Perhentian Islands ペルヘンティアン島へ

島を出る人あり

マレーシアの Perhentian ペルヘンティアン島には、コタバルから南に2時間、Kuala Besut までバスで行って、そこからジェットボートで渡る。

片道35RM マレーシア・リンギ。通常往復チケットの購入を迫られるが、片道チケットを要求した。いつ戻るかわからないし、紛失の危険もある。
そうすると、RETURN と書いてあるチケットを渡された。
行きで乗り込む時にはそのチケットを回収されなかった。
帰る時にそのチケットを出すと、回収されて帰れた。
そういうメリットもあるから、片道ずつ購入する方がオトクである。
往復分買ったとしても、割引料金になるわけではない。馬鹿げている。
何のメリットもない往復チケット購入である。

波は荒目で、ボートは思いっきり突っ走るから、バンバン縦に揺れながら進む。非常に疲れる。前よりも後ろのほうが揺れは少ないようだ。

途中、Besar 島で降りる人を降ろして、Kecil 島のLong Beachに向かう。Perhentian島は大小2つの島が横に並んでいる。大きいほうが Besar, 小さいほうが Kecil 。多くの旅人は最も賑やかな Kecilの Long Beach に向かう。

船着き場の桟橋から降りると白い砂浜を歩いて宿探しせねばならぬ。セメントの道はない。重いスーツを転がして引きずることはできない。一番近いところに荷物を置かせてもらって、手ぶらで宿探しするのがいいだろう。
すぐ近くにキャンプ場らしきところがあったのでそこに荷物置かせてもらった。
宿はどこもいっぱい気味であった。値段不相応な部屋しか残されていない。
それでキャンプ場に持ち込みテントの料金、10RM で泊まることにした。結局3泊しただろうか。
シャワーは2つしかなく、渋滞気味な他は快適だった。
安全面も問題ない。外に出る時はテントの開閉ジッパー部分の穴に南京錠をかけておいた。これでテントをナイフなどで切り裂かない限り盗難の恐れはない。
他にもキャンプしている人はたくさんある。添付のテントに寝ると30RM だったか。

近場でスノーケリング、
コラルポイント、シャークポイント、タートルポイントをめぐるスノーケリングボートツアー
少し遠くのRawa 島まで行くスノーケリングツアー
等が主な活動となった。

ウミガメ、サメ、綺麗なサンゴを見れたことがすばらしかった。

夜は賑やかである。

東側の Long Beach は向かい風で波がいつも荒かった。
歩いて西側のビーチに出るとそこはおだやかにないでいた。

Rawa 島にスノーケリングに行くには西側ビーチ発がいくらか安い。ただ、よくない業者にあたってしまった。ビーチに出てすぐ右の店は止めた方がいい。左にすすんだところにの店がいい。だが、何人かまとまらないと出発しないので、一人だと困ることがある。

  • Cameron Highland に着いた翌日は、朝から Mt. Brinchang に登るハイキングコースを目指した。 街から歩きはじめて、夜暗くなって8時頃宿に戻った。 山頂の標高は2032m で、テレビ電波塔がある。 下る時、山頂まで20分程の険しくなった所で道に迷ったドイツ人カップルが引き返して登ってくるところに出会った。山頂まで車で来て、歩いて下り始めたらしいが途中で迷ったらしい。Exhausted と言ってかなりの焦りを感じた。GPSマップなしで歩いていたので、Maps.me アプリをインストールするようにアドバイスした。ハイキングトレイルもかなり詳細に載っているので便利な地図アプリである。 View Larger Map 結局彼らは山頂まで戻って車に便乗させてもらって帰ると言っ...
  • Perhentian 島からボートで Kuala Besut に着いた朝、すぐに Cameron Highland 行きバスを探す。 船着き場のすぐ近くにチケット売りの旅行社があった。 乗車時間まで食事などして一服。 ミニバスに乗り込んで、昼食休憩レストランで車を乗り換える。それぞれの工程を半分ずつ行ったり来たりしているのだろう。 この運転手が奇妙な癖のある運転手でずっと不快だった。 雨が降り出して、小雨の中、ミニバスはバスターミナルには止まらずに乗客の予約してあるゲストハウスまで行ってくれる。 まだ決めてないから、適当なところで下ろしてもらう。 Eight Mentigi Guest House に最初に止まった。このあたりに安宿が集まっている。 ここを通り過ぎたところで下ろしてもらったが...
  • 2677年1月17日

