寒い旅に風呂がなければバケツ足湯でポカポカになる

この果実はなんだ? 3個で20ルピー。

1日2~3回、21日間の連続入浴後、次の10日チケットを買うのはやめて、カサカサになった肌を休めるためにも足湯のみで過ごした。

10日チケットは一日ごとの回数券ではなく、10日間の期間券だから、1日おきに5回しか入場しなくても10日後には回収されて無効になる。

 

洗い場に流れる温泉をバケツに入れ、座れるところに腰掛けてバケツに足を浸す。

そのままでは熱いから川の水を3リットルぐらい混ぜる。

スマホのタイマーをセットして10分ぐらいで十分暖まる。

最近の最低気温は9℃で日中は20℃以上になるが、足は冷えやすい。

朝、昼、晩の3回足湯していた。

足湯を終えると気持ちいい。

寒い時に足が温まると気持ちよさで満たされる。

 

浴場の借りバケツで足湯してると怒られた

これだけのバケツを専有する巨女がいても咎められないのに、一個のバケツで10分間の足湯をしていると咎められるのはなぜか?

洗い場には貸してくれる共用バケツが置いておる時間もある。いつもあるわけではない。

朝6時半ごろに行って、入り口のところにあった青いバケツを取って洗い場の方に降り、お湯をくんですぐ近くで座って足湯していると、いつもの管理人の男がやってきて、何やら足湯をやめさせたいらしい言動をしていた。

なぜいけないのか? と英語で聞いても、英語で返答はない。英語はしゃべれないのだろう。正確な理由はわからない。

バケツに足を入れてはいけないほど足が不浄とみなされているのか、あるいは、バケツが足りないというのか? 金払ってないから、使えないというのか? 誰もやったことのないことをやっていることが気に入らないのか。ネパール人が真似すると収入が減って困るというのか。

この洗い場は有料エリアとは思えないほど人が自由に出入りしていた。浴場の閉館時刻の4時半以降もずっと自由に出入りできている。

 

丁度あがって帰ろうかと思ってたところだったから、すぐに足を拭いて靴を履く動作に移った。

帰りに入り口のところにはその男がスマホをいじってて、足元にはいくつもバケツが重ねてあった。

いっぱいあるじゃないか、

と行って去ったが、腑に落ちない。

 

それ以降、バケツは宿に借りて持参することにした。

持参バケツならケチのつけようがなかろう。

その後はどこからも苦情はない。

 

バケツ足湯はホテルでもできる

酸っぱかった。自然の山のフルーツという感じ

 

寒くなるのは久しぶりである。

昨年の今頃はタイのメーホンソンのパイ Pai の象キャンプでやはり温泉定住していたが、こちらの山間部の標高900m地帯の方がずっと寒くなりそうである。

移動しながらのホテル泊まりでも、ホテルのトイレにはバケツがついていることが多いので、寒い時には、ホットシャワーさえあれば、バケツにお湯を溜めて足湯ができる。

ただ、電気ホットシャワーは非力で十分に熱くならないことが多いのが難点。

部屋にバケツがなければ、借りることもできるだろう。

 

 

 

 

 

 

  • 無農薬玄米がなくなったので、5月28日からスパゲティ食を始めた。 穀物のkg単価を比べるとスパゲティが一番安かったから。g 価格/1kg 白米 400 玄米無農薬 600 パスタ 237 じゃがいも 80 豆腐 400 70 175 納豆 120 60 500 ハトムギ 2,754ヨドバシではラトビア産のスパゲティが 237円/kg で5kg 試し買いした。ヨドバシ.com - トマトコーポレーション スパゲッティ 1.7mm(ラトビア産) 1000g 通販【全品無料配達】デュラム小麦のセモリナ100%を使用しております。ヨドバシ.com
  • 2681年4月22日

