金木犀の花薫る支那人村メーサロン

標高が高くて涼しかろう街を求めて標高1100mのメーサロン Mae Salongを再訪した。

2016年11月以来2回目である。

 

 

その時はレンタカーだったが、今回はソンテウで來た。

雨季で雨がちな空模様。

 

チェンライからメーサロンへ行き方

 

メーサロン方面行き時刻表、実際は30分遅れ

 

チェンライからバスでメーサイ行きのバスに乗り、メーチャンのソンテウ乗り場で降りる。20฿。

13時半初のメーサロン行きに乗る。

直通じゃなくて途中でタロン行きとメーサロン行きの分岐点でメーサロン行きに乗り換える。

30฿+30฿=60฿

チェンライから合計80฿かかる。

距離にして60kmで80฿だから割高な路線である。

チェンライから直通バスが出ていれば、50฿ぐらいの運賃になるはずである。

 

メーチャンのメーサロン方面ソンテウ乗り場はここ。

 

 

次の乗り換え地点はここ。メーサロン行きとタロン行きに分かれる。検問所前。ここまで30฿

 

 

ここで買った巨大なマンゴーがうまかった。

一個1kg超えのマンゴーで独特の風味があった。

 

 

メーサロンの終点は Shin Sane(新生) Guesthouse 前:

 

メーサロンの宿

道路の上が客室

ソンテウの終点はShin Sane(新生) Guest house 前で、その辺にゲストハウスが集まっている。

新生は個室共同トイレ・シャワーで200฿から。

この安部屋は道路に面していて、上り坂だからバイクのエンジン音がうるさい。

トイレ水場も遠くて不便。

うるさくなかったら連泊もできたかもしれない。

部屋には狭いながら机も椅子もあり、ベッドシーツもきれい。

北京からの支那人は2週間も連泊していた。

台湾からの若者のグループでいっぱいだった。

國民党関係だから台湾人にも無関係ではない所である。

トイレ付き個室は500฿。

 

他の宿も個室は500฿からとタイにしては割高。

300฿の部屋はどこにも見つからなかった。

 

Akha ゲストハウスはコンクリむき出しの部屋で臭わなければいいのだが。メーサロンにはこのようなセメントむき出しの壁が多いのが残念。

一ヶ月単位でも聞いてみたが、場所的にいいところで1泊600฿のところが月13000฿と、割引率が低い。

7000฿というところもあったが自炊してはいけないなどの制約があった。新築直後で不慣れ。

メーサロンのホテルはコンクリートさらしの壁が多い。部屋の仲間でセメントだらけ。セメントの臭い匂いが耐え難い。彼ら支那人にはその不快さがわからないのか。アカ族もいるようだが。

 

支那語をしゃべるメーサロン

 

ここメーサロンは支那國民党軍が支那共産党軍に追われて逃げ延びてきた人々の町だから、皆支那語を話す。こちらがタイ語を話すとタイ語も話す。支那語で通す人もいる。

見かけが日本人だと支那語になる。

 

 

金木犀の香りただよう

金木犀

 

金木犀の季節なのか、いい香りがする。

日本の金木犀の花よりも薄い淡い黄色。

 

 

段将軍の墓所に行くと、そこの茶屋展望台の下に金木犀が植わっていて、いい香りの風が吹き上げてくる。

金木犀の香りが吹き上げてくる茶屋展望台



金木犀の香りが吹き上げてくるところはこの一番奥の茶屋展望台:

 

 

地元民は麺量2倍のメーサロン市場

 

歩きまわって市場に戻ってきたら丁度12時頃。

すでに閑散として店じまい後といった感じだった。

食べなくてもよかったのだが、何か食べてみようとクイティオ麺を注文した。

ヨボヨボな氣優しそうなおばあさんだったからいいかと思ったのだが、実際の調理人は別で、厳しい顔つきのおばさんが出てきた。

もうここも店じまいしかけだったのか、湯が冷えていたらしく、ガスで加熱し始めて、だいぶ待たされた。普通はすぐに出来上がるのだが。

それでできたのがこれ。

市場でクイティオ。隣の人の丼は大きくて面も2倍くらいあった。

しばらくして、隣にも客が2人座って食べ始めたのを見ると、お椀が大きく、麺がたっぷり入っていた。

それでいくらかと尋ねると、どちらも35฿という。

こちらが食べ終わってあらためて麺量を上から確認してみると、やっぱりぜんぜん違う量の多さ。

これが35฿ならこちらの小椀なら20฿だよ、といわざるをえなかった。

向こうもそうしろ、という態度だから20฿だけ払おうと小銭を探したが足りなかった。

 

それで100฿紙幣を取られてお釣りは70฿。5฿だけ減額されていた。

支那人らしい気持ち悪い結末となった。

 

そもそも桂林の支那人はこんなせこい盛り方はしないのだ。

 

 

 

この時はその店の写真は攝らなかったのだが、前回訪問時には撮っていてまさにそのおばさんが写っていた。

  • ドイトゥン近くの標高1400mぐらいのところに植物園があり、そこから2km下るとアカ族の村Lise があった。 地図にはキャンプ場と書いてあったがそれらしい施設はなく、広場でもどこでも勝手にキャンプできるかもね、という感じであった。トイレの水は出なかった。 小さな集落で歩き始めると、犬が何匹も吠えながら寄ってくる。そんな難所が5回くらいあった。 メーチャンの温泉街近くのアカ族の村でも犬によく吠えられた。 これはアカ族村で共通のようだ。 人々のあまり友好的でない雰囲気に合致する。十字架を頂いた小さな切支丹教会堂もあった。 プレシピタリアン派と書いてある。朝鮮人が2015年に立てたとステッカーが貼ってある。 朝鮮資本で建てられている点も赤族村に共通らしい。 セメント舗装の坂道で、歩ける距離は総計...
  • 2679年10月24日

