観光客と旅人の違いがわかるタムコック

タンホアのビッグC前のバス停からハノイ行きのバスに乗ればニンビンのタムコック Tam Coc 近くで降りれる。

そこから2kmは歩くか、タクシーか。

タクシーはそこで待ち構えている。

 

タムコックではボート乗り場があって、やたらとファラン観光客がうろついていた。

タムコックはユネスコ世界遺産に登録されているだけで来る人が多いのだろう。

観光客と旅人の違い

タムコックのボート乗りチケット。ボート代15万+一人12万ドン

タムコックのボート乗りチケット。ボート代15万+一人12万ドン

 

チケットは5人乗りボートが15万ドンで追加一人あたり12万ドン。

外國人は2人までしか乗れないと書いてある。ベトナム人のボートには5人乗っていた。

一人で乗れば27万ドンかかる。

 

観光客なら迷わずにこれに乗ってしまうだろう。

旅人なら、ふざけるな!っと、まずこの湖畔ボートコースを歩いてみる。

そしてボートに乗りたければ、見かけたボートとの個別交渉で半額以下で乗ってしまうかもしれない。

こんなところに観光客と旅人の差があらわれる。

タムコックのボートに10万ドン以下で乗る方法

この地点まで歩く。

ここから割安途中乗車できる。

ここから割安途中乗車できる。

 

 

たまに一人しか乗っていないボートが来る。向こうから乗らないかと誘いがある。

値段は10万ドン以下になる。

一人のボートが来たらこちらから声をかけてみるのも良い。

ここから乗れば、ライフジャケットはないが、荒れた川でもないから大丈夫だろう。

 

ここからでも良い。

ここよい休憩所ベンチ

ここよい休憩所ベンチ

 

 

実際のところ、流れてくるボートが多すぎて乗る気がしないほどであった。

そんな中では興ざめである。

2時間以上かかる。朝一番ならいいかもしれない。

 

タムコックのホテルはTHIEN TRUONG AN Resort 15万ドン

タムコックのホテルは湖畔に近いところは高い。

ドミトリーなのに40万とか。

THIEN TRUONG AN Resort 15万ドン

THIEN TRUONG AN Resort 15万ドン

歩いて近づいていると、THIEN TRUONG AN Resort の前に居た男がホテルを見せたいらしいから見てみた。25万→20万→15万ドンになった。

3階の部屋は小さいが一人個室で15万ドンは他に見つからなかった。

ちょっと換気が問題で下水の匂いが部屋に侵入しているようだった。

トイレの換気扇は外から内側に回っていた。

ドア、窓を開けて風通しで換気をよくしてなんとかしのぐ。

WiFiスピードは25Mbps以上出ていた。

1kg100円以下でないと買わない食料調達ルール

市場前まで行ってフルーツ、ミカンを2kg4万ドン、マンゴー2kg 4万ドンで買う。

みかんは2万ドンkgになる

みかんは2万ドンkgになる

3万ドンと最初は言ってくるがどれもこれも2万ドンになる。

これは1kg100円以下でないと買わないという國際食料調達ルールを適用した結果でもある。

マンゴーも2万ドンになる

マンゴーも2万ドンになる

このマンゴはなかなかうまかった。

 

タムコックの小さな市場はここ:

 

ニンビンはバイクを借りるのによいところ

タムコックにはレンタルバイク、自転車の店がいくつもある。

相場は1日10万ドン。24時間制にすると12万ドンになる。

 

後でニンビンの鉄道駅に行ってみたら、駅前にもレンタルバイク屋があってそこでは5泊6日間で45万ドンから50万ドンでのオファーがあったが結局今回は見送った。

 

