ミャンマーのSIMカード事情:2015-8: 短期旅行者ならMPT

ミャンマーのSIMカードは、Telenor, MPT,Ooredoo の3つしかない。

Ooredooはカタール系、Telenorはノルウェー系である。

ベトナムでもTelenorのSIMを買ったのでなじみがある。

タイからミャンマーに入ってすぐ、どれにしようかと迷ったが,ネットで調べて今日こそ購入しようとDaweiの街を探し歩きはじめると、Telenorの専門ショップがあったので入ってそれに決めた。

SIMカードが、1500MMKチャット(150円)、それにデータ通信1.25GBを6600MMKで買った。SIMを買った後、まずトップアップ(チャージ)しなければネットパックも買えないので5000x2枚=10000MMKチャージした。すべて設定してくれる。

チャージカードは5000MMKが最小単位かと思ったが、1000MMKもあることが後にわかった。結局その後1ヶ月何もつかわなかったので3400MMK無駄になった。

Telenorは都市部では電波の問題はないが少し郊外に出るとだめになる。

旅路では都市部以外にいることも多く、つながらないことも多くなって、ゴールデンロックの街、KinpunでMPTのSIMカードを購入した。都市部ではどのカードも1500MMKで売っていたが、小町の店では2000MMKと少し高い。モバイルフォーン店で購入した。設定などは店員がやってくれる。ここでも1GBのInternet Packageを追加して通常の1MBあたり7.5MMKが課金されることを予防した。

 

 

MPTは日本のNTTのような立場の会社で通信設備網も広い。telenorがつながらないところでも繋がることが多かった。速度は遅いが。

 

短期の観光旅行者が選ぶならMPTだろう。やはりできるだけ広範囲でつながってくれたほうがいい。

ミャンマーの観光ビザは最長28日なので、入國後すぐにSIM購入しないともったいない。

 

Dawaiのマーケット

 

 

  • 楽天UNLIMIT で5GBの毎月の容量を超過すると、速度が1Mbpsに制限される。 このSIMカードを2枚、別々のスマホで使える場合には、どちらも1Mbpsの速度でデザリングできる。 これを1台のPCに同時にUSBデザリングで接続しても普通はどちらか一方の回線しか使用できずに最大1Mbps止まりである。この2つのSIM回線を束ねて高速化する方法が2つ見つかった。 目次1 Speedify を使う方法2 OpenMPTCProuter を使う方法 Speedify を使う方法 毎月5GBのデータ容量を無料で使える。Speedify - Fast, Secure, Reliable VPN for Individuals, Families & Team...
  • 2680年5月21日

    家の佛壇

    福岡県北九州市の両親の家の佛壇。 ミャンマーの佛教祭壇はあまりにもけばけばしかった。 クリスマスツリーのようなイルミネーションでピカピカと飾られていた。
  • リタイアメントビザの期限切れが迫り、メーサイまで更新に行ってきた。 パスポートも来年4月で有効期限切れだったから先にチェンマイの日本領事館でパスポートの更新をしてきた。 水曜日に申請して翌週の月曜日の午後にできていた。 火曜日に取りに行った。 今回のリタイヤメントビザの更新では、80万バーツ以上の預金条件を丁度ビザ有効期限の2ヶ月前に満たしておいた。 11日前に新パスポートへのビザ転記手続きのためにメーサイのイミグレに行き、転記後にビザの更新もできるかと思って申請書類を出したら、まだ2ヶ月に満たないからだめだと追い返された。 昨年のビザ更新後にすぐに車を購入したから預金残高はずっと15万バーツ前後で推移していた。 今年3月からの新ルールでは40万฿を下回る月があっ...
  • 今朝、いつものようにPCにUSBデザリングで、スマホのAISのSIMから4Mbpsのネットワークに接続したつもりが、ネットに繋がらない。 もしやと思い、AISからのSMSメッセージを見てみると、3日前に、昨日の24日までにトップアップしないとSIMの有効期限が切れるとの英語メッセージが来ていた。 SMSの通知はオフにしていて気づかなかった。 4Mbpsインターネット一年間の期限は来年1月まで残っているのに、それとは無関係にSIMカードの期限が設定されているようだ。 この期限を伸ばすには、10฿でもトップアップすれば1ヶ月伸びるのだが、毎月やるのはめんどくさい。 トップアップはスマホからオンラインでできるのだが、それにしても毎月やるのはめんどくさい。 10฿のトップアップを連続して何度も繰り返...
  • 今年の1月末からAISの4 Mbps 1年使い放題で2500฿のプランを使っている。 月あたり209฿の計算。 今の家はWiFi がなく、このAIS自前回線でしのいでいる。 スマホS8からWiFiデザリングでPCをネット接続している。 速度は下りも上りも4Mbps 以上でていて不満は言えない。 十分快適でほとんどストレスはないといえる。 Youtube 動画も問題なし。 自動なら720p の速度になってもたつかない。 1080p にすると追いつかない。動画がとぎれる。 1080p の動画をとぎれることなく視聴するには5Mbps以上が必要。 AISの6Mbps 3500฿ならいけそう。 これで4G電波の届くところなら、タイのどこでも快適なネット環境が得られる。 まとまった量の大きなサイズのファ...
  • タイ女性の染髪率、髪を染めている割合は高い。 調べてみると日本女性も染髪率は高いようだ。美容室でヘアカラーする女性は1855万人 | 理美容ニュース全国理美容製造者協会が発表したサロンユーザー調査2014年によると、ヘアカラーをしている女性は64.8%いて、そのうち美容室で施術している人は66.1%いる。人口数では1855万人の女性が美容室でヘアカラーをしていることになる。ribiyo-news.jpどちらが多いかというと、タイ人の方が多いのではなかろうか。タイで黒髪の女というと、高校生以下なのは日本女性と同じかもしれない。 それに比べてミャンマー女性の黒髪率は圧倒的に高く...
  •  バスターミナル前のアグリバンクでUSDをドンに両替できた。 タイバーツのレートは提示されていなかったのでできなさそう。その近くにMobifone 公式の大きな店があって、1年半前のSIMをチェックしてもらうと期限切れ。 新規SIMは5万ドンで前と同じ。 データープランも前と同じ5万ドン7GBにしようとしたら、5万ドン60GB30日のプランを勧められた。 毎日2GB使える。ヒンドや支那と同じ方式で1日あたりの上限 1~2GB。上限を超えると完全にストップ。 電話は別料金で使えるが、トップアップしないといけない。 合計10万ドン払って3,425ドンの残高。30日後に期限切れで再度同じプランを購入できるのかどうかは不明。 特別プロモーションプランなのかもしれない。...
  • 1年半ぶりにラオスのSIMが必要になった。 最初の小さな町の銀行で両替し、ユニテルUNITEL ショップが近かったので立ち寄って昔のSIMカードがまだ有効か調べてもらったらもう期限切れで死んでいた。 それでまた1万キープのSIMを購入。 300MB無料で付いてくる。ここですぐにMy Unitel アプリをダウンロードしてインストールすると500MBもらえる。

ミャンマー カテゴリ人気記事 Views most

sim・ビザ・マーケット・ミャンマー カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理