    水が化学臭い

    3週間目になるアパートの水が化学臭いということが明らかになってきた。 シャワーの水お湯は勢いよく出るが、これも化学臭い。 肌から化学物質が吸収されるだろう。 ご飯を炊く水道の水も化学臭いから、米を洗うだけにして炊く水は温泉水を使用している。 今日、炭焼しているところで屑炭をもらってきて、ご飯を炊くときに炊飯器に炭を入れて炊いてみた。 すると、煮たぎって吹き出してきた 昨日までは水が多かった時でも吹き出すことはなかった。炊きあがりは随分と柔らかくなった。 今日汲んできた温泉水6リットルのボトルにも炭を入れてみた。 この温泉水は少し硫黄っぽい臭味がする。 化学臭の原因は、このアパートのプラスチックタンクにあるのだろう。 その...
  • 2679年10月22日

    Aukey 製品は買わない方がよい

    去年の6月にShoppee で買ったQC3規格の携帯バッテリー PB-T15 が壊れて充電ができなくなった。 Shoppee の販売店Beyond Gadgetにチャットでクレームすると、1年半の保証期間内だが、送料と修理費用を購入者が負担しないといけないから新規購入をすすめる、といってきて無反応になった。 保証書には、送料の負担はあるが修理費用の負担などは記されていない。修理費用まで購入者に負担させると言うならば、保証とはいえない。 この保証書にあるメールアドレス support@crdcclub.com にメールしたが、返答はなかった。 aukey.co.th のFacebookメッセンジャーでメールしたが、返答なし。 aukey.com サイトからもメールし...
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の午後にできていた。 火曜日に取りに行った。 今回のリタイヤメントビザの更新では、80万バーツ以上の預金条件を丁度ビザ有効期限の2ヶ月前に満たしておいた。 11日前に新パスポートへのビザ転記手続きのためにメーサイのイミグレに行き、転記後にビザの更新もできるかと思って申請書類を出したら、まだ2ヶ月に満たないからだめだと追い返された。 昨年のビザ更新後にすぐに車を購入したから預金残高はずっと15万バーツ前後で推移していた。 今年3月からの新ルールでは40万฿を下回る月があっ...
  • 2679年10月14日

    パトゥン登山2回目、宿り花

    朝の温泉浴後、登山道入り口まで車で移動して、ジョギング開始。 10ヶ月ぶり2回目の登山になる。 上り坂になると歩きになる。 汗だくゼーゼーになる。 途中でシャツを脱いで汗を絞る。下りは別ルートにしてみる。周遊コース。下り途中でスマホのバッテリーが切れた。 雨が降り出して泥んこ道になった。 車道に出て民家の軒先で雨宿ること1~2時間ぐらい。 出発点に置いた車に戻ったのは午後1時30頃だった。南部スラタニに住んでいると、こんな豪快な登山ハイキングができないのが物足りない。 カオルアン、ナコンシタマラト、キリウォンあたりならできるかも。パトゥン里山登山:メーチャン  家からの眺望。登ってきた山 かねてから登ってみたいと思っていた毎日眺...
  • 2679年10月12日

    メーチャンのカブトムシ発見

    朝の5時過ぎ、まだ暗い中、温泉に行くために車に近づくと、車を出すと引かれてしまいそうな砂利の上にカブトムシがいた。 見かけは日本のカブトムシに似ていると思ったら、写真をよく見比べてみると、下の角が上よりも短い。 それに上の角の根元が太い。 日本のカブトムシは下の角がずっと長い。 チェンライのメーチャンMae Chanの山に生息するカブトムシだから、メーチャンカブトムシと名付けよう。
  • スラタニからチェンライまで戻ってきた。 17日間かかった。 また、パトゥン温泉のあるメーチャンMae Chanに落ち着いた。 運動不足で体のなまりを感じる。朝ジョグでドイトン佛道院 Doi Ton Monastery สำนักสงฆ์ดอยโตน 界隈に行ってきた。 小高い山の上にある。 Monastery = 修道院 =佛道院というが、佛僧は多くないようだ。 ンゴ=ランブータンの実が道に落ちている。 赤い実のンゴの果樹園が広がる。 ンゴは市場で買うと、干からびていて皮を剥くと白い実の回りに水分、汁が少ないことが多い。 木に付いているンゴの実のもぎたては、水分が多く、旨味がある。 ンゴは鮮度が命といえる。 干からびたンゴはもはや買わないほうが良い。メーチャン...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふさわしい温泉である。 温泉土管のある川の真ん中まで、ざぶざぶと膝までの深さの川を歩いてたどり着く。 湯温は40度ぐらい。 2日連続で朝6時半頃に来たら、同じ3女がいただけで他には誰も来なかった。 お湯を利用できるのは同時に3人~5人でいっぱい。環境は良い。静か。周りはロンコン、ンゴ(ランブータン)等の果樹園が広がる。パッタルン~トラン街道を通るなら立ち寄ってもいい湯である。 4kmの寄り道になるだけ。雨季は沈む 今回は、...

タイ カテゴリ人気記事 Views most

タイ・支那 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理