温泉肌荒れにひまわりオイルを塗ってみたら

 

足首にアカギレか、シモヤケか、ひび割れてきていたのはシンハ温泉に居るときから。

バケツ足湯で急激に熱すぎるくらいの湯で温めたのがいけなかったのかも。

もう少し低い温度にしてから冷たい足を浸けるべきだったか。

標高 3200mの Poon Hill も凍るように寒かった。

手袋なしに写真を撮ってたから手先が凍りそうに感じた。

 

ひまわりオイル、袋入り油を瓶に詰め替え

Singa 温泉では10日もしないうちから背中の下の方にブツブツができてかゆみを感じ始めた。

20日過ぎると、肩の周り、胸の肌など、寝る時にもヒリヒリしていた。

なるべく入浴回数を減らして暖まるだけの短時間にしたが、40日後には背中周りのカサカサ乾燥つっぱり不快感がひどくなっていた。

最後の8日間は温泉無入浴で水シャワーのみで、シンハ温泉を去り、Tatopani 温泉の村に来た。

いままで肌にクリームやオイルを塗るなどということはしたことがなかったが、さすがに寒くて乾燥が酷く肌がカサカサするからオイルっぽいものを塗ってみたくなった。

店に食用のサンフラワーオイル、ひまわり油が80Rsであったから買って背中と胸に広範囲で塗ってみた。

臭いはひどくなく、ベタつきもあまりなくてよかった。

それでもその夜はまだ寝てる時に肌のひび割れるかのごとく苦痛が時々発生していた。

が、かなりの改善感もあった。

その後も何度か入浴後に塗ってみた。

今ではほとんど肌の苦痛はなくなった。

 

ひまわりオイルは肌荒れに良いようだ。

食用であれば有害度は少ないに違いない。

 

店にはワセリン系のクリームもたくさん売っていたから需要が高いのだろう。

寒くて乾燥した季節のネパールでは。

肌が突っ張るような時にはオイルを塗るべし。

 

Singa 温泉は薬効成分が強い。

肌に刺激的である。

温泉に入ると、湯ただれ、湯あたり、湯かぶれすることがある。

 

  • 胸部レントゲン検査をしようかどうかと迷ったあげく、有害であり、必要ないとの結論に至った。今春からの気管支炎の後遺症なのか、時々胸に違和感を感じることがあって、結核などを疑い始めていた。 スラタニからチ ...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗う ...
  • 前回入湯できなかった、シンコン温泉、Singkhon Cave 温泉を再訪した。 昼間の10時半頃着くと、温泉脇の屋根下で集会していて拡声器が鳴り響いていた。 温泉の周りには誰もいなかった。 環境は良 ...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふ ...
  • 今朝のジョギング中、いつもの広大な工事現場から湯気が立ち上っているのを見つけた。ここの現場監督が同じ宿にいて、聞いてみると、1週間前には見つかっていたという。 風邪引いて、丁度この1週間は外に出ていな ...
  • スラタニでまた温泉を発見した。 クロンナムサイ Klong Nam Sai คลองน้ำใส 湧水の近くに温泉があった。 クロンナムサイは、運河・水・清=清水川というような意味。 雨の日でも清らかな ...
  • ロマニー温泉 を去り、プライポ温泉 Plai-Poo ธารน้ำพุร้อนปลายพู่ に向かう。約20km。 空は曇ってきた。雨に向かう様子。 風が強まり、着いてからすぐに雨が降り出したので車 ...
  • ラノンからクラビに走る途中、パンガ県の内陸部にロマニー温泉 Rommanee Hot Springs บ่อน้ำพุร้อนรมณีย์ がある。 ここは丁度暑い昼下がりに着いて、熱い湯には手で触 ...

温泉 カテゴリ人気記事 Views most

健康・旅術・温泉・温泉ネパール カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理