    納豆と豆腐

    3キロ圏内にあるAコープで、2週間ぶりの買い出しで買ったのがこれだけ。これで2週間分ぐらい凌げそう。 消費期限当日の品は半額になっている。午前中に行くと、いつもいくつか半額のものがある。大きなスーパーは15kmぐらい離れていて行く気がしない。野菜は、畑に高菜、大根などができている。 クローバー、カタバミなどの野草も混ぜて味噌汁の具になっている。タイでは熱帯フルーツ三昧だったが日本ではフルーツは高すぎて買う気しない。 米は熊本産の無農薬玄米にしている。わたなべさんのは合鴨農法らしい。 【厳選米ドットコム】わたなべさんちのコシヒカリ(熊本県産)gensenmai.com
  • 2681年4月14日

    天然醸造の味噌・醤油

    醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合食品株式会社栽培期間中に農薬と化学肥料を使わずに栽培された九州産丸大豆と九州産小麦、ミネラル豊富な天日塩を使用しております。添加物、遺伝子組換大豆を一切使用していない九州産にこだわった濃口丸大豆しょうゆです。【丸大豆しょうゆとは?】大豆そのままのものを「丸大豆」、しょうゆの原料用として大豆から油をとりのぞいたものを「脱脂加工大豆」と呼びます。昔は、しょうゆの主原料の大豆には丸大豆が使用されましたが、丸大豆には油脂が含まれており、しょうゆの諸味をしぼった生揚しょうゆ...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟しているのはなかった。 しばらく柔らかくなるまで放置しておけば最後は甘くなる。
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。
  • 2680年10月31日

    不老長寿のムベの実狩り

    庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。 渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。 もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。裏山にも柿の木があって、3日前に登ってみたら尾根に2本の柿の木に実がたくさん着いていた。 手の届かない高いところに成っているので、今朝は全長3mの高枝鋏を携帯していったがそれでもとどかない。 獣道を横旋回歩いていくと、日当たりの良いところに柿の木が6本ぐらい連なっているところがあった。それも背が高くてひょろ長くてとても届かない。 戻って全長5.4mの高枝鋏をアマゾンで注文したが届くのは支那から2週間はかかりそう。これ以上長い高枝切鋏は見つからなかった。2㎏あって重いという評価があるがしかた...
  • 2680年9月20日

    栗がボタボタ落ちてくる

    台風去って、栗がだいぶやらて落とされたのかと思ったら、今頃大粒の栗が落ちてくるようになった。 小粒の栗の木から先に落ちていた。 最近は大粒の栗。 イノシシも夜、昼出てくる。夜にはアナグマも食べに来ているのだろうが、まだ出会えない。 イノシシは栗を生で食べてる。栗は茹でるよりも、焼く、煎るのが一番うまい食べ方なのだろう。栗は弱火でこんがり焼いて食べる栗は焚き火の弱火、炭火でこんがり長く焼いて食べるのがいい。皮がむきやすくなる。とってきた栗は、まず天日で干すといい。それだけでも皮をむいて食べるといい感じになる。皮を剥ぐとこんな感じになるのがいい。ラーメンく~たのとんこつラーメン。 大盛り + 替え玉無料信旅h...
  • しとしと長雨続きでキノコがのこのこ出ている。 林道坂ジョグコース沿いにキノコ刈りしてきた。 宮崎の北川町、基本的に照葉樹林帯。シイ、カシ等の雑木山。 標高60m~300m。 上の方、所々に松もある。 急斜面以外は杉の植林が タマゴタケがひときわ綺麗あざやか。 松の木の下に多いスポンジ系ヌメリイグチ。 味噌汁にするとヌメリがいい。シロオニタケはいかにも毒々しく食べる気しないが、食べて死んだとか、苦しんだとかいう人の記録はないらしい。誰も食べる気しないのだろう。帰ってすぐにネットと、「宮崎のきのこ」という本でキノコの鑑定を始めた。 ...

温泉 カテゴリ人気記事 Views most

ネパール・旅術・温泉・食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理