Mathanga Hill から夕日

ハンピの宿

 

ハンピの宿は300Rsで川向の景色は良い部屋。

民家がどこでも部屋を貸していて、個室で100Rs から交渉で安くなる。

シーズンオフだし。

夜は屋上で寝たほうが涼しいので、部屋よりも屋上で寝れそうかどうかの方が重要。

 

案の定、2階の部屋の天井は屋上で日に当たって熱さがいつまでも取れないので室内は熱気がこもっている。

屋上で寝るが涼し。

 

ここのオーナーは室内で充電継続しながら外出していると勝手に電気を遮断するような人たち。

この手の管理人は多いと言わざるをえない。

電気遮断に神経質な宿はハッピーになれないから変えたほうが良い。

不思議なトンボ

 

Hampi の食

 

ハンピの宿街には外人向けのレストランばかりでローカル向けは皆無に等しい。

タリ、ミールを70Rs 以下で食べれるところは存在しなかった。

どこも120以上。

バス停周辺にバラック食堂があるが、衛生面も不安で、質も悪い。

 

小さなバナナ、モンキーバナナが売っていて、ハンピではそれが最良の食であった。

 

ハンピの見どころ

 

気温38度まであがる暑い季節だから、動くのは早朝、夕刻に限る。

初日、午後5時からテンプル脇の丘を経て、Mathanga Hill で日没になった。

マタンガヒルは近辺で一番標高が高いところだから全方位の見晴らしが良い。

 

空気が霞んでいて、濁っていて夕日は見えたが冴えない色であった。

 

 

バンガロールからハンピへ、SLからACに無料アップグレード

 

バンガロールからハンピまではいつものようにスリーパークラスをネット予約していたのだが、勝手にいつのまにかACクラスにアップグレードされていた。

ACの寝台の色は青ではなくて茶色であった。

こんなこともあるものだ。

ほんとはマイソールからハンピに近い Hospet JN 駅まで予約したかったのだが、取れなかくてバンガロールからなら取れた。

 

 

 

 

 

 

  • 朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみ ...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • 猿山小ポッパ山詣でをすませた翌朝、標高1500mの大ポッパ山に登る。 登山道の入口でキャンプ。 起きて、食べてすぐに出発。 ミャンマー若者グループが先に入山していった。 少し遅れて歩き始める。 登り3 ...

タグクラウド

ヒンド カテゴリ人気記事 Views most

ハイキング・ヒンド カテゴリ人気記事 月間

20180414

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 51
20180414