Khlong Thom のエメラルドプール

Khlong Thom クロントンの温泉カスケードを堪能したら、次はエメラルドプール Sa Morakot である。
エメラルドレイクかと思ったら、小ぶりなので池のレベルであった。

Maps.me の経路ではさらに9km内陸部である。
油椰子園、ゴム園の中の非舗装道を歩く。車なし。青い空、白い雲。3月のチェンマイで渇望していた青空がそこにはあった。
ゴムの木にはお椀が仕掛けてある。

2kmも汗だくになりながら歩いた後、道路脇の食堂によ寄ると、兄ちゃんがバイクに乗せてくれた。
この地域では何かのついでというわけでもなく乗せてくれる。ヒッチハイク天國である。

ここも入場料金所のすぐ手前を右に入れば川を渡ってスニークインできる。イレギュラーな貧乏ツーリストにやさしい構造である。
正規料金は外國人200バーツである。タイの免許証があれば20バーツぐらいだろう。タイ人料金はタイ文字で書いてあるので読めない外人にはタイ人料金がわからないようになっている。

遊歩道を歩いて20分もすればエメラルドプールである。
ワイワイガヤガヤとにぎやかである。タイ人あり、モスレム人あり、学校グループあり、外人在り。
プールとして深さが丁度良い。
温度は生ぬるい。ひと泳ぎ、ふた泳ぎすればもういい感じ。

この先にクリスタルブルーのブループールというのがあるらしいが、5月から入域禁止となっている。ある鳥の繁殖期、保護のためらしい。監視人もハンモックにぶら下がっていたので中止。
が右側の源流を遡ると、礼拝堂にでてブルー池につながる遊歩道、高床式遊歩道に合流出来た。ここまできたら見たいものだ。
ブルー池は底から湧水していて砂を吹き上げている。青さが綺麗。遊泳禁止。しばらくいたが特に珍しい鳥も動物もあらわれなかった。

湧水だから飲めそうな水であったがボトルがなくて汲めないのが残念だった。

 

  • 空きボトルを携帯すべし。
  • ヒッチハイクは簡単。

帰りは、丁度走りだしたピックアップトラックの後ろに乗っけてもらえた。雨が途中で降り始めて中に入れてくれた。

  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプで ...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗う ...
  • 去年の6月にShoppee で買ったQC3規格の携帯バッテリー PB-T15 が壊れて充電ができなくなった。 Shoppee の販売店Beyond Gadgetにチャットでクレームすると、1年半の保証 ...
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の ...
  • 朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみ ...
  • 朝の5時過ぎ、まだ暗い中、温泉に行くために車に近づくと、車を出すと引かれてしまいそうな砂利の上にカブトムシがいた。 見かけは日本のカブトムシに似ていると思ったら、写真をよく見比べてみると、下の角が上よ ...
  • スラタニからチェンライまで戻ってきた。 17日間かかった。 また、パトゥン温泉のあるメーチャンMae Chanに落ち着いた。 運動不足で体のなまりを感じる。朝ジョグでドイトン佛道院 Doi Ton M ...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふ ...

タグクラウド

タイ カテゴリ人気記事 Views most

タイ・ハイキング カテゴリ人気記事 月間

20160506

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 50
20160506