ミャンマーのSIMカード事情:2015-8: 短期旅行者ならMPT

ミャンマーのSIMカードは、Telenor, MPT,Ooredoo の3つしかない。

Ooredooはカタール系、Telenorはノルウェー系である。

ベトナムでもTelenorのSIMを買ったのでなじみがある。

タイからミャンマーに入ってすぐ、どれにしようかと迷ったが,ネットで調べて今日こそ購入しようとDaweiの街を探し歩きはじめると、Telenorの専門ショップがあったので入ってそれに決めた。

SIMカードが、1500MMKチャット(150円)、それにデータ通信1.25GBを6600MMKで買った。SIMを買った後、まずトップアップ(チャージ)しなければネットパックも買えないので5000x2枚=10000MMKチャージした。すべて設定してくれる。

チャージカードは5000MMKが最小単位かと思ったが、1000MMKもあることが後にわかった。結局その後1ヶ月何もつかわなかったので3400MMK無駄になった。

Telenorは都市部では電波の問題はないが少し郊外に出るとだめになる。

旅路では都市部以外にいることも多く、つながらないことも多くなって、ゴールデンロックの街、KinpunでMPTのSIMカードを購入した。都市部ではどのカードも1500MMKで売っていたが、小町の店では2000MMKと少し高い。モバイルフォーン店で購入した。設定などは店員がやってくれる。ここでも1GBのInternet Packageを追加して通常の1MBあたり7.5MMKが課金されることを予防した。

 

 

MPTは日本のNTTのような立場の会社で通信設備網も広い。telenorがつながらないところでも繋がることが多かった。速度は遅いが。

 

短期の観光旅行者が選ぶならMPTだろう。やはりできるだけ広範囲でつながってくれたほうがいい。

ミャンマーの観光ビザは最長28日なので、入國後すぐにSIM購入しないともったいない。

 

Dawaiのマーケット

 

 

  • モンパウン Mong Pawn မိုင်းပွန် を過ぎてナムサン へ山越え。霧雲の上に出る。 雲上のパゴダが見える。11月21日は祝日。National Day というが、由縁は不明。 Loil ...
  • カクパゴダ(カックー遺跡)からインレー湖へ山越えルートをとる。 10km短くなるが時間はずっとかかった。 対向車は全くなし。 気楽に走れる。 峠を超えて下り始めて休憩で少し歩くと花があった。 さらに細 ...
  • インレー湖に近づいた所で風邪の気配。 11月14日から8日ぶりのPC作業に戻った。 写真のPCコピー等。 今回の風邪は軽症で済ますことができたがフルコースをたどった。 喉の痛み→鼻水→咳 風邪で一番つ ...
  • インレー湖に突入する前に、タウンジの南方50kmの所にある、カク・パゴダ Kakku Pagodas に行く。 ここも小さな尖塔が林立する。 2000本以上あるらしいが、こういう形態の佛教建造物は多数 ...
  • Mwe Taw Kakku Pagodas Complex への近道の分岐の所にマハーミャムニ Mahar Myat Mu Ni という、きらびやかなパゴダが林立するのが見えるところがあった。 大木の ...
  • タウンジ北部の市場を出て車を走らせていると、混雑したレストランを発見して寄ってみた。 肉まん、麺類、お好み焼きなどメニューがいろいろある。 男の店員は注文を大声で叫ぶ。 威勢がよい店。お好み焼きに唐辛 ...
  • タウンジ Taunggyi တောင်ကြီးမြို့ の北部にも大きな市場があった。 今日、火曜日も連休の最終日になっているようだ。 そのためなのか、市場の内部は閉まっている店も多く見えた。 ...
  • Shwe Bone Pwint Pagoda ရွှေဘုန်းပွင့်ဘုရား には昨夕来ていたのだが、ロイクラトンの夕日時で大混雑して車が500m手前まで道の両側に駐車していてアクセス困難に見 ...

タグクラウド

ミャンマー カテゴリ人気記事 Views most

sim・ビザ・マーケット・ミャンマー カテゴリ人気記事 月間

20151007

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 3
20151007