Tirupati から Tirumala 頭剃テンプルへ登る

翌朝、いざTirumala テンプルへ。

Tirumala 駅前から無料のバスが20km先の参道入口まで走っているのでそれに乗る。

30分毎に循環しているようだ。

 

Tirumala の麓のSrivari Mettu 行き無料バス乗り場はここ:

 

終点から歩く

 

Srivari Mettu 終点はここ:  ここから2km歩く

 

Alipiri で下車してここからも参道があるが距離が長い。下りにこちら側に降りるのもあり:

 

ココナッツをかち割る儀式

火を灯しながら

時折、Govinda Govinda と連呼する人もいる。ゴビンダとは何ぞ? ゴビンダ教と言ってもいい

1時間30分で登り詰めたらまずは腹ごしらえできる無料レストランAnna prasaadham を探す。

無料で食事できるというところへまず行きたい。

途中、頭を剃るところがあり、ここで髪の毛を寄付するのが順序らしい。髪の毛は輸出されて金になるらしい。

ここは頭を剃るところ

これがテンプル全景

Anna prasaadham に着くと、丁度11時の昼食開始時間だった。

続々と人が集まる。

Anna prasaadham で無料の食事あり

無料レストランAnna prasaadham はここ:

 

 

食後は一休みして気ままに散策。

 

宿泊は空きがないのが普通で、さらに一人の旅行者は宿泊拒否らしい。

だから独り者はTirupati の街の一般ホテルに泊まるしかない。

 

宿泊予約はここでできる。

 

テンプルの本尊を拝む行列は3時間ぐらい続いているらしい。

それを乗り越えてダルシャンを終えるとスタンプがもらえて、お菓子を購入することができる。

 

 

これも続き行列。3時間ぐらいらしい

一度行列に入ると抜け出すのが困難そうなので恐ろしい。トイレとかどうするのだ。途中にあるのかもしれない。なにかパニック事件が起こると圧死も出そう。

 

 

 

 

 

 

  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • クシナガールからラジギールへの道中にシワン Siwanという街があって、そこでバスの乗り継ぎで降ろされて歩いていると、路端でお菓子をたくさん売っていた。 既に3回目の乗り換えで、途中で朝食にしたかった ...
  • ネパールからインドに戻ってすぐに、佛陀入滅の地、クシナガール Kushinagar にやってきた。 ここではあらためてSIMカードを調達せねばならなかった。 ヒンドのSIM は90日間使わないと無効に ...
  • ラジギール最終日は竹林精舎を散策した後、ジャイナ教の丘にあがり、Bimbisar Jail という王が幽閉されていたところまで歩く。 この山歩道の延長で霊鷲山まで行けるのではないか。 早朝から歩き始め ...
  • ラジギールから15km のところにナランダ遺跡があり、ユネスコ の世界遺産に登録されている。 ナランダ遺跡とは侵入してきたイスラム教徒によって破壊された古代佛教大学の遺跡である。 687年~1853年 ...
  • 釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。 ラジギール=王舎城 ラジ=王様 ギール=城?丁度1年前の1月29日の朝。 ...
  • 猿山小ポッパ山詣でをすませた翌朝、標高1500mの大ポッパ山に登る。 登山道の入口でキャンプ。 起きて、食べてすぐに出発。 ミャンマー若者グループが先に入山していった。 少し遅れて歩き始める。 登り3 ...
  • プークラドゥン國立公園 Phu Kradueng National Park อุทยานแห่งชาติภูกระดึง を歩いてきた。 昨年6月にも来ているが、その時は雨季で閉鎖中であった。 登山 ...

タグクラウド

ヒンド カテゴリ人気記事 Views most

ハイキング・ヒンド カテゴリ人気記事 月間

20180316

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 17
20180316