テントやバッグのジッパーが壊れたらペンチで簡単に治す

Tirupati の200Rs 宿のベッドキャンプ

テントの入り口のモスキートネットのジッパーは2個あって、一個が途中で閉まらなくなった。

しばらく片側のジッパーのみでも開閉できていたが、今日、いよいよ治す気になって、宿の人にペンチを借りて治すことに成功した。

はじめてジッパーが簡単に治ることを知ったのはどこかの南米だかの道中で、寝袋か何かのジッパーを軽いハンマーか何かでたたいて直してくれた時である。

 

それ以来開きすぎたジッパーは叩いて締め付ければ治るものと思っていた。

今日あらためてネットで、どの部分を閉めればいいのかということを確認できた。

 

この動画がわかりやすい。

 

 

  • 2679年10月14日

    パトゥン登山2回目、宿り花

    朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみる。周遊コース。下り途中でスマホのバッテリーが切れた。 雨が降り出して泥んこ道になった。 車道に出て民家の軒先で雨宿ること1~2時間ぐらい。 出発点に置いた車に戻ったのは午後1時30頃だった。南部スラタニに住んでいると、こんな豪快な登山ハイキングができないのが物足りない。 カオルアン、ナコンシタマラト、キリウォンあたりならできるかも。パトゥン里山登山:メーチャン  家からの眺望。登ってきた山 かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋を渡るところで子供たちが川ではしゃいでいた。 ここで昼飯休憩。 丁度ご飯が炊けていた。 店があってビアラオは凍りつくほど冷えていた。 散策後は、汗を流しに川に入る。洗濯も。 水は冷たい。身体が冷える。 底は浅い。 久しぶりの川浴は気持ちいい。 ラオスで残念なのは、このようにハイキング道がここから始まるという案内板がありながら、実際のトレイル入り口がどこなのかわからないこと。 ガイド付きでないと行けないようにしているのだろう。 このナムエ プ...
  • ベトナム滞在2週間を終え、國境に戻ると車は無事だったが、日陰にしたくて木の下に置いていたために葉っぱなどの木の屑がたくさん溜まっていた。鳥の糞も混じっているだろう。雨も何度か降ったに違いない。 ワイパーでフロントガラスは部分的にはきれいになったので走れないことはない。 ラオス側に入って走っていると車を見て笑う人もいる。 長期間木の下に置いていると、葉っぱや鳥の糞の化学成分で車の塗料が変質する。 ガソリンもギリギリだったので15km先の初給油所で給油し、その前で洗車もしてもらった。 2万キープで外側のみ。 圧力噴射水器はあったがスポンジはなく、タオルで撫でるだけ。 終わってみると、天井の汚れは見逃されていた。 自分のスポンジでこびりついているところなども落とす。 タイの洗車サー...
  • 乾季だろうと思ってやってきた3月のベトナム北部はどんよりした曇の日ばかり。 海岸ではおどろおどろしい風も吹く。 雨も時々降る。 湿っぽい。 氣が滅入る。 調べると、ハノイ周辺のベトナム北部は季節風の影響で雲が溜まりやすい地帯らいしい。 日照時間が短い、というよりも全く無い。 ほとんど太陽が出ない日が続く。 東京よりも、中部ダナンよりもハノイの3月の日照時間は短く、ホーチミンの4分の1ぐらい。 雨の日が多いか否か、雨季か乾季か、よりも日照時間の多少を調べてから行くか行かないかを決めた方が良い。 ベトナム北部にこの時期2月、3月に来るのはやめたほうが良い。 気温は涼しいといえるが、湿っぽく、青空なく太陽がでないと気が沈む。 ホテルの部屋の中も湿っぽい。濡れた床が乾かない。 そのせいか、簡単に値下...
  • タンホアのビッグC前のバス停からハノイ行きのバスに乗ればニンビンのタムコック Tam Coc 近くで降りれる。 そこから2kmは歩くか、タクシーか。 タクシーはそこで待ち構えている。タムコックではボート乗り場があって、やたらとファラン観光客がうろついていた。 タムコックはユネスコ世界遺産に登録されているだけで来る人が多いのだろう。 目次1 観光客と旅人の違い2 タムコックのボートに10万ドン以下で乗る方法3 タムコックのホテルはTHIEN TRUONG AN Resort 15万ドン4 1kg100円以下でないと買わない食料調達ルール5 ニンビンはバイクを借りるのによいところ 観光客と旅人の違いチケットは5人乗りボートが15万ドンで追加一人あたり12万ドン。 ...
  • 長期間、多数の國を跨いで旅するような人にとって、Line、Facebook, Whatsapp, Wechat, Email など、どのアプリが一番良いだろうか。 長期の旅ではSIMが國ごとに変わり、スマホの盗難・紛失・故障・更新で機種変更の機会も発生するだろう。Facebook のメッセンジャー機能が一番安定しているといいたい。 Line は一度トラブルでコンタクトが全て消失した経験があるから敬遠したい。Facebook ではそのようなことはない。Line は機種変更時にもコンタクトを引き継ぐことに失敗する可能性がある。 Whatsapp もSIMが変わったりすると引き継ぎが面倒になる。一度コンタクトを登録すれば2度と登録し直す必要がないという安定度で、Fa...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかったのだが、先行き不安そうな連れのコロンビア女が急ぎ足で次の車にすぐに乗り込もうとするので食べそこねていた。 この乗り継ぎ歩きでも彼女は乗り合わせたヒンド人の案内で次の乗り場の方にどんどん進んでいくので、パトナまでの道案内役の交代でお別れにした。 旅のペースが会わない。 彼女は、道草が食えない。こんなうまい道草も食わずに通り過ぎていくとは。 このお菓子はどこにでもあるようなものではなく、この通りでしか見かけないようなものであった...
  • 2679年2月12日

    クシナガールの佛陀入滅地

    ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効になる、Airtel に変更ネパールで90日間過ごし、ヒンドに戻ってきた。昨年9月にコルカタで入手したSIMを再装着してみると、電波は掴んでいるが、vodafoneのネットワークに登録されない。クシナガールの小さな店に聞いてみると、90日間使わないでいると無効になるという。復活もできないらしい。丁度祝日でゴラクプールのVodafone 公式ショップは閉まっていたから行かずじまい。クシナガール2日目、去り際に、Airtel SIM を購入することに成功した。S...

旅術 カテゴリ人気記事 Views most

ハイキング・ヒンド・旅術 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理