出國印は必要なし、オーバーステイ罰金なしに出國できるラオス國境

Chong Mek チョンメック行きミニバス

パクセからウボン・ラチャタニに抜けるラオス・タイ國境、Chong Mek チョンメックに行くには、パクセーの New Market, Dao Heuang Market の近くからミニバンが出ている。25000K 。

乗り場はここだった:

Dao Heuang Market  で近くの人に聞けば教えてくれるだろう。
25000K は100バーツ。距離の割には高い。
ラオスは交通費がタイより割高なことが多い。

終点で降りると、そこにラオス側の出國スタンプ押し場がある。
パスポートを出すと、こんなピンクの紙切れを渡されて、隣の窓口で金払ってこいと言われる。英語の説明がかかれてないから理由がわからない。

この紙切れで1万K払ってこいと

オーバータイムチャージとは何ぞや?

 

隣の窓口で尋ねてみると、Overtime Charge という。時間外料金のことらしい。16時以降に来ると10000K (130円)払えということらしい。その時は、16:20。
そのような課金に関する説明はどこにも公にされていない。見つからない。
このボーダーは20時まで開いている。

オーバータイムというくらいなら、閉鎖すればよいではないか。

公式に20時まで開いているということは、20時以降がオーバータイムということになる。

故に、16時20分はオーバータイムではない。

ばかばかしくて、払えないので、元のスタンプ窓口に戻り、ピンクの紙切れを投げ返す。
なぜオーバータイムなのか、どこにそんな課金警告が公示されているか、追求してみるが何も反論されず、ただひたすら払えと繰り返すばかり。

払うつもりはない態度を示していると、しばらくしてパスポートを返却された。
出國スタンプが押されているように見えた。

コップチャイ(ありがと)、グッバイしてタイの方に歩いて行く。

出國印 CANCELの印

スタンプをよく見ると、CANCELED のスタンプが重なっている。何これ?

タイの方に歩いていくと、最後の検問員らしき人が立っていたが、止められることなく、パスポートもチェックされることなく、200m 先のタイ側に到達することができた。
タイの入國スタンプも押されて通過。タイ側でもラオスの出國スタンプをチェックしている様子はなかった。

出國スタンプを押さない國は多い。
アメリカ、朝鮮、ヨーロッパの國々。
面倒くさいし、必要ないから。
それだけ出國手続きの時間短縮できて、インクも節約できていい。

このボーダーでは、ラオス側の出國手続きは無視して、素通りし、タイ側の入國手続きに進めば良い。
ラオスにオーバーステイした場合に罰金を避けるには、このボーダーが利用できる。

ラオスの國境はタカリ体質が酷い。入國の時にもたかり、出國のときにもたかられる。國境によって異なる。

ちなみに、パクセからタイのウボンラチャタニに直通バスが出ている。
これに乗った場合も出國手続きは避けられないが、ラオス側で金をせびられた場合に交渉力が弱くなる。他の乗客と一緒にバスに遅れないようにしないといけないから。
できるだけ、國境は歩きで通過するようにした方がいい。國境でバスを乗り換えるようにする。國境の街で1泊するようにする。
國境では議論する時間が必要な場合がある。
それに、ラオスからタイへの國際バス、直通バスは割高。タイからラオスへの國際直通バスは割高ではないようであるが。

ビザランの場合はラオス側の入國スタンプなしにタイに戻れる國境

タイからビザランでこの國境を選べば、ラオス側に入國手続き+オーバータイムチャージもされなくてもタイに再入國スタンプを貰える可能性もある。

これはタイのスタンパーがラオス出國印をチェックするか否かによる。

 

ラオスのビザなし滞在期間は14泊15日

ベトナムと支那のビザなし滞在期間は最大、15泊16日であるが、ラオスは14泊15日であることに注意。ラオスとベトナムは、支那と違って滞在期限が明記されているのでわかり易いが。

 

イグアズの滝からブラジル~ウルグアイ走破

 

昔、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの國境にあるイグアズの滝に来て、パラグアイ側からブラジル側にビザ無しで入國スタンプ無しで入國し、そのまま数日間、自転車でウルグアイのモンテビデオ目指して走り、10日後の陸路出國時にはブラジル側の検問を避け、ウルグアイ側の入國印だけもらったことがあるのを思い出す。

1993年当時は日本人はブラジルには無査証で入國できなかった。今もそうかもしれないが。
イグアズの滝だけは観光目的で勝手に入れた。その勢いでウルグアイまで走ったというわけ。

