ヒンドのSIM は90日間使わないと無効になる、Airtel に変更

ネパールで90日間過ごし、ヒンドに戻ってきた。

昨年9月にコルカタで入手したSIMを再装着してみると、電波は掴んでいるが、vodafoneのネットワークに登録されない。

クシナガールの小さな店に聞いてみると、90日間使わないでいると無効になるという。

復活もできないらしい。

丁度祝日でゴラクプールのVodafone 公式ショップは閉まっていたから行かずじまい。

クシナガール2日目、去り際に、Airtel SIM を購入することに成功した。

 

SIM代 60Rs

84日間毎日1GB使えるプランの料金が490Rs

合計550Rs 支払った。

 

パスポートも何も提出を要求されなかった。

新古品SIMかもしれない。

番号を選んで違うSIMにしようとすると、インディアンIDが必要だとか言っていた。

急ぎだったし、連休中だったので、公式ショップでの購入は諦めた。

アクティベーション作業も特に必要なく、その場で開通した。

その番の列車の予約もできるようになった。

 

 

このサイトを見せられて、表示金額を払った。

初回チャージと2回目チャージでは金額が異なるようである。

今このサイトを見ると、購入当時のサービス内容・金額と異なるようだ。

急ぎのオンラインチャージでの割増料金という意味合いがあったような気がする。

面倒な契約書づくりにわずらわされることなく10分ぐらいで購入できた。

 

 

Offer をクリックすると、キャシュバックを受けられるリチャージサイトが出てくる。

Amazon.in が使えそう。

Amazon.in はAmazon.com と連携しているようだ。

Amazon.com の登録内容でログインできる。

 

Vodafone の時は、毎日SMSが届き、広告電話も頻繁にかかってきてブロックアプリまで入れていたが、Airtel はSMSも毎日来るわけではなく、広告電話も今のところかかってこない。

購入地と別の州に移動しても、スムーズに繋がっている。追加料金もかからない。

快調である。

 

 

 

佛陀入滅の地、クシナガールで Vodafone は滅び、Airtel に生まれ変わるのも悪くない。

 

 

 

  • 今朝、いつものようにPCにUSBデザリングで、スマホのAISのSIMから4Mbpsのネットワークに接続したつもりが、ネットに繋がらない。 もしやと思い、AISからのSMSメッセージを見てみると、3日前 ...
  • 今年の1月末からAISの4 Mbps 1年使い放題で2500฿のプランを使っている。 月あたり209฿の計算。 今の家はWiFi がなく、このAIS自前回線でしのいでいる。 スマホS8からWiFiデザ ...
  •   バスターミナル前のアグリバンクでUSDをドンに両替できた。 タイバーツのレートは提示されていなかったのでできなさそう。その近くにMobifone 公式の大きな店があって、1年半前のSIMをチェック ...
  • 1年半ぶりにラオスのSIMが必要になった。 最初の小さな町の銀行で両替し、ユニテルUNITEL ショップが近かったので立ち寄って昔のSIMカードがまだ有効か調べてもらったらもう期限切れで死んでいた。 ...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...

タグクラウド

sim カテゴリ人気記事 Views most

sim・ヒンド カテゴリ人気記事 月間

20180207

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 3
20180207