ハンピの朝ジョグハイク

Hampi ハンピの2日目は早朝ジョギングを試みた。

汗を流したかった。

結果としては、立ちどまることが 多く、汗が出るほどには走れなかった。

この川沿いを行く

川沿いを東下流に歩道が続いている。

Vijaya Vittala Temple まで行って、戻るコース。

Vijaya Vittala Temple は外人500Rs の有料エリアだが、入る気はしなかった。

8時を過ぎて日が高く、熱くなってきていた

 

川べりの歩きは花、岩、猿、鳥など、良かった。

 

初めてS8の選択フォーカスモードで撮ってみた。この花はヒンド中どこにでも咲いているありふれた花。

昨夕の歩きと、この朝の歩きで、ハンピはもう十分の気になった。

宿も合わないし、食もよくないし、部屋に戻り、ネットで当日ゴア行き夜行列車の予約完了。

前日までは空席がなかったが、その列車が始発駅のハイデラバードを出た時点で、空席が放出されたらしく、席が取れた。

木曜日だけの列車で、それを逃すと、毎日の昼間便しかなくなるのも、ハンピを1泊で切り上げた理由。

 

ハンピは特別いいところとは思えない。

おなじような巨岩ゴロゴロの風景は、Tiruvannamalai ティルヴァンナマライ のアルナチャラ山、そこからポンディシェリにバス路線から見える岩山風景などに見えた。バイクだったら止まって歩けたのだが、バスなので眺めるだけで通り過ぎてしまった。

 

 

ハンピには安食堂もないし、長期滞在向きな場所とは言えない。

内陸部で暑い季節だし、もう少し涼しい季節に来たほうが良い。

 

 

 

  • 朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみ ...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • 猿山小ポッパ山詣でをすませた翌朝、標高1500mの大ポッパ山に登る。 登山道の入口でキャンプ。 起きて、食べてすぐに出発。 ミャンマー若者グループが先に入山していった。 少し遅れて歩き始める。 登り3 ...

タグクラウド

ハイキング カテゴリ人気記事 Views most

ハイキング・ヒンド カテゴリ人気記事 月間

20180414

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 34
20180414