タイの刑事訴訟、高過ぎる自白率

 

タイの司法システムはめちゃくちゃすぎることがわかってきた。

訴訟法通りに手続きが進行しない。

 

タイの刑事訴訟では自白率が高い。

もちろん自白の強要である。

自白の強要というよりも、本人が知らないうちに自白調書ができている。

本人が最初から最後まで無罪を主張していても、無視して自白の選択肢しか与えられない。

 

これを警察、検察のみが強いるのではない。

最終的には、裁判所の職員が当然のごとく自白を強いた上で被告人を判事の前に送り込むのである。

裁判所。検察はこの建物の裏側にある。

裁判所。検察はこの建物の裏側にある。

 

被疑者が裁判を待つために収容される拘置所(刑務所の一角にある)の待遇も劣悪で、そこから出るためには自白するしかない状況に追い込まれる。

拷問と同じである。

 

タイの警察も検察も裁判所も、被疑者を有罪にすることしか考えていないようだ。

 

そして、被告人本人が即日控訴すると言っても受け付けない。

控訴状を裁判所に送り届けても無視して放置したまま。

 

英語で次のようなレポートがある。

 

High Confession Rates and Corruption in Thailand

Joel Brinkley wrote in the McClatchy Newspapers: “Once suspects here are arrested for crimes, a surprisingly high percentage of them are said to have confessed. I asked Visut Vanichbut, a major general in the Thai police, if it had ever happened that a suspect who had confessed to a crime turned out to be innocent. "Not in Thailand," he insisted with clench-jawed certainty. "They know the punishment is very serious." [Source: Joel Brinkley, McClatchy Newspapers, September 21, 2008. Joel Brinkley is a former Pulitzer Prize-winning foreign correspondent for The New York Times and now a professor of journalism at Stanford University~~]

“In other countries, however, confessions are notoriously unreliable. An organization called the Innocence Project in the United States uses DNA evidence to find innocent people who have been convicted of crimes. And after 16 years of research, the project has come up with a startling conclusion: DNA evidence shows that 25 percent of the people who confess or plead guilty to committing a crime are irrefutably innocent. The organization offers several explanations for this, among them: The suspects were coerced, drunk, mentally impaired, ignorant of the law, afraid of the police or simply exhausted after hours of aggressive interrogation. ~~

“Thailand's legal system has glaring shortcomings, too. For one thing, Thai police are thoroughly corrupt. The Asian Human Rights Commission recently noted that some criminal cases "have been deliberately concocted against innocent people in exchange for cash or favors." The commission regularly finds evidence of "torture to obtain a confession," as the group puts it. And it notes that police generally "are only interested in getting a confession, not in proper investigation." That certainly makes their jobs easier.”~~

 

 

日本も

 

 

 

  • 2681年4月22日

    犯人捏造事件簿

    憲法 第三十八条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。 ② 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。 ③ 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。刑事訴訟法 第三百十九条 強制、拷問又は脅迫による自白、不当に長く抑留又は拘禁された後の自白その他任意にされたものでない疑のある自白は、これを証拠とすることができない。 ② 被告人は、公判廷における自白であると否とを問わず、その自白が自己に不利益な唯一の証拠である場合には、有罪とされない。 ③ 前二項の自白には、起訴された犯罪について有罪であることを自認する場合を含む。目...
  • 「免田栄 獄中ノート―私の見送った死刑囚たち」 2004/8/1 を読んだ。 1948年(昭和23年)12月30日に熊本県人吉市で祈祷師夫婦(76歳男性・52歳女性)が殺害され、夫婦の娘2人(14歳と12歳)が重傷を負わされ、現金が盗まれたという事件で、翌1949年1月13日に熊本県球磨郡免田町(現・あさぎり町)在住の男性・免田 栄が逮捕された。 凄惨な拷問を受けて自白を強要された。 免田栄は12月29日の夜には、人吉駅前の宿屋の女の部屋に宿泊していてアリバイがあったが、その女は、宿泊したのは12月30日の夜と偽証したことなどから、死刑判決が出た。(1950年(昭和25年)3月23日) 弁護士は金目当てで、検察側と協働し被告人に不利な弁護活動をしている。戦時教育...
  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプできるかもね、という感じであった。トイレの水は出なかった。 小さな集落で歩き始めると、犬が何匹も吠えながら寄ってくる。そんな難所が5回くらいあった。 メーチャンの温泉街近くのアカ族の村でも犬によく吠えられた。 これはアカ族村で共通のようだ。 人々のあまり友好的でない雰囲気に合致する。十字架を頂いた小さな切支丹教会堂もあった。 プレシピタリアン派と書いてある。朝鮮人が2015年に立てたとステッカーが貼ってある。 朝鮮資本で建てられている点も赤族村に共通らしい。 セメント舗装の坂道で、歩ける距離は総計...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗うだけにして炊く水は温泉水を使用している。 今日、炭焼しているところで屑炭をもらってきて、ご飯を炊くときに炊飯器に炭を入れて炊いてみた。 すると、煮たぎって吹き出してきた 昨日までは水が多かった時でも吹き出すことはなかった。炊きあがりは随分と柔らかくなった。 今日汲んできた温泉水6リットルのボトルにも炭を入れてみた。 この温泉水は少し硫黄っぽい臭味がする。 化学臭の原因は、このアパートのプラスチックタンクにあるのだろう。 その...
  • 2679年10月22日

