不老長寿のムベの実狩り

庭の山柿が色づいてきて、そろそろ収穫しないと甘くなって鳥か猿に獲られてしまいそうな季節になった。

渋柿だが、放っておけば最後には熟して甘くなる。

もう収穫して、常温で放置しておけば甘くなる。

尾根の柿。3mのハサミでも届かない。

尾根の柿。3mのハサミでも届かない。

 

裏山にも柿の木があって、3日前に登ってみたら尾根に2本の柿の木に実がたくさん着いていた。

手の届かない高いところに成っているので、今朝は全長3mの高枝鋏を携帯していったがそれでもとどかない。

背が高くて届かない。

背が高くて柿に届かない。

獣道を横旋回歩いていくと、日当たりの良いところに柿の木が6本ぐらい連なっているところがあった。それも背が高くてひょろ長くてとても届かない。

戻って全長5.4mの高枝鋏をアマゾンで注文したが届くのは支那から2週間はかかりそう。これ以上長い高枝切鋏は見つからなかった。2㎏あって重いという評価があるがしかたない。

午後3時すぎからは林道先のムベの実の取り込みに。

久しぶりにここまで来てみるとムベの大群があった。

いつもの朝ジョグ林道コースの終点近くにムベ発見。15時

いつもの朝ジョグ林道コースの終点近くにムベ発見。15時


3個ぐらい届いて採れた。

3個ぐらい届いて採れた。

近くで放置されていた簡易ハシゴを発見して大接近できた。。

ムベの大群に接近。

ムベの大群に接近。

 

大漁。1.58㎏だった。その場で食べたのもある

ムベの大猟。1.58㎏だった。その場で食べたのもある。

山のフルーツ。

むべの狩り時は10月末と覚えておこう。

 

アケビとは違い、独特の甘みがある。

アケビは熟すと実が開くが、ムベは紫い色に色づくだけで開かない。

開かないが鳥はつついて食べているのもある。

ムベの実は甘い。独特な甘み。10月27日。

ムベの実は甘い。独特な甘み。10月27日。

不老長寿の実だそうな。

 

不老長寿伝説~天智天皇のむべなるかな~

蒲生野に狩りに出かけた天智天皇がこの地で、8人の子供を持つ大変元気で健康的な老夫婦に出会いました。
天智天皇がこの老夫婦に、「汝ら如何に斯く長寿ぞ」と長寿の秘訣を尋ねたところ、老夫婦は、「この地で取れる無病長寿の霊果を毎年秋に食します」と言いながら、ひとつの果実を差し出しました。それならば食べてみようと天智天皇もその果物を一口食べました。すると、「むべなるかな(もっともであるな)」と一言天皇はおっしゃったのです。
この時に発した「むべ」という言葉がそのまま果物の名前の由来となりました。
そして、これより朝廷に毎年献上することになったのです。

10世紀の法典集「延喜式」31巻には、諸国からの供え物を紹介した「宮内省諸国例貢御贄(れいくみにえ)」の段に、近江の国から「ムベ」がフナ、マスなど、琵琶湖の魚と一緒に朝廷へ献上されていたという記録が残っています。
以後、北津田町は朝廷や幕府からの賦役の免除、献上の道中に帯刀するなどの恩典を受けました。献上は1982年まで続きました。また天智天皇を祭神とする大津市の近江神宮へも1940年の創祀(そうし)以来、毎年献納を続けています。

 

 

 

 

 

 

  • テレビを見ている人に惑血ワクチン=毒を射たないように教示しても無駄であった。遠くの家族近親者でも。 薬物依存者で定期的に病院通いしている人も、医院に薬を売ってもらいに行ったついでにワクチンに誘惑されるという事例もある。毎日のようにテレビを見ていなかったらワクチン詐欺にかかって殺されるということも少なくなるだろう。 テレビを見ないというだけでは十分ではない。家にテレビを所有していると、同居者がテレビを見て被爆する危険性もある。 薬物中毒者、惑血中毒者がどんどん増える。テレビを所有しない、ということ以上に生き延びるために必要な訓戒はない。 テレビを所有していない人のワクチン接種率はどのくらいだろうか。 目次1 生き延びるためのサバイバル十戒2 毒食人種が淘汰される...
  • 無農薬玄米がなくなったので、5月28日からスパゲティ食を始めた。 穀物のkg単価を比べるとスパゲティが一番安かったから。g 価格/1kg 白米 400 玄米無農薬 600 パスタ 237 じゃがいも 80 豆腐 400 70 175 納豆 120 60 500 ハトムギ 2,754ヨドバシではラトビア産のスパゲティが 237円/kg で5kg 試し買いした。ヨドバシ.com - トマトコーポレーション スパゲッティ 1.7mm(ラトビア産) 1000g 通販【全品無料配達】デュラム小麦のセモリナ100%を使用しております。ヨドバシ.com
  • 2681年4月22日