    Perhentian 島を去る

    Perhentian 島を去る朝がやってきた。 朝8時発のボートである。 チケットがなければ片道35リンギを払えばいい。 1時間で着いた。 今回は Kecil 島にテント泊でよかった。3泊した。 次に来た時は、Besar 島でキャンピングがいいのではないかと思う。 歩いてスノーケリングスポットに行ける。シャークポイント、タートルポイントなど。 Kecil 島 からボートトリップで来る費用を節約できるし、せかされることもない。 Besar 島のこの辺にキャンプ場が見えた。食糧の調達も近くでできるのだろうか。
  • Perhentian Kecil 島のハイキングコースとして、 Long Beech - Coral Bay -  海岸コース- Mira Beech- Petani Beech- Fishermen Village - Long Beech と周回できる。 途中にビーチも幾つかあり、ビーチハンティングにいい。 午後4時にCoral Bay を出れば7時半には戻れた。 3時間ぐらい。 ビーチでのんびりしながら行けば1日コースになる。 安い食事は Fisherman Village にある。 View Larger Map
  • 2677年1月14日

    Coral Bay スノーケリング

    Perhentian島、Long Beach の荒波に比べると西岸の Coral Bayのないだ静けさがいい。 Rawa Island から帰りついて一休みしたあと、湾の南奥でスノーケリングした。 ボートに乗っていかなくてもいい。 ここから島南半周コースを歩ける。 場所はこの辺。20分ぐらい歩いたところ。トイレ、シャワーあり。バンガローあり。 View Larger Map
  • 最後に目の前に見える小さな島。 ここは泳いで1周できそうだった。 ナポレオンフィッシュがいたところで時間を取って見ていると、途中で待ちきれない船頭が迎えに来て終了。 ナポレオンフィッシュをまだ見ていないというので、いるところでスェーデン人に飛び込ませた。 この島の周りは深い。絶壁である。 Coral Bay に帰り着いたのが14時。 灯台に寄ってくれと頼んだがだめだった。 灯台のところが珊瑚が綺麗らしい。 Coral Bay から泳いで行けそうな距離だがやめておいた。 海の水もきれい。
  • 次に白砂ビーチがある小島。 ここで初めて巨大な魚、ナポレオンフィッシュを見た。 これはマンボウか、と最初は思うかもしれないが、後で調べてみるとナポレオンフィッシュというらしい。 泳いだ後、ビーチで休憩。 後でスェーデン人に聞いたら、泳いでいる間に船頭が勝手にパンを食べたらしい。 持ってきたパンが少なくなっていて、お金もいくらか抜かれていたから、聞いてみた。 Coral Bay に出て右手近くにあるボートツアー屋は避けたほうがよい。 一番目立つところにあるのでハマりやすい。 左側の少し歩いたところの業者にしたかったが、他に同行者がいなかったので諦めた。
  • 2677年1月13日

    Rawa Island スノーケリング

    Rawa Island の3島スノーケリングツアーでボートに乗ると、最初に止まるのがここ。コラールが美しい。小さな浜もある。 ボートで30分ぐらいか。 船酔いはなかった。 一人だけでボートに乗ると高くなるので同乗者を求めた。 スエーデン人2人と一緒になった。 彼らは船に戻るのが早いので急かされることになる。 1カ所で1時間ぐらい滞在するのがいい。 船頭との相性も悪かった。 客が泳いでいる間に、客のバックを開けてパンを食べたり、金を抜いたりする。 次にここ。ビーチで休憩。 次が目の前に見える小さな島。ここは泳いで1周できそうだった。ナポレオンフィッシュがいたところで時間を取って見ていると、途中で待ちきれないボートガイドが迎えに来て終了。同乗していた2人のスェーデン人にナポレオンフィッシュを見る...

マレーシア カテゴリ人気記事 Views most

マレーシア カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理