これまでの旅の途中で盗難、強盗にあった経歴を列挙する。

 

● 南朝鮮の首都ソウル 金の持ち逃げ 1990年11月

ソウルのバスターミナルで南部カンジュ光州行きのチケットを買う際に、電車の中かどこかで声かけられた日本語を話す若い男が自分も光州に行くと言い、一緒に行くか、チケット買ってくるからお金よこせ、となり、素直に渡したらそのまま逃げられた。

ソウルに来たのは片道航空券で行くアメリカのビザの申請のためで、すぐに滞在していた光州に戻る予定だった。

 

● スペイン 自転車の丸ごと盗難。  1995年

モロッコのCeuta(スペイン領)に行く船に乗るために港の町中で荷物付きの自転車を置いて歩いていて、戻ったらなかった。

しばらくして発見されたが、トラベラーズチェックなどが盜られていた。

この時はカメラなどは携帯していなかった。

 

● リトアニアの首都ビルニウス 1995年 ビルの一階のような屋内駐車場でテント張っていたら、靴を持ち逃げされた。雨が降っていて、雨雫の後を追っていくと、犯人の居場所がわかった。警察に届けて、容疑者も現れたのだが、否認され回復できなかった。<>

 

● 支那の首都北京 1995年11月 夜襲強盗

北京郊外の大きな公園内でテント張って寝ていた。

1泊目はよかった。風邪をひいていて咳がひどかったため、移動せずにもう一泊することにした。昼間に若い男2人組が来ていた。そいつらが夜中にナイフを持ってやってきた。

ナイフでの怪我はなかったが、抵抗したため棒で手首を打たれてかなりの血がでた。裸足で走って逃げる時に足裏の指が傷ついた。病院で縫ってもらった。

逃げたきった後も彼らはテント内のものを持ち逃げしていた。

警察に日本語担当もいたが、すぐに現場に行こうともしなかった。

パスポート、少しの現金、トラベラーズチェックなどが盜られた。

日本大使館で帰國のための渡航書を発行してもらい帰國した。

 

●  ニュージランドの首都ウェリントンで車内に置いていたバックパックを盜まれた。2004年

レンタカーで3ヶ月回っている最中。外からよく見える置き方なのがいけなかった。

鍵を壊されていた。

警察に届けた。

翌朝、残骸は発見されたが、カメラ、トラベラーズチェック、テント、バックパック本体などが盗まれた。

日本円の現金も入っていたのだが、不思議と盗まれていなかった。

トラベラーズチェックの再発行手続きした。

 

●  キルギスタンの首都ビシュケク 偽警察官に財布の中の50ドル盗まれる。

 

 

●  インドの列車内ひったくり。2009年

バラナシに近づく夜行列車内で、列車が動き出して加速始める時に、中段の寝台で寝袋に入って横たわっていた。小さなサブバックは足の下に挟んでいた。男が来てサブバックを持ち去り、空いているドアから外に飛び降りた。こちらは飛び降りれない程列車は加速していた。

バラナシに著いて駅内の警察に届けたが、書面作成するのみだった。

 

●  インド内でカシオの腕時計がなくなった。高度計も附いたもの。出國時の税関で抜かれた可能性高い。 2009年

 

●  パキスタンのラホールのホテルでノートPCを盜まれる。 2009年

ホテルの従業員を容疑者として警察に届けたて、自筆で正式な告訴状を作成したら、本体は出てこなかったがホテル側から金銭的な補償が受けられた。

パキスタンの警察はあてになる。警察、裁判所内を見物できた。

 

●  イランのアンドレアッバスのビーチ 2009年

インドで買ったSonyデジタルカメラが盗まれた。

ビーチのトイレでシャワーしていた。脱いだ服は上の方の棚に置いていたが、外から手を伸ばして持ち去ることができる構造になっていた。

周囲はほとんど無人だった。

警察に届けたがだめだった。警察、裁判所内を見物できた。

 

対策

 

強盗に遭ったら抵抗しないこと。怪我するのが一番怖い。お金はなくなってもまた稼げばいい。

他人から見えるところに盜られたくない物を置かないこと。

 

