エゴノキの花が咲き始めた。蕾がふくらんでる。4月22日。

エゴノキの花

エゴノキの花

蜂も来ていた。

 

わが家の要木、シンボルツリー。

夏には大きな木陰を作ってくれる。冬には葉が落ちる。

エゴノキ

エゴノキ

この鏡に野鳥が集まってくる。

最近はシジュウカラとキツツキ(アカゲラ)がよく来る。鏡に写る自分の姿に突いたりしてはしゃぐ。

冬はヤマガラが来る。ヤマガラはエゴノキの実が好物。

 

 

椎ノ木も花ざかりでしらんでいる。

椎ノ木も花ざかりでしらんでいる。

 

 

  • 2681年2月21日

    めじろと梅

    メジロがはしゃいでいた。 梅の花が好きらしい。 めじろと梅がよく似合う。
  • 2679年7月2日

    黄色い花の水上御辞儀草

    ジョギング道は、いつもは舗装された細い道が切れるところで引き返していたのだが、雨がない日が続くと土の道も水溜まりが消えて歩きやすくなるので、奥まで行ってみる。300mぐらい。この黄色おじぎ草のある半径500mぐらいの地域には少なくとも4種類の御辞儀草が生きている。地べた御辞儀草。赤花。 2色葉御辞儀草。赤花。 背高御辞儀草。赤花 黄花水上御辞儀草。黄花。
  • 2679年6月24日

    巨大なオジギソウ

    朝のジョギングコースの道脇には、オジギソウがびっしりと生えている。地べた近くに繁茂しているのが普通だが、人の背丈ほどに大きなお辞儀系もあった。 オジギソウとは触ると葉が閉じる植物。触れると閉じる葉っぱ息を吹きかけたり、触れると閉じる葉っぱ。場所 信旅触れると閉じる葉っぱ.html
  • 2678年12月20日

    パトゥン里山登山:メーチャン

    かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺めている目の前の山の頂きをやっと極めることができた。 往復5時間半かかった。 今までに、誰に聞いても登ったことはないし、登山道は知らないという返事ばかりだった。 自力で探し当てた。 奥の方に馬がいるお寺か、瞑想寺のようなところがある。 そこから登山道が続いていた。登山道入り口はこの奥: ゴムの白い樹液が流れていた。採液のシーズンらしい。 山頂はこの辺:山の名前は知らない。標高433mから、山頂1180mに至る。 迷いやすいかもしれない。 最初はGPSスマホと予備バッテリーを携帯したほうが良い。 スマホだけでジョギング姿の...
  • ブアトンの花(メキシコひまわり)Buatong の季節がやってきた。 2年前にたまたまミャンマーの國境奥の ドイ・フア・メーカム Doi Hua Mae Khamまで行った時に山の斜面に小型の黄色い花が満開であった。Hua Mae Kham Buatong Flower ดอยหัวแม่คำ Brighter than sunshine.It was beautiful flower garden where I met them on 13th November 2016.They are taking pictures with beautiful clothes in yellow flowers and blue sky.Her smile is powerful....
  • アルティンアラシャン Altyn-Arashan 温泉の谷の後は、別の谷道に入ってみた。 チョンアシュ Chon-Ashu Pass 峠 3822m の峠越え。 雪が残る。 Enilchek の橋まで行ったらそれ以上は立入禁止だったような氣がする。  帰りに土人家庭の食。
  • キルギスの イシュクル湖 Issyk Kul の南東側、Karakol から車でもアクセスできる温泉がある。 28km、土道で岩もゴロついている。 アルティンアラシャン Altyn-Arashan という宿キャンプ地に温泉がある。 そこから奥まで歩くハイキングがいい。 乗馬ツアーもできる。 【キルギス】辺境の温泉地アルティンアラシャンに馬でゆったり赴き、源泉かけ流しを満喫する【ゴロリ(落馬の音)もあるよ!!...【キルギス】辺境の温泉地アルティンアラシャンに馬でゆったり赴き、源泉かけ流しを満喫する【ゴロリ(落馬の音)もあるよ!!】前編 こんにちはぬぇーです。スーパー久しぶりの更新ですね。ちょっとでも楽しみにしてた人がいたら申し訳ねえです。すみません。...
  • ビシュケック南方40kmの谷、アラアチャ國立公園 Ala Archa National Park に行った時の写真。 ビシュケクでインドビザの申請して、その合間に行ったのだろう。 あまり奥まで歩いてないかな。ビシュケクは標高750m。2100まで上がる。 この写真はいい。2008年7月2日

カテゴリ人気記事 Views most

カテゴリ人気記事 月間

  • 巨大なオジギソウ巨大なオジギソウ朝のジョギングコースの道脇には、オジギソウがびっしりと生えている。地べた近くに繁茂しているのが普通だが、人の背丈ほどに大きなお辞儀系もあった。オジギソウとは触ると葉が閉じる植物。... 2679.6.24 タイ

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理