GHQ焚書図書開封のメモ

「GHQ焚書図書開封」の58回目まで来た。

特に重要な部分など、ここにメモしておく。

 

第58回49分目から。

仲小路彰の昭和20年8月18日の「我かく信ず」という文章。

 

  • 2018年を止めて、2678年にする。 そもそも切支丹(クリスチャン・キリスト教徒)でもないのに切支丹暦を使うのはどうにもおかしなことである。 大東亞戦争時までは使われていた日本の皇紀の方がまだましで ...
  • メーホンソンの南70kmのクンユアム  Khun Yuam という町に日本軍ゆかりの記念碑があると聞いて、思い出したように南行開始した。 途中の路傍に日本兵士鎮魂之塔があった。2000年11月に倉敷の ...
  • 2678年8月28日

    パイの橋

    Pai に日本軍が作ったという橋がある。 カンチャナブリのメクロン河永久橋についても書いたので、このPai の橋についても客観的な写真資料を採取しておく。泰緬鉄道メクロン河永久橋とJEATH戦争博物館 ...
  • マッカーサーがトルーマンに解任されて、1951年4月19日に上下院合同会議で演説した。 その後、質疑応答があった。They feared that if those supplies were cu ...
  • 大東亞戰爭後、日本人に刷り込まれてきたのがアメリカ史觀。 自國を貶めるやうな發想にとらはれてゐるので、よく自虐史觀などと言はれてゐるが、元敵國側の歴史觀なので敵國史觀と云つたはうがいい。 敵國=アメリ ...
  • 巷でいわゆるインパール作戦とはなんぞや? 大東亜戦争中の1944年1月の「ウ号作戦」のことをインパール作戦と呼んでるらしい。 目次 1 ウ号作戦=印度解放作戦=ヒンド独立戦争     私達は日本兵がヒ ...
  • カンチャナブリの駅前に、広大な戦争墓地 Kanchanaburi War Cemetery がある。 イギリス、イギリス帝國オーストラリア、オランダ、イギリス帝國ヒンド系の戦没者の墓石が整然と並べられ ...
  • カンチャナブリのバスターミナルから真っ直ぐ川の方に歩くと、少し下流にもうひとつのJEATH戦争博物館がある。大きな寺院内の一角という感じのところにある。 これはメクロン川永久橋の近くにあるJEATH戦 ...

歴史 カテゴリ人気記事 Views most

歴史 カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理