  • ホンダJazz を買ってから4ヶ月ぐらいはタイでは、E20 が一番安く手に入るガソリン燃料だと思っていた。 E20 は現在26.54฿ぐらい。 ところが、チェンライからラノンに来る時に、ガソリンスタンドにはE85 というのもあることに気づいた。車の給油口を開けてよく見ると、E85 Gasohol でもいいらしい。 それでE85を少し入れてみると問題なくよく走る。 特段のデメリットも感じない。 E85 は現在、20.99฿=73円。 91 Octaneガソリンは29.28฿=102円。 E85 は91ガソリンよりも28.3%安い。Oil Pricewww.pttplc.com
  • ベトナム滞在2週間を終え、國境に戻ると車は無事だったが、日陰にしたくて木の下に置いていたために葉っぱなどの木の屑がたくさん溜まっていた。鳥の糞も混じっているだろう。雨も何度か降ったに違いない。 ワイパーでフロントガラスは部分的にはきれいになったので走れないことはない。 ラオス側に入って走っていると車を見て笑う人もいる。 長期間木の下に置いていると、葉っぱや鳥の糞の化学成分で車の塗料が変質する。 ガソリンもギリギリだったので15km先の初給油所で給油し、その前で洗車もしてもらった。 2万キープで外側のみ。 圧力噴射水器はあったがスポンジはなく、タオルで撫でるだけ。 終わってみると、天井の汚れは見逃されていた。 自分のスポンジでこびりついているところなども落とす。 タイの洗車サー...
  • 乾季だろうと思ってやってきた3月のベトナム北部はどんよりした曇の日ばかり。 海岸ではおどろおどろしい風も吹く。 雨も時々降る。 湿っぽい。 氣が滅入る。 調べると、ハノイ周辺のベトナム北部は季節風の影響で雲が溜まりやすい地帯らいしい。 日照時間が短い、というよりも全く無い。 ほとんど太陽が出ない日が続く。 東京よりも、中部ダナンよりもハノイの3月の日照時間は短く、ホーチミンの4分の1ぐらい。 雨の日が多いか否か、雨季か乾季か、よりも日照時間の多少を調べてから行くか行かないかを決めた方が良い。 ベトナム北部にこの時期2月、3月に来るのはやめたほうが良い。 気温は涼しいといえるが、湿っぽく、青空なく太陽がでないと気が沈む。 ホテルの部屋の中も湿っぽい。濡れた床が乾かない。 そのせいか、簡単に値下...
  • タンホアのビッグC前のバス停からハノイ行きのバスに乗ればニンビンのタムコック Tam Coc 近くで降りれる。 そこから2kmは歩くか、タクシーか。 タクシーはそこで待ち構えている。タムコックではボート乗り場があって、やたらとファラン観光客がうろついていた。 タムコックはユネスコ世界遺産に登録されているだけで来る人が多いのだろう。 目次1 観光客と旅人の違い2 タムコックのボートに10万ドン以下で乗る方法3 タムコックのホテルはTHIEN TRUONG AN Resort 15万ドン4 1kg100円以下でないと買わない食料調達ルール5 ニンビンはバイクを借りるのによいところ 観光客と旅人の違いチケットは5人乗りボートが15万ドンで追加一人あたり12万ドン。 ...
  • ラオス・ベトナム國境、Ban Na Mang ⇔ Na Mèo はバイクに乗ったファランがよく走っている。 ラオス側についた時は13:20分ごろで、アメリカ人とポーランド人のバイカーがいた。 ベトナムのハノイで英語の教師をやっている。 ラオスで故障したポーランド人のバイクのパーツを届けにわざわざアメリカ人の友が届けにきたという。ラオス側では人の出國スタンプが押され、オーバータイムチャージはかからなかった。 13:30までしっかり閉まっていた。 閑散とした國境で人の通行も少ない。 時折ミニバスの乗客がくるくらいだから昼休みは完全に閉めているようだ。車の手続きは特になし。 紫の車パスポートにも出國スタンプは押されなかった。 しつこく頼めば押してくれる...
  • 長期間、多数の國を跨いで旅するような人にとって、Line、Facebook, Whatsapp, Wechat, Email など、どのアプリが一番良いだろうか。 長期の旅ではSIMが國ごとに変わり、スマホの盗難・紛失・故障・更新で機種変更の機会も発生するだろう。Facebook のメッセンジャー機能が一番安定しているといいたい。 Line は一度トラブルでコンタクトが全て消失した経験があるから敬遠したい。Facebook ではそのようなことはない。Line は機種変更時にもコンタクトを引き継ぐことに失敗する可能性がある。 Whatsapp もSIMが変わったりすると引き継ぎが面倒になる。一度コンタクトを登録すれば2度と登録し直す必要がないという安定度で、Fa...
  • タイからラオスに抜ける國境はいくつもあるのだが、これを無料で通過することは非常に困難であることが明らかになってきた。 タイ側國境 タリTha Li、バンナクラセン Ban Na Kra Sengでは、車の書類を作成するのに手間かかる。 税関では前回のミャンマー行きでコンピューターに既に登録されている車のせいか、スムーズにいきそうだったが、やはり持ち出し期間は30日間になっていたので、クレームした。 ラオスに2週間、ベトナムに3ヶ月、ラオスに戻って2週間、合計4ヶ月必要だから訂正してくれと。 税関本部に電話照会したりしてバタバタするだけで結局30日のままだった。 だが、前回のように超過1日あたり1000฿、最大10000฿の罰金とかいう赤...
  • 2679年2月11日

    ハンドルテーブルで車内ノマド

    車内でノートPCを使うのにハンドルに引っ掛けるタイプのテーブルを購入した。 今の所、調子はいい。 取り付け、取り外しがちょっと面倒、置き場所に困る。これでだいぶ楽になった。 電源はインバーターから供給できる。 バッテリーのみで3時間ぐらいは継続使用できる。 タブレットで Google カーナビ:アジアツーリング緬甸、ミャンマー、タイ、アジアを車でツーリングする時にはスマホ・タブレットの...

旅術 カテゴリ人気記事 Views most

旅術・車世界一周 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理