隣家にアメリカ人男がいて、足に乾癬の症状がある。

最初はアトピーのことかと思ったが、よくよく調べてみると乾癬のことのようだ。

難病で完治は難しいという。

 

日本人より欧米系人に多いというから、肉食に関係するのではないかと想像できる。

まず、過去に一度もベジタリアンでなかった場合には、ベジタリアンを試みてみるべきだろう。

1年ぐらい試してみて、改善があるかどうか経過観察する。

 

乾癬 psoriasis โรคสะเก็ดเงิน には苦瓜 มะระขี้นก (マラ・キノック)がよいという説がある。

 

この日本人はタイに10年以上住んでいて、いろいろと受難している。

参考になる記事が多い。

 

タイには小型種の苦瓜がある。

小型種の苦瓜

小型種の苦瓜

追記: 後に彼に尋ねると、過去にはベジタリアンであった時期があったらしい。苦瓜については知らないようだった。

 

  • 雨降りの朝にカンタロウミミズ(太青ミミズ)が出てきてつかまえたので、いつものように96歳の元気な蜂名人に連絡したら、いつもはすぐに取りに来るのに、今回は5日たってもまだこない。こんなことはこれまでになかった。 3日目に心配になって電話したら、ワクチンは2回とも打ったという。そして明日来るという。 今日5日目、まだ来ないのでまた電話して体調を尋ねたら、腰が痛いだけだという。 車に乗って動けないくらい痛いのだろう。 こんなことは今までになかった。 これもコロナワクチン2回も打った影響ではないだろうか。腰痛はワクチンの副反応、というよりも主反応のひとつらしい。ワクチン 腰痛&src=ty...
  • 2681年4月22日

    納豆と豆腐

    3キロ圏内にあるAコープで、2週間ぶりの買い出しで買ったのがこれだけ。これで2週間分ぐらい凌げそう。 消費期限当日の品は半額になっている。午前中に行くと、いつもいくつか半額のものがある。大きなスーパーは15kmぐらい離れていて行く気がしない。野菜は、畑に高菜、大根などができている。 クローバー、カタバミなどの野草も混ぜて味噌汁の具になっている。タイでは熱帯フルーツ三昧だったが日本ではフルーツは高すぎて買う気しない。 米は熊本産の無農薬玄米にしている。わたなべさんのは合鴨農法らしい。 【厳選米ドットコム】わたなべさんちのコシヒカリ(熊本県産)gensenmai.com
  • 2681年4月14日

    天然醸造の味噌・醤油

    醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合食品株式会社栽培期間中に農薬と化学肥料を使わずに栽培された九州産丸大豆と九州産小麦、ミネラル豊富な天日塩を使用しております。添加物、遺伝子組換大豆を一切使用していない九州産にこだわった濃口丸大豆しょうゆです。【丸大豆しょうゆとは?】大豆そのままのものを「丸大豆」、しょうゆの原料用として大豆から油をとりのぞいたものを「脱脂加工大豆」と呼びます。昔は、しょうゆの主原料の大豆には丸大豆が使用されましたが、丸大豆には油脂が含まれており、しょうゆの諸味をしぼった生揚しょうゆ...
  • 国立感染症研究所のサイトにインフルエンザの感染者数の過去10年との比較というグラフがあった。 これを見ると、2020年(水色)から2021年(赤色)現在にかけての線は限りなく0に近い数となっている。 インフルエンザ過去10年間との比較グラフ(4/9更新)www.niid.go.jp ...
  • 令和3年4月9日付、厚生労働省の第 55 回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第 1 回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会の資料1-3によれば、 令和3年2月17 日から令和3年4月7日までに、副反応疑い報告において、医療機関又は製造販売業者から死亡として報告された事例が6件あった。 目次1 脳内出血が多い2 死亡事例3 ワクチン接種後に死亡しても因果関係は否定4 化学物質は毒5 毒チン注射を拒否する方法 脳内出血が多い 6件の死亡例のうち、女性が4人。4人の女性全員の死因が脳内出血(くも膜下出血も含む)。第55回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第1回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟しているのはなかった。 しばらく柔らかくなるまで放置しておけば最後は甘くなる。
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。
  • 2680年10月31日

    不老長寿のムベの実狩り

    庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。 渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。 もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。裏山にも柿の木があって、3日前に登ってみたら尾根に2本の柿の木に実がたくさん着いていた。 手の届かない高いところに成っているので、今朝は全長3mの高枝鋏を携帯していったがそれでもとどかない。 獣道を横旋回歩いていくと、日当たりの良いところに柿の木が6本ぐらい連なっているところがあった。それも背が高くてひょろ長くてとても届かない。 戻って全長5.4mの高枝鋏をアマゾンで注文したが届くのは支那から2週間はかかりそう。これ以上長い高枝切鋏は見つからなかった。2㎏あって重いという評価があるがしかた...

健康 カテゴリ人気記事 Views most

タイ・健康・食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理