    Aukey 製品は買わない方がよい

    去年の6月にShoppee で買ったQC3規格の携帯バッテリー PB-T15 が壊れて充電ができなくなった。 Shoppee の販売店Beyond Gadgetにチャットでクレームすると、1年半の保証期間内だが、送料と修理費用を購入者が負担しないといけないから新規購入をすすめる、といってきて無反応になった。 保証書には、送料の負担はあるが修理費用の負担などは記されていない。修理費用まで購入者に負担させると言うならば、保証とはいえない。 この保証書にあるメールアドレス support@crdcclub.com にメールしたが、返答はなかった。 aukey.co.th のFacebookメッセンジャーでメールしたが、返答なし。 aukey.com サイトからもメールし...
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の午後にできていた。 火曜日に取りに行った。 今回のリタイヤメントビザの更新では、80万バーツ以上の預金条件を丁度ビザ有効期限の2ヶ月前に満たしておいた。 11日前に新パスポートへのビザ転記手続きのためにメーサイのイミグレに行き、転記後にビザの更新もできるかと思って申請書類を出したら、まだ2ヶ月に満たないからだめだと追い返された。 昨年のビザ更新後にすぐに車を購入したから預金残高はずっと15万バーツ前後で推移していた。 今年3月からの新ルールでは40万฿を下回る月があっ...
  • 2679年10月14日

    パトゥン登山2回目、宿り花

    朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみる。周遊コース。下り途中でスマホのバッテリーが切れた。 雨が降り出して泥んこ道になった。 車道に出て民家の軒先で雨宿ること1~2時間ぐらい。 出発点に置いた車に戻ったのは午後1時30頃だった。南部スラタニに住んでいると、こんな豪快な登山ハイキングができないのが物足りない。 カオルアン、ナコンシタマラト、キリウォンあたりならできるかも。パトゥン里山登山:メーチャン  家からの眺望。登ってきた山 かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺...
  • 2679年10月12日

    メーチャンのカブトムシ発見

    朝の5時過ぎ、まだ暗い中、温泉に行くために車に近づくと、車を出すと引かれてしまいそうな砂利の上にカブトムシがいた。 見かけは日本のカブトムシに似ていると思ったら、写真をよく見比べてみると、下の角が上よりも短い。 それに上の角の根元が太い。 日本のカブトムシは下の角がずっと長い。 チェンライのメーチャンMae Chanの山に生息するカブトムシだから、メーチャンカブトムシと名付けよう。

正義 カテゴリ人気記事 Views most

  • 罰金刑では國外退去強制の理由とはならない罰金刑では國外退去強制の理由とはならないタイで刑事訴訟事件の被告人となり、裁判でわずかばかりの罰金刑を受けるはめになったとする。その場合でも裁判所、拘置所から出る時に最初に連れて行かれるところは移民局、イミグレーションオフィス。 ... 2679.5.28 タイ 正義
  • 犯人捏造事件簿犯人捏造事件簿憲法 第三十八条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。② 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。③ 何人 ... 2681.4.22 正義
  • 免田栄の死刑冤罪を救った切支丹免田栄の死刑冤罪を救った切支丹「免田栄 獄中ノート―私の見送った死刑囚たち」 2004/8/1を読んだ。1948年(昭和23年)12月30日に熊本県人吉市で祈祷師夫婦(76歳男性・52歳女性)が殺害され、夫婦の娘2人( ... 2681.4.14 正義

タイ・正義 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理