昼間もオーバータイムチャージ: ラオス國境を車でタダで通過する方法

タイからラオスに抜ける國境はいくつもあるのだが、これを無料で通過することは非常に困難であることが明らかになってきた。

 

タイ側 Tha Li 國境

 

タイ側國境 タリTha Li、バンナクラセン Ban Na Kra Sengでは、車の書類を作成するのに手間かかる。

税関では前回のミャンマー行きでコンピューターに既に登録されている車のせいか、スムーズにいきそうだったが、やはり持ち出し期間は30日間になっていたので、クレームした。

ラオスに2週間、ベトナムに3ヶ月、ラオスに戻って2週間、合計4ヶ月必要だから訂正してくれと。

税関本部に電話照会したりしてバタバタするだけで結局30日のままだった。

 

on Departure じゃなくて、 on Arrival ではないのか?タイに戻ってくるのだから。

 

だが、前回のように超過1日あたり1000฿、最大10000฿の罰金とかいう赤スタンプは押されずに、ただ戻ったらこの紙を税関に返却せよ、とだけの赤スタンプを押された。

制度が変わったとも言っていた。

そもそも外國車をタイに持ち込むのなら30日とか制限するのもわからないでもないが、タイの新車を外國に持ち出すのに30日に制限する利益はタイにはないのである。

タイで買った新車ということを認識されたら罰金などなさそうな雰囲気であった。

 

今度は車でタイを出國することがバレたので、イミグレのほうでConveyance という書類を2部書かねばならなくなった。

そのためにまたパスポートのコピー、車検証のコピー2枚、車パスポートのコピー2枚。が必要になった。

近くでできたが10฿。

 

ミャンマー入りの時は、車のパスポートは必要とされなかったし、スタンプも押されなかったが、今回は車のパスポートにスタンプが押された。

1時間10分かかった。

 

次からはコピーを用意していくとよい。

 

ラオス側ではタイで作成した書類を利用してそこにスタンプしていた。

ラオス独自の書類は作成しなかった。

保険についてもあえて言及されなかった。

 

13時30分までオーバータイムチャージがかかる

 

ラオス側には11時50分に入國スタンプ窓口に入ったら、どこへ行くのかと聞かれて遠いルアンプラバンと答えたのがいけなかった。

すぐ近くの街まで行ってすぐに戻るよ、と言えば自家用車で来たとさとられずにスタンプ押されて済んでいたかもしれない。

自分の車で行くのかと察知されて、先に車の7番窓口に行ってこいと回されたがタイで作った書類を見るだけですぐにまた1番窓口に戻ってくると、入國カードを書かされて、それをまたスタンプ男に出してスタンプを押し終わると、また1万キープ要求してきた、

なぜかと尋ねると、オーバータイムチャージという。

時計を見ると12時10分。

昼休みということか?

12時前に来たでしょう、と言うと、じゃ1時までそこで待て、と。

わかった待つよと、ベンチに座ってユーチューブを見る。

車に行ってなにか食べてくるのも良かったが。

 

その日は2月15日でシンガポール陥落記念日であった。

全アジアの國で祭日たるべき日であった。

それでシンガポール陥落関係の動画を見ていたらすぐに1時間ぐらい過ぎてしまう。

途中で先の車部門窓口の女が来て金払ったらいいでしょう、金はないよ、と返すと、後で140฿必要なのよ、何で?理解できない、とやりとりした。

1時じゃなくて1時半とも言われた。

どこにも時間が書いてないのなら嫌がらせとしか理解できない。

 

できたのはタイで作った書類にラオスのスタンプを押し、お金は一銭も払っていないのに、5000Kip の領収書まで貼り付けてある。

何のサービスチャージだというのか? オーバータイムチャージのことじゃないの?

 

オーバータイムチャージがかからない時間は?

一体、ラオス國境でオーバータイムチャージがかからない時間帯はいつなのか?

月~金曜日の8~12時、13:30~16時?

午後の通常労働時間は2時間半ということか。

午前も9時からかもしれない。

どこにも公にされていないのだ。

これがラオス共産党のやり方なのである。

ラオス人のグウタラさ、ここにあり。

道路のデコボコさを見ても明らか。

ラオスの道路の悪さはミャンマー以上。

 

 

 

 

 

 

 

