ヒアム温泉はかぶり湯のみ:ラオス

ムアンヒアムMeuang Hiam =ヒアム村にある温泉には朝8時40分に着いた。

ナムエ プーロイ自然保護区のビジターセンターNam Et - Phou Louey National Protected Area Headquarters & Visitor Center のすぐ近くにある。

幹線道路から2kmぐらい離れている。

 

入園料はラオス人5000K, 外人1万Kの差別価格。

 

ここには全身入浴できるプールはなかった。

楕円の浴槽は空っぽだった。

温泉池は近寄り難く、入湯困難だった。

湯浴びする男あり

湯浴びする男あり

いくつものパイプから湯が出ているところがあり、シャワーのように利用することができるだけであった。

 

 

源泉は100℃近い。

シャワー湯の温度は41℃くらい。

 

この湯で大プールがあればくつろげるのだが、そんな温泉の利用方法はラオス人には想像できない。

集落から近く、ゲストハウスもあり、長期滞在も可能になる。

 

  • ノンケウ Nong Kheawを通過する。 5年前の8月11日にここに来たのでなつかしく一服する。 3月の乾季で乾燥、空気は煙濁っている。 ビールは12000K、 ヌードルは15000で外人割増価格の ...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • またアスファルト垂れ流し工事現場に遭遇した。 今度は完全封鎖で通行止め30分。 その間に炊き終わったご飯を食べるのも悪くない。 液状のアスファルトを踏むとタイヤから車体の塗料に飛び散ってこびりつくので ...
  • サムヌアまで80km、来た道を戻る。 太陽が眩しい。 ベトナムではずっと太陽がでなかった。ビエンサイの市場に寄って両替しようかと思ったら銀行よりレートが悪かったのでやめた。 目次 1 タイバーツの両替 ...
  • ベトナム滞在2週間を終え、國境に戻ると車は無事だったが、日陰にしたくて木の下に置いていたために葉っぱなどの木の屑がたくさん溜まっていた。鳥の糞も混じっているだろう。雨も何度か降ったに違いない。 ワイパ ...
  • ナメオ Na Mèo ~タンホア Thanh Hoá 間のバス運賃は25万ドンであるが、30万ドン取られてしまった。 たった200kmなのに、30万ドン=400฿もするのは高すぎるのだが。 25万ドン ...
  • ラオス・ベトナム國境、Ban Na Mang ⇔ Na Mèo はバイクに乗ったファランがよく走っている。 ラオス側についた時は13:20分ごろで、アメリカ人とポーランド人のバイカーがいた。 ベトナ ...
  • サムヌアからベトナムの國境Ban Na Mangまでは約80kmだが、途中30kmのところにビエンサイ Viengxay という街があり、そこに洞窟が無数にある。第二次インドシナ戦争、ラオス・アメリ ...

タグクラウド

温泉ラオス カテゴリ人気記事 Views most

ラオス・温泉ラオス カテゴリ人気記事 月間

20190315

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 35
20190315