  • ベトナム滞在2週間を終え、國境に戻ると車は無事だったが、日陰にしたくて木の下に置いていたために葉っぱなどの木の屑がたくさん溜まっていた。鳥の糞も混じっているだろう。雨も何度か降ったに違いない。 ワイパーでフロントガラスは部分的にはきれいになったので走れないことはない。 ラオス側に入って走っていると車を見て笑う人もいる。 長期間木の下に置いていると、葉っぱや鳥の糞の化学成分で車の塗料が変質する。 ガソリンもギリギリだったので15km先の初給油所で給油し、その前で洗車もしてもらった。 2万キープで外側のみ。 圧力噴射水器はあったがスポンジはなく、タオルで撫でるだけ。 終わってみると、天井の汚れは見逃されていた。 自分のスポンジでこびりついているところなども落とす。 タイの洗車サー...
  • 2週間前にバスでラオス國境ナメオNa Mèo からタンホア Thanh Hoá 終点 まで来た時には乗務員車検は30万ドンと言い、しばらく考え込んだ挙げ句、男の様子から信用できそだったのでラオスキープで同額払ってしまった。 目次1 誰も本当の値段を言わないベトナム2 ベトナムのバス料金は完全距離制 誰も本当の値段を言わないベトナム タンホアのバスターミナル終点に着いてから、窓口でナメオまでの運賃を尋ねると、25万ドンと紙に書いてくれた。 その紙を乗ってきたバスの車検男に見せると、値上がりしたのだ!と言い張って顔を赤らめて逃げていく。バスも外に移動した。ベトナムでバス運賃をボラれない方法ナメオ Na Mèo ~タンホア Thanh Hoá 間のバス運賃は25万ドン...
  • ベトナム最終日、ラオスに戻るバスに乗る前に1日散歩した。 一つにはBig-C ナムディンで買い損ねたサンダルの代わりを探すことだった。 タンホアのBig-Cにもあるだろうと思ったらなかった。品揃えが全然違う。 ナムディン店でいくつか買ったシャツはタンホア店にもニンビン店にもなかった。Big-C タンホアに着いて、荷物を預け、食べ、日曜日のタンホアを歩く。 まずは1.5km離れたところの市場。日曜日なのと昼過ぎていたのとでガラガラ感があったが営業中もまだ多い。この日初めて死んでいる人を見た。 ホームレスの行き倒れか。中心部には靴屋もたくさんあった。夕方、やっとタンホアの商業中心部に近づいてくると、モバイルショップが並ぶところがあり...
  • タンホア、ニンビン、ナムディンの街にはそれぞれビッグCスーパーマーケット、ショッピングセンターがあって、その前をバスが通過する。 この3都市からハノイや他の街に行くにはBig-Cで乗り降りするのが便利。 Big-C で降りたら、すぐに荷物を預けて街を散策・観光することもできる。夜10時まで開いている。無料WiFIもある。 食事も安価にできる。BigーCの近くには安宿もある。15万ドン~20万ドンで泊まれる。 他の街にもBig-Cがあるならばその前を長距離バスが通過するだろう。 Vinもそう。ちなみにこの3都市の中ではナムディンが一番大きく、Big-C も一番ビッグで品揃えが豊富。 靴、服など、ナムディン店にあっても他のBig-Cには無いものがた...
  • ベトナム最終日の夕刻、タンホアの中心部でモバイルショップが並ぶところがあり、スマホ、ギャラクシーGalaxy S8の割れたガラスの交換を打診してみたら130000ドン=1800฿=6300円で表と裏を交換できるというので、しかも当日2時間でできるというのでやってもらうことにした。 バンコクのMBKで前回交換した時は表だけで3000฿だった。裏は+500฿。Galaxy S8 の割れたガラス画面を交換 3000バーツ 1万円 交換後の残骸は持ち帰り不可バンコクのMBKでスマホ Garaxy S8 の割れたガラスを交換した。どこも3500~3200バーツだった。裏面ガラスの交換は500バーツ。3000に値切って表だけ交換してもらった。丁度10000円。日本では3万円...
  • 乾季だろうと思ってやってきた3月のベトナム北部はどんよりした曇の日ばかり。 海岸ではおどろおどろしい風も吹く。 雨も時々降る。 湿っぽい。 氣が滅入る。 調べると、ハノイ周辺のベトナム北部は季節風の影響で雲が溜まりやすい地帯らいしい。 日照時間が短い、というよりも全く無い。 ほとんど太陽が出ない日が続く。 東京よりも、中部ダナンよりもハノイの3月の日照時間は短く、ホーチミンの4分の1ぐらい。 雨の日が多いか否か、雨季か乾季か、よりも日照時間の多少を調べてから行くか行かないかを決めた方が良い。 ベトナム北部にこの時期2月、3月に来るのはやめたほうが良い。 気温は涼しいといえるが、湿っぽく、青空なく太陽がでないと気が沈む。 ホテルの部屋の中も湿っぽい。濡れた床が乾かない。 そのせいか、簡単に値下...
  • ベトナムの中小都市で現金を両替するには銀行に行く。 タイバーツも両替できるかもしれないが、レートが悪くスプレッドが大きいのでUSドルがいい。 今日、BIDVに行ってみたら、BIDVのホームページ掲載の両替レートよりも悪かった。 次に近くにあったMBとのイニシアルしかない銀行はミリタリーバンクだったが、そちらのほうがレートがよかった。 100ドルにつき1万ドンぐらいの差がある。 BIDV(Bank for Investment and Development of Vietnam ベトナム投資開発銀行)は外國為替系の銀行のくせに両替レートは悪い。 BIDVの銀行サービスは最悪のようだ。國営過ぎるのだろう。タイにもTMBという軍隊銀行があったがベトナムにもあることが認識できた。 ...
  • ナムディンはポルトガル人から切支丹教を伝道された地域らしく、古めかしく歴史を感じさせるカトリック教会堂も多い。よく見かける。1533年、丁度日本に切支丹ザビエルがやってきた頃。 その後のフランス植民地時代にはフラン式カトリック教会が多数建てられたのだろう。フランスは去ったが、カトリック切支丹の心は残った。 現在ベトナムには900万人ぐらいの切支丹がいて、アジアではフィリピン、朝鮮につぐ多さとなっている。 南ベトナム時代の大統領はカトリック切支丹で、佛教を弾圧して、佛教旗を揚げることを禁止したそうな。1963年には射殺する事件も起きている。 南ベトナム政府が滅ぶべき運命にあったのはそのせいだろう。 90%以上の佛教徒國民を敵に回す南ベ...

ベトナム カテゴリ人気記事 Views most

ベトナム・旅術 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理