味噌汁は食べる、味噌汁は飲めない

いよいよタイで味噌作りしようかと、あらためて味噌、麹について調べていて、違和感が甚だしいのは、味噌汁を「飲む」と表現している人、サイトがたくさんあるということであった。

 

こんにゃく豆腐味噌汁、パイにて自炊

 

味噌汁の中には、豆腐あり、ワカメあり、野菜あり、キノコもありで、そんなのをすべて飲み込むことができるだろうか?

味噌汁は汁と言っても単なる液体ではない。仮に豆腐などの具が全く入っていない味噌の汁であったとしても、味噌の固形分がいくらか混じっているはずである。

それを飲むとは言い難い。吸うという方がまだなじむ。

味噌汁を飲むというのであれば、豚汁、けんちん汁、きのこ汁も飲むというのであろうか?

団子汁も飲み込むのか?

 

 

味噌汁のようなスープ状のものはすべて「飲む」ということになる。

味噌スープ、野菜スープ、トマトスープ、きのこスープ、コンソメスープ、、、これら全部を「飲む」と言う。

ビーフシチュー、カレーも液状度が高いから飲むことになる。

日本の鍋物料理はすべて飲むことになろう。

タイのトムヤン、トムヤンクン、トムヤンガイは汁状、スープ状だから飲むというのだろうか?

 

ココナッツ・トムヤン・ガイ、 Paiのサイガム温泉にて

 

「飲む」と言うからには、歯で噛む動作、咀嚼活動は一切しないことを意味する。

味噌汁を咀嚼することなしに全部飲み込むことはできないであろう。

 

味噌汁はお椀で供されるもの。

飲む物は普通、コップ、カップで出される。

お椀物を飲むとは言い難い。

 

もう味噌汁を「飲む」というのは止めにしたい。

 

 

魚醤買ってみた

味噌作りに関する情報

 

 

 

 

タイの水は硬水?

このサイトにはタイの水は硬水だから軟水器で軟水にするという。

 

 

このチェンライに10年住んでいる人によれば、チェンライの水は軟水という。

 

 

Bandu の温泉も、Mae Chan の温泉もツルツル系の肌に優しいアルカリっぽい湯質からすると軟水なのだろう。

 

 

 

タイのカオマックは麹ではなくイースト?

 

 

 

麹と酵母・イーストの違い

 

 

Tesco のカオマックはプリンの隣りにあった

 

 

 

  • 2681年4月22日

    納豆と豆腐

    3キロ圏内にあるAコープで、2週間ぶりの買い出しで買ったのがこれだけ。これで2週間分ぐらい凌げそう。 消費期限当日の品は半額になっている。午前中に行くと、いつもいくつか半額のものがある。大きなスーパーは15kmぐらい離れていて行く気がしない。野菜は、畑に高菜、大根などができている。 クローバー、カタバミなどの野草も混ぜて味噌汁の具になっている。タイでは熱帯フルーツ三昧だったが日本ではフルーツは高すぎて買う気しない。 米は熊本産の無農薬玄米にしている。わたなべさんのは合鴨農法らしい。 【厳選米ドットコム】わたなべさんちのコシヒカリ(熊本県産)gensenmai.com
  • 2681年4月14日

    天然醸造の味噌・醤油

    醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合食品株式会社栽培期間中に農薬と化学肥料を使わずに栽培された九州産丸大豆と九州産小麦、ミネラル豊富な天日塩を使用しております。添加物、遺伝子組換大豆を一切使用していない九州産にこだわった濃口丸大豆しょうゆです。【丸大豆しょうゆとは?】大豆そのままのものを「丸大豆」、しょうゆの原料用として大豆から油をとりのぞいたものを「脱脂加工大豆」と呼びます。昔は、しょうゆの主原料の大豆には丸大豆が使用されましたが、丸大豆には油脂が含まれており、しょうゆの諸味をしぼった生揚しょうゆ...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟しているのはなかった。 しばらく柔らかくなるまで放置しておけば最後は甘くなる。
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。
  • 2680年10月31日

    不老長寿のムベの実狩り

    庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。 渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。 もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。裏山にも柿の木があって、3日前に登ってみたら尾根に2本の柿の木に実がたくさん着いていた。 手の届かない高いところに成っているので、今朝は全長3mの高枝鋏を携帯していったがそれでもとどかない。 獣道を横旋回歩いていくと、日当たりの良いところに柿の木が6本ぐらい連なっているところがあった。それも背が高くてひょろ長くてとても届かない。 戻って全長5.4mの高枝鋏をアマゾンで注文したが届くのは支那から2週間はかかりそう。これ以上長い高枝切鋏は見つからなかった。2㎏あって重いという評価があるがしかた...
  • 2680年9月20日

    栗がボタボタ落ちてくる

    台風去って、栗がだいぶやらて落とされたのかと思ったら、今頃大粒の栗が落ちてくるようになった。 小粒の栗の木から先に落ちていた。 最近は大粒の栗。 イノシシも夜、昼出てくる。夜にはアナグマも食べに来ているのだろうが、まだ出会えない。 イノシシは栗を生で食べてる。栗は茹でるよりも、焼く、煎るのが一番うまい食べ方なのだろう。栗は弱火でこんがり焼いて食べる栗は焚き火の弱火、炭火でこんがり長く焼いて食べるのがいい。皮がむきやすくなる。とってきた栗は、まず天日で干すといい。それだけでも皮をむいて食べるといい感じになる。皮を剥ぐとこんな感じになるのがいい。ラーメンく~たのとんこつラーメン。 大盛り + 替え玉無料信旅h...
  • しとしと長雨続きでキノコがのこのこ出ている。 林道坂ジョグコース沿いにキノコ刈りしてきた。 宮崎の北川町、基本的に照葉樹林帯。シイ、カシ等の雑木山。 標高60m~300m。 上の方、所々に松もある。 急斜面以外は杉の植林が タマゴタケがひときわ綺麗あざやか。 松の木の下に多いスポンジ系ヌメリイグチ。 味噌汁にするとヌメリがいい。シロオニタケはいかにも毒々しく食べる気しないが、食べて死んだとか、苦しんだとかいう人の記録はないらしい。誰も食べる気しないのだろう。帰ってすぐにネットと、「宮崎のきのこ」という本でキノコの鑑定を始めた。 ...
  • 胸部レントゲン検査をしようかどうかと迷ったあげく、有害であり、必要ないとの結論に至った。今春からの気管支炎の後遺症なのか、時々胸に違和感を感じることがあって、結核などを疑い始めていた。 スラタニからチェンライ、メーチャンの山間の街はずれに移転して、山登り、坂ジョギングなど連日、心肺機能活性化運動していたら、胸の違和感はなくなって不安は消滅してしまった。 やはり平地のジョギングでは物足りず、坂道のジョギングしないと心肺機能が向上しない。足腰も強くならない。 思えば最後に胸部レントゲン写真を撮ったのは、自治体の検査に便乗した2002年頃ではないかと記憶する。その時は要再検査で2回撮影して結局異常なしに終わった。 無駄な被爆を2回したことになる。 レントゲン被爆は、単位時間あたりの...

食物 カテゴリ人気記事 Views most

食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理