バンサン温泉:ムアンカム

ムアンカム Muang Kham のもう一つの温泉は自称Small Hot spring と言っているが、一般名詞過ぎるので地名を付けて、バンサン温泉Ban Sang と呼ぶことにする。

バーンは村、サン村温泉と言っても良い。

Small Hot spring Ban Xang

Google Map には Baw Noi Hot Springs と登録されている。

Baw Noi とはラオス語で小さな温泉という意味であろう。

実際に見てみると、とりわけ小さいとか言えるほどのものでもない。

どこかと比較したいのだろう。

 

 

道案内板では、Small Hot spring Ban Xang とあった。

ラオスではSをXと書きたがる。

源泉は高温、最下段でも触ると熱い。

46℃くらいか。

熱すぎてだめだと思ったら、流れ出るお湯が大きな川の堰き止め部分から漏れてくる水と混ざって冷めて流れていく下流15mのところにお湯たまり場があった。

41℃くらいか。

ここでもまだ熱いが、入れる。

が、浅い。

寝湯で3人入れるか。

来た時は12時で炎天下だが、半分木陰になっていた。

標高は高いところだが日中の気温は30℃ぐらいになる。

早朝なら丁度よいだろう。

環境もいい。

川浴遊びもできる。

 

ここの湯もベタつきの湯。

Kasi の温泉もそうだった。

ツルツルすべすべ感はない。

苦味がある。

大きな冷水川と合流する。

入り口は有刺鉄線で囲われている。

ラオスの温泉は地元民の憩いの場という感じはどこにもない。

お金を稼ぐことに特化した構造になっている。

地元民が気楽に湯浴みしに来るという場所にはなっていない。

ラオス共産党は冷たい、恐ろしい。

 

バンサン温泉はここ:

  • ノンケウ Nong Kheawを通過する。 5年前の8月11日にここに来たのでなつかしく一服する。 3月の乾季で乾燥、空気は煙濁っている。 ビールは12000K、 ヌードルは15000で外人割増価格の ...
  • 空気の濁りが気になる。 遠くの空が霞んでいる。 ベトナムでは雲で覆われていたが、ラオスは煙で覆われている。 黒い山焼きの跡があった。 時には遠くから煙があがる風景にも出会う。 Ban Sakok の橋 ...
  • ムアンヒアムMeuang Hiam =ヒアム村にある温泉には朝8時40分に着いた。 ナムエ プーロイ自然保護区のビジターセンターNam Et - Phou Louey National Protect ...
  • またアスファルト垂れ流し工事現場に遭遇した。 今度は完全封鎖で通行止め30分。 その間に炊き終わったご飯を食べるのも悪くない。 液状のアスファルトを踏むとタイヤから車体の塗料に飛び散ってこびりつくので ...
  • サムヌアまで80km、来た道を戻る。 太陽が眩しい。 ベトナムではずっと太陽がでなかった。ビエンサイの市場に寄って両替しようかと思ったら銀行よりレートが悪かったのでやめた。 目次 1 タイバーツの両替 ...
  • ベトナム滞在2週間を終え、國境に戻ると車は無事だったが、日陰にしたくて木の下に置いていたために葉っぱなどの木の屑がたくさん溜まっていた。鳥の糞も混じっているだろう。雨も何度か降ったに違いない。 ワイパ ...
  • ナメオ Na Mèo ~タンホア Thanh Hoá 間のバス運賃は25万ドンであるが、30万ドン取られてしまった。 たった200kmなのに、30万ドン=400฿もするのは高すぎるのだが。 25万ドン ...
  • ラオス・ベトナム國境、Ban Na Mang ⇔ Na Mèo はバイクに乗ったファランがよく走っている。 ラオス側についた時は13:20分ごろで、アメリカ人とポーランド人のバイカーがいた。 ベトナ ...

タグクラウド

ラオス カテゴリ人気記事 Views most

ラオス・温泉ラオス カテゴリ人気記事 月間

20190222

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 19
20190222