ツルツル度最高級のパトゥン温泉

メーチャンの温泉には2年前に来ているが、その時は無料エリアで入浴する気になれなかった。

ゆで卵ができるくらい熱い温泉であった。

長い足湯のところで手で触るのみだった。

それであまりいい印象はなかった。

タイの温泉ランキングにも載せ忘れていたくらいであった。

 

だが、この温泉を特級クラスに入れざるをえない時が来た。

 

パトゥン温泉

 

チェンライの北30kmのメーチャンの温泉は Pa Tueng パトゥン温泉というのが正式らしい。

実際にはメーチャンから7km離れていて、この辺はパトゥンという地名だから。

 

個室風呂は100฿

 

今回は夜通しの雨の朝の誰もいない7時ごろに段々湯のところで全身入浴を試みた。

これが丁度いいぬる湯で、肌触りがツルツル・スベスベの湯であった。

タイの温泉でおそらく一番ツルツル度が高いのではなかろうか。

重曹系のアルカリ性なのだろう。

日本の温泉のように成分分析表などはないから、経験から推測するしかない。

日本なら美人の湯である。

 

この日の朝7時頃は丁度よいぬる湯だった。ツルツル度が最高

 

熱すぎる湯

この時の感激が忘れられすに、その後毎朝来ているのだが、雨夜の朝でもぬるくならない。

ぬるくなるかならぬかは10cm四方の湯の流入口をふさぐかふさがないかによっている。

その穴を白い発砲スチロール系の皿などで塞ぐと流入量が少なくなり、湯温が下がる。

しかし、来てから、穴を塞いだとしても、湯温が下がるのに時間がかかる。待ちきれない。

それである程度熱くても全身浴してすぐに帰るほうがよい。

 

一番いいのは大元の湯の流入量を半減してくれればいいのだが。

こちらがわざわざ穴を塞ぐ手間を掛けることなくぬる湯ができる。

 

現状では最下流段の湯槽でも熱すぎる状態。

これを7段の最下流段ではぬる過ぎ、最上段では熱すぎになればよい。

 

前夜の最後に誰かが穴を塞いだまま帰ってくれていれば、朝一番に来た時に長湯できるほどのぬるさに奴っている時が稀にある。

 

基本的にここは24時間利用可能な状態である。

 

縦に長いだけなのもいけない。

横幅を倍以上にすれば冷却効果も倍増するし、多人数が入りやすくなるのだが。

 

その後の改善

穴が塞がった。だいぶ熱さが軽減された

毎日のようにプラスチックや石を詰め込んだりしていたら、ある時流出湯量が少なくなってぬるくなった。

がそれも長続きせず、また流出口が大きくなって熱すぎになったりしていた。

その後、石を詰め込まれないように塞がれていた。

これでだいぶ熱さが軽減された。

今では、以前のように熱すぎて入れないほどのことはなくなった。

 

日本人が毎朝来るようになって2週間で湯音熱すぎ問題の根本的な解決が完了した。


24時間いつでも無料

パトゥン温泉の無料エリアの段々湯は24時間いつでも入浴可能である。

照明も夜通し点いている。

久しぶりに Bandu の温泉は朝6時に行くと真っ暗だった。

5人ぐらい先客いた。

オフィスには明かりが点いていたのに。温泉プールは真っ暗。

Banduの温泉プールは午後6時になると湯を抜かれて清掃モードになる。

湯の入れ替わりが遅いから午後には汚くて入る気になれない。

 

パトゥン温泉も人が多いと午後には下段の湯は濁ってしまうが、湯のかけ流し量が多いのでBanduよりはましな状況。

 

 