    納豆と豆腐

    3キロ圏内にあるAコープで、2週間ぶりの買い出しで買ったのがこれだけ。これで2週間分ぐらい凌げそう。 消費期限当日の品は半額になっている。午前中に行くと、いつもいくつか半額のものがある。大きなスーパーは15kmぐらい離れていて行く気がしない。野菜は、畑に高菜、大根などができている。 クローバー、カタバミなどの野草も混ぜて味噌汁の具になっている。タイでは熱帯フルーツ三昧だったが日本ではフルーツは高すぎて買う気しない。 米は熊本産の無農薬玄米にしている。わたなべさんのは合鴨農法らしい。 【厳選米ドットコム】わたなべさんちのコシヒカリ(熊本県産)gensenmai.com
  • 2681年4月14日

    天然醸造の味噌・醤油

    醤油の本醸造と天然醸造は異なる。 本醸造には添加物が入る。 天然醸造の方がよい。 醤油には小麦が、味噌には大麦が使用される。天然醸造の醤油 九州産の無農薬大豆と無農薬小麦を使用した、濃口しょうゆ:松合食品株式会社栽培期間中に農薬と化学肥料を使わずに栽培された九州産丸大豆と九州産小麦、ミネラル豊富な天日塩を使用しております。添加物、遺伝子組換大豆を一切使用していない九州産にこだわった濃口丸大豆しょうゆです。【丸大豆しょうゆとは?】大豆そのままのものを「丸大豆」、しょうゆの原料用として大豆から油をとりのぞいたものを「脱脂加工大豆」と呼びます。昔は、しょうゆの主原料の大豆には丸大豆が使用されましたが、丸大豆には油脂が含まれており、しょうゆの諸味をしぼった生揚しょうゆ...
  • 2680年11月15日

    山の柿狩り

    裏山の柿の実の色が目立ってきた。 もう熟して鳥に食べられているところもあるようだ。 5mの長いハサミを携えて、急斜面を登る。 低いところに実がついていた柿の木があった。 まだ全部固くて渋い。 熟しているのはなかった。 しばらく柔らかくなるまで放置しておけば最後は甘くなる。
  • 2680年11月15日

    山の幸狩り

    11月2日の山散歩。 むべ、ノササゲ、ヒラタケ、柿など発見採集。 この季節は小さなダニが多いようだ。 油断禁物。 白い服着て発見しやすくすべし。
  • 2680年9月20日

    栗がボタボタ落ちてくる

    台風去って、栗がだいぶやらて落とされたのかと思ったら、今頃大粒の栗が落ちてくるようになった。 小粒の栗の木から先に落ちていた。 最近は大粒の栗。 イノシシも夜、昼出てくる。夜にはアナグマも食べに来ているのだろうが、まだ出会えない。 イノシシは栗を生で食べてる。栗は茹でるよりも、焼く、煎るのが一番うまい食べ方なのだろう。栗は弱火でこんがり焼いて食べる栗は焚き火の弱火、炭火でこんがり長く焼いて食べるのがいい。皮がむきやすくなる。とってきた栗は、まず天日で干すといい。それだけでも皮をむいて食べるといい感じになる。皮を剥ぐとこんな感じになるのがいい。ラーメンく~たのとんこつラーメン。 大盛り + 替え玉無料信旅h...
  • しとしと長雨続きでキノコがのこのこ出ている。 林道坂ジョグコース沿いにキノコ刈りしてきた。 宮崎の北川町、基本的に照葉樹林帯。シイ、カシ等の雑木山。 標高60m~300m。 上の方、所々に松もある。 急斜面以外は杉の植林が タマゴタケがひときわ綺麗あざやか。 松の木の下に多いスポンジ系ヌメリイグチ。 味噌汁にするとヌメリがいい。シロオニタケはいかにも毒々しく食べる気しないが、食べて死んだとか、苦しんだとかいう人の記録はないらしい。誰も食べる気しないのだろう。帰ってすぐにネットと、「宮崎のきのこ」という本でキノコの鑑定を始めた。 ...

食物 カテゴリ人気記事 Views most

食物 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理