スジャータ村の椰子の樹液酒タリ

味は薄い。発酵酸味がある

ブッダガヤからスジャータテンプルのあるスジャータ村の方に橋を渡り、川沿いを右方面に進むと。椰子の樹液から発酵した酒が飲めるところがある。
椰子酒は、椰子の実の中のジュースを発酵させたものではなく、樹液である。

ブッダガヤのあるビハール州では、酒の販売も飲酒も禁止されている。
ヒンドの完全禁酒の州はビハール州と、グジャラート州、ケララ州がある。
リシケシの町など、市町村レベルでも禁酒、禁肉食のところがある。

禁酒のビハール州でも、この椰子の酒を飲むのは合法らしい。

蜂がたかっていた。


現地の言葉で、タリという。外人向けにはスカイジュースと呼んでいる。
味はどぶろくか、という感じ。
味は薄い。
鮮度によって味が変わる。
1日置けば酸味が増えてアルコール度数も上がる。

じわりじわりと酔っ払う。

現地人は、フライなどを持参してつまみながら飲む。
値段は、一壺で50ルピーぐらいか。
現地人と一緒だったのでごまかされてるかもしれない。

ブッダガヤから歩いても行ける。
橋のところからリキシャでも10ルピー。

2日目、2軒目の椰子酒屋は少し離れていて、途中で魚を買って、料理させて、持ち込んだ。
全部日本人が払うものと決め込んでいる。
半分ヒンド人に払わせる気でいないとダメ。
半端な量の油にべチャリ付けたまま長いこと放置。
油ベチャベチャでまずすぎ。カラッと感がない。
ほとんど食べる価値ないものができあがった。

椰子酒の店はこの辺:

二軒目はここ:リキシャで10ルピーで行ける。

  • 昼食ついでに路傍の店でショッピング。 グアバ (ฝรั่ง ファラン)、うなぎ ปลาไหล プラーライ、スッポンตะพาบน้ำ などあり。 この鰻は日本で食するウナギとは異なり、タウナギというもの ...
  • 今朝の火曜朝市で入口付近で車の荷台で売っていたロンコンは、ひとつ味見したら種が大きかった。 家に帰って、食べていると、宿の管理人も食べ始めてこれはロンガンではなくてランサー ลังสาดだという。そう ...
  • 久しぶりに外で酒飲み。 メニューでは、เหล้าปั่นถัง ラオパンタン=ウィスキーと翻訳されるが、ワインに近い。 グラスの中はシャーベット状になっている。 これだけ飲んだら酔っ払う。 ...
  • ラチャプラバダムRatchaprapha Damの近くの友の家に行ってきた。 大きなサトー豆 สะตอ の木があった。 豆房がたくさんぶらさがっていた。 これを採るには一本の竹竿では届かず、2本を継ぎ ...
  • ココナッツ(マプラオ・椰子の実)を丸ごと買って、持ち帰って家で飲み食べる場合、最初は開け方に戸惑う。 「ココナッツの開け方」をネットで調べて、真似てみるとうまく開かない。 包丁でこじ開けようとすると、 ...
  • チャンパダ จำปาดะ というフルーツを初めて切って食べた。 ジャックフルーツに似ているが、全体的に小型で、中実はジャックフルーツが黄色なのに対して、橙色が強い。 熟していてとろけている。種のまわり ...
  • 2679年8月17日

    ロンコンの季節

    近くの金曜朝市に行くと、ロンコンลองกอง があちこちで売っていた。20฿kgで値ごろ感あり、新鮮そうだったので3kg買った。 うまかった。 旬の味。 旬の果実は安くて美味い。指爪で皮を剥こうとする ...
  • 2年前の4月にバイクでナコンシータマラートのKhao Luang 山の周りを周遊していた時のこと、ドリアン農園を通過した。月別: 2677年4月 の記事 月別: 2677年4月 の記事 信旅ドリアンの ...

タグクラウド

食物 カテゴリ人気記事 Views most

ヒンド・食物 カテゴリ人気記事 月間

20171009

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 36
20171009