beni に車で一緒に行く途中で下流1.3kmの露天温泉は目視できた。

車道の対岸で、近くの橋はさらに1.2km下ったところにあり、そこから山道を歩いて行かねばならぬ。

 

Ratopani 下流1.3kmにある温泉

 

場所はこの辺:  航空写真はずれてるかも

 

 

 

 

 

 

 

  • 足首にアカギレか、シモヤケか、ひび割れてきていたのはシンハ温泉に居るときから。 バケツ足湯で急激に熱すぎるくらいの湯で温めたのがいけなかったのかも。 もう少し低い温度にしてから冷たい足を浸けるべきだったか。 標高 3200mの Poon Hill も凍るように寒かった。 手袋なしに写真を撮ってたから手先が凍りそうに感じた。Singa 温泉では10日もしないうちから背中の下の方にブツブツができてかゆみを感じ始めた。 20日過ぎると、肩の周り、胸の肌など、寝る時にもヒリヒリしていた。 なるべく入浴回数を減らして暖まるだけの短時間にしたが、40日後には背中周りのカサカサ乾燥つっぱり不快感がひどくなっていた。 最後の8日間は温泉無入浴で水シャワーのみで、シンハ温泉を去り...
  • タトパニのホテル、The Old Kamala は敷地が広い。 中庭が広い。 お湯は出なかった。 Wi-Fiは夜間切っていて目が覚めて使いたい時に使えなかった。 一泊300Rs。 1日目は Ratopani温泉探しへ下流方面へ。 2日目は上流方面へ歩いてみた。1.5kmぐらいで橋があり、渡って土埃道路から遠ざかる。 Narcheng Lekh を目指したが、土木工事がひどくて道を間違えたのか、崖で行き止まりになった。この辺で引き返す:Narcheng はLower とMiddle とUpper 村があるらしい。 Lower Narcheng を通って引き返す。 The Old Kamala に戻ってお湯シャワーしようと思ったら、いつまでもお湯が...
  • Beni から北に23km、バスで2時間のところに Tatopani 温泉の集落がある。 Tatopani は普通名詞で「温泉」or 「熱い水」 集落名もTatopani。 Singa からBeni に着いたのが午後4時過ぎで次のTatopani方面のバスは17時発だった。 バスは凸凹の未舗装道を進むこと2時間でTatopani に着いた。 真っ暗で途中に検問、チェックポイントに止められることはなかった。 ここまでバスで来るのに、許可証等は必要ない。 このタトパニの集落の入口付近にトレッカーのチェックポイントがあるが、日没後は誰もいない。トレッカーチェックポイントの場所:このチェックポイントは、もし下流から歩いてくるならば、チェックポイントが見えてからでも左上...
  • Singa Tatopani 温泉がリニューアルしていた。 ペンキ塗り直したり、鉄柵を増設したり。 シャワーを作ることは想像できないらしい。ここは一種の治療院のように機能している。 介護無しでは歩けないような人もいる。 事故にでもあったのか。朝7時頃行くと大勢で賑わっている。 しゃべっていると、監視人がうるさいといわんばかりに、ガンガン鳴らし始める。 ネパール語だから解せないが、うるさがっていることは明らか。 しゃべってはいけないらしい。 プールのように監視人が2-3人ずっとつっ立っている。肩、背中の肌がヒリヒリしてもはやこの温泉には入れそうにない。 Singa Tatopani 温泉で湯治 朝一番客入湯料は1日50...
  • シンハ・タトパニ温泉に来て、10日x2=20日分のチケットを使い切った。 10日チケットは、11日目の朝に来ると、期限切れを指摘されるが、更新すると言えば、そのチケットは回収されて、とりあえず中に入れてくれて入浴できる。 だから、10日チケットで11日分入浴できると言っていい。 チケットは早朝のみ、厳格に点検されるが、昼間から閉館までの間はだれもいなくてチケットなどは提示することなく入浴することもできる。 入り口は2つあって、下の方の出入り口では、チケット検査していないので、昼以降はそちらから出入りした方が楽。 下の出入り口は朝6時30過ぎにならないと開かない。 Singa Tatopani 温泉で湯治 朝一番客入湯料は1日50ルピーか10日200ルピー 10日200ルピー券ネパールの湯治場...
  • 2677年11月15日

    Singa Tatopani 温泉で湯治

    目次1 入湯料は1日50ルピーか10日200ルピー2 朝6時から午後4時30分まで3 湯温は朝6時42℃、昼11時41℃4 土壺式、かけ湯も座り足湯も横たわりも不能型プール5 飲泉方法6 痰の出し方7 身体洗いは川原かトイレで8 かけ湯・かぶり湯する方法9 ひんずー教ネパール人の怠惰10 シンハ・タトパニ 温泉は一回三浴・一日三浴法がいい11 湯治期間は21日?12 タスキ紐はカーストの印13 宿は10泊1500ルピーが標準14 食糧相場、外食は宿代より高い15 停電が頻繁に起こる16 Wifi は遅いがないよりはまし17 マッサージ屋はない18 朝の挨拶は Good Morning19 環境は最高にいい20 湯治効果は?21 シンハ・タトパニ温泉へ行き方 入湯料は1日50ルピーか10日20...

温泉ネパール カテゴリ人気記事 Views most

温泉ネパール カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理