  • 前回入湯できなかった、シンコン温泉、Singkhon Cave 温泉を再訪した。 昼間の10時半頃着くと、温泉脇の屋根下で集会していて拡声器が鳴り響いていた。 温泉の周りには誰もいなかった。 環境は良い。 パイプの構造、連結が良くできていて、左下の黒女性のいる個別沐浴槽には栓を開けた時だけ勢いよく湯が注ぎ込まれるようになっている。湯は十分熱く、気持ちのよい温泉であった。シンコン温泉の すぐ東側にシンコン洞窟があり、洞窟内冷気で涼むのに良い。 シンコン温泉とクロンナムサイ湧水スラタニでまた温泉を発見した。クロンナムサイ Klong Nam Sai คลองน้ำใส  湧水の近くに温泉があった。クロンナムサ...
  • バンスアンマック・ラムシン温泉 (บ่อน้ำร้อนบ้านสวนหมาก ลำสินธุ์ Ban Suan Mak Lam Sin Hot Spring)はまさに川の中にあり、川中温泉と呼ぶにふさわしい温泉である。 温泉土管のある川の真ん中まで、ざぶざぶと膝までの深さの川を歩いてたどり着く。 湯温は40度ぐらい。 2日連続で朝6時半頃に来たら、同じ3女がいただけで他には誰も来なかった。 お湯を利用できるのは同時に3人~5人でいっぱい。環境は良い。静か。周りはロンコン、ンゴ(ランブータン)等の果樹園が広がる。パッタルン~トラン街道を通るなら立ち寄ってもいい湯である。 4kmの寄り道になるだけ。雨季は沈む 今回は、...
  • 今朝のジョギング中、いつもの広大な工事現場から湯気が立ち上っているのを見つけた。ここの現場監督が同じ宿にいて、聞いてみると、1週間前には見つかっていたという。 風邪引いて、丁度この1週間は外に出ていないので見過ごしていた。 今日、湯船を作るというので見てきた。 土管が3つあって、それを積み重ねるだけだった。 周りを土で埋めればつなぎ目からの水漏れもなくなるのだろう。 とりあえずは一人用の湯船ができた。 ドラム缶よりは大きい。工事現場の東屋でキャンプ生活している人達にとって、利用価値が高い温泉源になるだろう。 この工事は、油椰子畑を造成しているのではなくて、灌漑施設と観光用施設を作っているらしい。 このジョギングコースがセメントで舗装...
  • スラタニでまた温泉を発見した。 クロンナムサイ Klong Nam Sai คลองน้ำใส  湧水の近くに温泉があった。 クロンナムサイは、運河・水・清=清水川というような意味。 雨の日でも清らかな湧水が流れている。 クロンナムサイ場所はここ:クロンナムサイから東3kmのところに温泉がある。 Singkhon Cave =シンコン洞窟村にあるのでシンコン温泉と呼ぼう。 湯は40度前後でちょうどよい温度。 16:30頃、女ばかり湯浴みしていた。この日は入浴道具を携帯していなかったので入浴は断念した。 あらためて来るだろうから。この温泉は、まだ地図にも載っていない秘湯。 スラタニで3つ目の温泉。 あ...
  • ロマニー温泉 を去り、プライポ温泉 Plai-Poo ธารน้ำพุร้อนปลายพู่ に向かう。約20km。 空は曇ってきた。雨に向かう様子。 風が強まり、着いてからすぐに雨が降り出したので車で待機。 売店、喫茶もある。 翌朝 ここが一番マトモな温泉浴ができる。 底から表面まで温度が均一。41度くらいか。 土嚢で塞き止められた土嚢温泉。 
  • 2679年6月7日

    ロマニー温泉 :パンガ

    ラノンからクラビに走る途中、パンガ県の内陸部にロマニー温泉 Rommanee Hot Springs บ่อน้ำพุร้อนรมณีย์ がある。 ここは丁度暑い昼下がりに着いて、熱い湯には手で触れるだけにしておいた。 日没時に着いたなら20฿払って入湯したかもしれない。入園料は20฿だが、50฿券も見えたので外人と見れば50฿なのだろう。 併設の室内温泉付きのバンガローは1200฿。 売っていた蜂蜜は700฿と高すぎ。 プールも全体的に小奇麗すぎる。 冷水池の中にも温泉源があって、そこからパイプで引いているようだ。そこから20kmのところに次の目的地のプライポ温泉 Plai-Pooがあるのでそちらに期待してロマニー...
  • 2679年6月7日

    タサトン温泉:スラタニ

    スラタニ Surat Thaniの南郊外30kmのところに、タサトン温泉 Tha Sathon Hot Spring บ่อน้ำพุร้อนท่าสะท้อน(又の名をラタナコサイ温泉 Rattana Kosai Hot Springบ่อน้ำร้อนรัตนโกสัย という)がある。 この地区はラタナコサイというらしい。 近くにタサトン寺、タサトン寺学校があるからその名前にもちなむ。 目次1 24時間無料2 長所3 短所 24時間無料 ここは無料で24時間利用できるようだ。 一応入り口に監視人がいるのだが、料金を徴収する気配はない。 車で来れば奥まで入れて、監視人を見ることもない。 マッサージもしていた。 庭園がすばらしい。 静かな環境。 時間帯によって、蚊は多い。 2槽流出冷却式に...
  • クラビに来たらクロントンの温泉カスケード近くで一泊し、早朝突破を試みた。 車で19時半ごろ温泉の入場門まで迫ると、厳重な警備態勢ですぐにUターン。 前回ももう少し明るい時間、6時過ぎの閉門後にバイクで来て、現地人と同じように無料で入れるかと思ったら、外人と見られて追い返されたので懲りている。 夜は近くの道端で車中泊、雨が降った。 目次1 早朝突破2 豊かな生態系 早朝突破 翌朝5時10分頃、まだ真っ暗だが、歩いて入門する。 どこの温泉でも5時にはもう一番客が来ている時間である。 右側詰め所から話し声がしていて、男が出てきそうになる。 この時間なら勤勉な門番でも普通は寝ていると思うが起きていてしかも大きな声で話している。 出てきた男に先手を打って、 パイティオダイマイ? (散歩に入っていいか?...

温泉タイ カテゴリ人気記事 Views most

温泉タイ カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理