  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプできるかもね、という感じであった。トイレの水は出なかった。 小さな集落で歩き始めると、犬が何匹も吠えながら寄ってくる。そんな難所が5回くらいあった。 メーチャンの温泉街近くのアカ族の村でも犬によく吠えられた。 これはアカ族村で共通のようだ。 人々のあまり友好的でない雰囲気に合致する。十字架を頂いた小さな切支丹教会堂もあった。 プレシピタリアン派と書いてある。朝鮮人が2015年に立てたとステッカーが貼ってある。 朝鮮資本で建てられている点も赤族村に共通らしい。 セメント舗装の坂道で、歩ける距離は総計...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗うだけにして炊く水は温泉水を使用している。 今日、炭焼しているところで屑炭をもらってきて、ご飯を炊くときに炊飯器に炭を入れて炊いてみた。 すると、煮たぎって吹き出してきた 昨日までは水が多かった時でも吹き出すことはなかった。炊きあがりは随分と柔らかくなった。 今日汲んできた温泉水6リットルのボトルにも炭を入れてみた。 この温泉水は少し硫黄っぽい臭味がする。 化学臭の原因は、このアパートのプラスチックタンクにあるのだろう。 その...
  • 2679年10月22日

    Aukey 製品は買わない方がよい

    去年の6月にShoppee で買ったQC3規格の携帯バッテリー PB-T15 が壊れて充電ができなくなった。 Shoppee の販売店Beyond Gadgetにチャットでクレームすると、1年半の保証期間内だが、送料と修理費用を購入者が負担しないといけないから新規購入をすすめる、といってきて無反応になった。 保証書には、送料の負担はあるが修理費用の負担などは記されていない。修理費用まで購入者に負担させると言うならば、保証とはいえない。 この保証書にあるメールアドレス support@crdcclub.com にメールしたが、返答はなかった。 aukey.co.th のFacebookメッセンジャーでメールしたが、返答なし。 aukey.com サイトからもメールし...
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の午後にできていた。 火曜日に取りに行った。 今回のリタイヤメントビザの更新では、80万バーツ以上の預金条件を丁度ビザ有効期限の2ヶ月前に満たしておいた。 11日前に新パスポートへのビザ転記手続きのためにメーサイのイミグレに行き、転記後にビザの更新もできるかと思って申請書類を出したら、まだ2ヶ月に満たないからだめだと追い返された。 昨年のビザ更新後にすぐに車を購入したから預金残高はずっと15万バーツ前後で推移していた。 今年3月からの新ルールでは40万฿を下回る月があっ...
  • 2679年10月14日

    パトゥン登山2回目、宿り花

    朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみる。周遊コース。下り途中でスマホのバッテリーが切れた。 雨が降り出して泥んこ道になった。 車道に出て民家の軒先で雨宿ること1~2時間ぐらい。 出発点に置いた車に戻ったのは午後1時30頃だった。南部スラタニに住んでいると、こんな豪快な登山ハイキングができないのが物足りない。 カオルアン、ナコンシタマラト、キリウォンあたりならできるかも。パトゥン里山登山:メーチャン  家からの眺望。登ってきた山 かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺...
  • 2679年10月12日

    メーチャンのカブトムシ発見

    朝の5時過ぎ、まだ暗い中、温泉に行くために車に近づくと、車を出すと引かれてしまいそうな砂利の上にカブトムシがいた。 見かけは日本のカブトムシに似ていると思ったら、写真をよく見比べてみると、下の角が上よりも短い。 それに上の角の根元が太い。 日本のカブトムシは下の角がずっと長い。 チェンライのメーチャンMae Chanの山に生息するカブトムシだから、メーチャンカブトムシと名付けよう。
  • スラタニからチェンライまで戻ってきた。 17日間かかった。 また、パトゥン温泉のあるメーチャンMae Chanに落ち着いた。 運動不足で体のなまりを感じる。朝ジョグでドイトン佛道院 Doi Ton Monastery สำนักสงฆ์ดอยโตน 界隈に行ってきた。 小高い山の上にある。 Monastery = 修道院 =佛道院というが、佛僧は多くないようだ。 ンゴ=ランブータンの実が道に落ちている。 赤い実のンゴの果樹園が広がる。 ンゴは市場で買うと、干からびていて皮を剥くと白い実の回りに水分、汁が少ないことが多い。 木に付いているンゴの実のもぎたては、水分が多く、旨味がある。 ンゴは鮮度が命といえる。 干からびたンゴはもはや買わないほうが良い。メーチャン...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふさわしい温泉である。 温泉土管のある川の真ん中まで、ざぶざぶと膝までの深さの川を歩いてたどり着く。 湯温は40度ぐらい。 2日連続で朝6時半頃に来たら、同じ3女がいただけで他には誰も来なかった。 お湯を利用できるのは同時に3人~5人でいっぱい。環境は良い。静か。周りはロンコン、ンゴ(ランブータン)等の果樹園が広がる。パッタルン~トラン街道を通るなら立ち寄ってもいい湯である。 4kmの寄り道になるだけ。雨季は沈む 今回は、...

ラオス カテゴリ人気記事 Views most

タイ・ラオス・車世界一周 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理