モンテビデオの空港からモスクワ経由のミュンヘン行きのアエロフロート航空券を5万円ぐらいで買っていた。

出國スタンプはできるだけ避けるにしかず、という教訓。
これだけでオーバーステイの罰金を逃れたり、出國時に金をたかられたりする機会を減らすことができる。

  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプできるかもね、という感じであった。トイレの水は出なかった。 小さな集落で歩き始めると、犬が何匹も吠えながら寄ってくる。そんな難所が5回くらいあった。 メーチャンの温泉街近くのアカ族の村でも犬によく吠えられた。 これはアカ族村で共通のようだ。 人々のあまり友好的でない雰囲気に合致する。十字架を頂いた小さな切支丹教会堂もあった。 プレシピタリアン派と書いてある。朝鮮人が2015年に立てたとステッカーが貼ってある。 朝鮮資本で建てられている点も赤族村に共通らしい。 セメント舗装の坂道で、歩ける距離は総計...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗うだけにして炊く水は温泉水を使用している。 今日、炭焼しているところで屑炭をもらってきて、ご飯を炊くときに炊飯器に炭を入れて炊いてみた。 すると、煮たぎって吹き出してきた 昨日までは水が多かった時でも吹き出すことはなかった。炊きあがりは随分と柔らかくなった。 今日汲んできた温泉水6リットルのボトルにも炭を入れてみた。 この温泉水は少し硫黄っぽい臭味がする。 化学臭の原因は、このアパートのプラスチックタンクにあるのだろう。 その...
  • 2679年10月22日

    Aukey 製品は買わない方がよい

    去年の6月にShoppee で買ったQC3規格の携帯バッテリー PB-T15 が壊れて充電ができなくなった。 Shoppee の販売店Beyond Gadgetにチャットでクレームすると、1年半の保証期間内だが、送料と修理費用を購入者が負担しないといけないから新規購入をすすめる、といってきて無反応になった。 保証書には、送料の負担はあるが修理費用の負担などは記されていない。修理費用まで購入者に負担させると言うならば、保証とはいえない。 この保証書にあるメールアドレス support@crdcclub.com にメールしたが、返答はなかった。 aukey.co.th のFacebookメッセンジャーでメールしたが、返答なし。 aukey.com サイトからもメールし...
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の午後にできていた。 火曜日に取りに行った。 今回のリタイヤメントビザの更新では、80万バーツ以上の預金条件を丁度ビザ有効期限の2ヶ月前に満たしておいた。 11日前に新パスポートへのビザ転記手続きのためにメーサイのイミグレに行き、転記後にビザの更新もできるかと思って申請書類を出したら、まだ2ヶ月に満たないからだめだと追い返された。 昨年のビザ更新後にすぐに車を購入したから預金残高はずっと15万バーツ前後で推移していた。 今年3月からの新ルールでは40万฿を下回る月があっ...
  • 2679年10月14日

    パトゥン登山2回目、宿り花

    朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみる。周遊コース。下り途中でスマホのバッテリーが切れた。 雨が降り出して泥んこ道になった。 車道に出て民家の軒先で雨宿ること1~2時間ぐらい。 出発点に置いた車に戻ったのは午後1時30頃だった。南部スラタニに住んでいると、こんな豪快な登山ハイキングができないのが物足りない。 カオルアン、ナコンシタマラト、キリウォンあたりならできるかも。パトゥン里山登山:メーチャン  家からの眺望。登ってきた山 かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺...
  • 2679年10月12日

    メーチャンのカブトムシ発見

    朝の5時過ぎ、まだ暗い中、温泉に行くために車に近づくと、車を出すと引かれてしまいそうな砂利の上にカブトムシがいた。 見かけは日本のカブトムシに似ていると思ったら、写真をよく見比べてみると、下の角が上よりも短い。 それに上の角の根元が太い。 日本のカブトムシは下の角がずっと長い。 チェンライのメーチャンMae Chanの山に生息するカブトムシだから、メーチャンカブトムシと名付けよう。
  • スラタニからチェンライまで戻ってきた。 17日間かかった。 また、パトゥン温泉のあるメーチャンMae Chanに落ち着いた。 運動不足で体のなまりを感じる。朝ジョグでドイトン佛道院 Doi Ton Monastery สำนักสงฆ์ดอยโตน 界隈に行ってきた。 小高い山の上にある。 Monastery = 修道院 =佛道院というが、佛僧は多くないようだ。 ンゴ=ランブータンの実が道に落ちている。 赤い実のンゴの果樹園が広がる。 ンゴは市場で買うと、干からびていて皮を剥くと白い実の回りに水分、汁が少ないことが多い。 木に付いているンゴの実のもぎたては、水分が多く、旨味がある。 ンゴは鮮度が命といえる。 干からびたンゴはもはや買わないほうが良い。メーチャン...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふさわしい温泉である。 温泉土管のある川の真ん中まで、ざぶざぶと膝までの深さの川を歩いてたどり着く。 湯温は40度ぐらい。 2日連続で朝6時半頃に来たら、同じ3女がいただけで他には誰も来なかった。 お湯を利用できるのは同時に3人~5人でいっぱい。環境は良い。静か。周りはロンコン、ンゴ(ランブータン)等の果樹園が広がる。パッタルン~トラン街道を通るなら立ち寄ってもいい湯である。 4kmの寄り道になるだけ。雨季は沈む 今回は、...

旅術 カテゴリ人気記事 Views most

タイ・ビザ・ラオス・旅術 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理