Concrete5 をインストール CentOS 7 +Webmin+Mysql

今時のCMSを調べてみると、Wordpress の他に、Concrete5 、Modx、Drupal 等があった。Concrete5 を使ってみることにした。

お名前コムVPS、CentOS Linux 7.1 +Webmin1.770+Mysql5.5.44+PHP 5.4.16

にConcrete5 をインストールしてみたら成功した。 めったにデーターベースの作成など、Mysqlをいじらない人にとっては、データーベースの作成、設定が一番とっつきにくいと思う。次の手順を踏めば簡単である。基本的にwordpress インストールの時と同じである。

 

1. Mysql データベースの新規作成、ユーザー設定

いろいろな方法があるが、Webmin コントロールパネルから作成する。Webminがインストールされていない場合は、Webminをインストールするか、mysqladminなどのツールを使用する。

 

  •  https://MyServer例.net:10000/

 

にアクセスしてWebminにログインする。

 

 

左サイドバーのサーバ→MySQL データベース サーバ

を開く。

新規データベースを作成→ で左のように作成する。名前はconcrete5でなくても良い。

 

 

ユーザーの許可をクリックし、

左のように新規ユーザーを作成する。「設定先」にはパスワードを入力する。

ホストは、localhost と入力する。「作成」をクリックする。 ユーザー名は、サーバー内の既存のユーザー名である必要はない。/etc/passwd のユーザー名とは関係ない。

 

次に「データベースの許可」の設定

 

左のようにデータベースの許可を設定する。

ホストは任意で。

「保存」して終了。

次に

php.iniを編集する。

左サイドバーのその他」→PHP Configuration→ Edit Configuration Manually をクリック。

ファイルの最後に次の11行を追加する。

; concrete5 
cgi.fix_pathinfo=1 
default_charaset = UTF8 
mbstring.language = neutral 
mbstring.internal_encoding = UTF-8 
mbstring.http_input = auto 
mbstring.http_output =  UTF-8 
iconv.input_encoding = UTF-8 
iconv.internal_encoding = UTF-8 
iconv.output_encoding = UTF-8 
date.timezone = "Asia/Tokyo"

ここまでで準備完了。

 

2. Concrete5 最新版ダウンロード。

サーバーにSSHログインして wgetした方が速い

wget http://www.concrete5.org/download_file/-/view/82243/concrete5.7.5.2.zip unzip concrete5.7.5.2.zip mv concrete5.7.5.2 concrete5 chown -R user.group  concrete5

user.group はサーバー上での自分のユーザ名、グループ名に変更する。

フォルダー名をconcrete5.7.5.2からconcrete5に変更してアクセスしやすいようにする。

* https://makotoiwasaki.com/concrete5/index.php

のように、自分のサーバーの concrete5 にアクセするとインストール画面がでるので進める。

インストール作業 :: concrete5 Japan 日本語公式サイト

 

このように、パーミッションエラーが出たら、該当フォルダーのパーミッションを、757などに変更して書き込み可能にする。

 

緑色のフォルダーのパーミションを757に変更。 緑色のフォルダーのパーミションを757に変更。 データーベース情報のサーバーは Localhost にする。 インストールが終わったらいろいろいじってみるうちに、URL からindex.php を隠したいと思ったら、

「index.php」を隠す、プリティーURLの設定方法 :: concrete5 Japan 日本語公式サイト

 

ログアウトしてログイン画面を再び表示できなくなったら、次のように、URLの最後に /login/ を追加することを確認する。

 

例) http://www.example.com の場合
http://example.com/index.php/login/

または http://example.com/concrete5/login/

多言語サポート設定 がわかりにくかったので調べてみたが、なかなか出てこなかった。このマニュアルには掲載されていなかった。

Concrete5 マニュアル 5.7 :: concrete5 Japan 日本語公式サイト

英語版: concrete5 :: Editor's Guide 5.7+

 

ここにあった。わかりやすい。

Working with the Internationalization in Concrete5 | Web Hosting Hub

 

参考:Search for "concrete5" | アルケミスタの住人

  • Kusanagi WordPress プラットフォームでは Fcache とBcache がある。 Fcache とはNginx ヱブサーバーのキャッシュ機能であり、Kusanagi の独自機能ではな ...
  • 目次 1 HTTPD アクセスログの日本語化 2 Logwatch も日本語化 HTTPD アクセスログの日本語化 Nginx,  Apache ヱブサーバーのアクセスログを見ると、日本語URLはエン ...
  • Google Cloud Platform のGoogle Compute Engine のインスタンスを標準のHDD ハードディスクで作成してしまった。 その後、SSDに変更したい場合はどうすればよ ...
  • Google Cloud Platform上の コンピュートエンジンのインスタンス、LinuxサーバーをWebmin から、約60のソフトウェアのアップデートをしようとしたら、新カーネルのインストール ...
  • VirtualBox を 5.2.22 にアップグレードしたからか、 突然、vagrant up しても起動しなくなった。 SSH auth method: private key のところで止まる。 ...
  • 既存の Kusanagi の Nginx にGoogle の PageSpeed モジュールを追加してみた。 PageSpeed Module | Google Developers The Page ...
  • Dolphin ファイルマネージャーをシングルクリックで開けるのは、KDE系のデスクトップのみである。 Cinnamon、Gnome デスクトップではファイルやフォルダーをシングルクリックでは開けない ...

タグクラウド

concrete5 カテゴリ人気記事 Views most

blogger・concrete5・Linux・サーバー カテゴリ人気記事 月間

20151113

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 3
20151113