DMC-CM1は200gでRX100よりも40g軽い。

今日修理に出したソニーのDSC-RX100が戻ってきた。
症状は、勝手に電源が入る。移動中に少しの振動で勝手に電源が入り、バッテリーが消費される。だった。
保証期間内で無料だった。

重量を計ってみた。

DMC-CM1 は実測200g
DSC-RX100は240g    +専用充電器が130g (他のUSB充電器でも充電できるが速度が遅い)

Nexus5は130g

DSC-RX100 とNexus5を持ち歩くと370g

DMC-CM1 だけでよければ200g

身軽になった。

DMC-CM1 はズーム2倍、デジタルズームで4倍まで。
DSC-RX100 はズーム3.6倍まで
の違い。

DMC-CM1 はカメラにスマホがついたカメフォーン

  • Galaxy S8 を2年前にルート化した後、OSアップデートの通知がこなくなったせいか、ずっと更新していなかった。 Android 7のままだった。現在の最新アップデート情報によれば Android9になっていた。Android10の公式アップデートは提供される見込みがないこともわかった。 スマホから単独ではアップデートできなかったので SamsungのPCアプリ、High Suite をインストールしてPCとスマホS8をUSB接続した。 アップデートが始まったが、ダウンロードサイズが3.5GBぐらいあるのにびっくり。1Mbps の楽天制限回線では簡單にダウンロードしきれない。 それでダウンロードを中止して、サイズの小さいアンドロイド10のカスタムROMを入れることにしてみ...
  • 雲仙に温泉療養にやってきて、Yamap アプリを見てみると、山ではオオヤマレンゲの花が咲いているという情報を得たので、雨上がりに登ってみた。 新スマホHuawei P40 Pro と旧Samsung Galaxy S8を携帯し、撮影比べしながら歩いた。 朝5時半に池之原駐車場から歩き始めた。 仁田峠まではカッコウの独唱が響く。 下山してきた時にもカッコウ鳴いていた。数は多くない一羽だけか。オオヤマレンゲが咲いている場所: 北の風穴のすぐ後右手に一本開花中。その後10m圏内右側上方に一本開花中あり。まだツボミがいくつもあった。水場、流水は全くなかった。仁田峠駐車場のトイレが最後の水場。避難小屋等なかった。 目次1 Huawei P40 Pro の長所1.1 遠く...
  • 2677年10月9日

    大菩提寺をカメラと再訪

    マハボディ寺院 Mahabodhi Temple に再訪した。今度はデジカメを持ち込んでみる。前日は財布の中にこのデジカメを忍ばせていたが、検出されて追い出されてしまった。 マハボディ寺院、佛陀の悟処 Mahabodhi Temple満月の早朝、Mahabodhi Temple マハボディ寺院を訪問。佛陀がここの樹の下で悟りを得たというところ。五体投地に励む人多数あり。ヒンズー教徒の管理下にあるという。信旅 目次1 スマホはカメラとしても持ち込めない2 6時半には朝食の配給あり3 スリランカ、タイ、ミャンマー系巡礼者多し4 本殿の佛像は小型だが光り輝く スマホはカメラとして...
  • Lazada で買った128GBのmicroSD カードがしばらく前からスマホで認識されなくなった。 Lazadaで1299バーツの128GB MicroSDメモリーLAZADAで369バーツで買った128GB MicroSDメモリーが9日目に壊れたので今度は、1299バーツの UHS-I 表示付きの最安メモリーを買ってみた。    QUMOX 128GB MICRO SD MEMORY CARD CLASS 10 UHS-I 128 GB   注文後、4日目に届いたのでベンチマークしてみた。ほぼ商品説明どおりの数値となった。 今度は何日目に壊れるだろうか。 信旅 D...
  • 2677年6月10日
    sim

    Samsung Galaxy S8 SM-G950F に更新

    Lazada で Samsung Galaxy S8 (Maple Gold) を買った。 郵便局留めに指定してたら、Lazada Express という運送会社になったが、指定の郵便局の外で待ち合わせで受け取ることができた。代金引換で、23880バーツ、701USD, 77500円だった。 注文して翌日に届いた。 箱には SM-G950FD と書いてあるが、SM-G950F らしい。違いを調べてみたが、物理的な違いはないようだ。 Dual SIM が使えるのはG950FDと同じ機構。 2枚目のSim は MicroSDカードと共用トレイなのでどちらか一枚しか使えない。 True のマイクロSIMはミシン目が付いていて、NanoSimに手でくり抜くことができる。カッターなどいらない。 2つあ...
  • 2677年2月22日
    CM1

    DMC-CM1, DSC-TX30 写真比較 compare picture

    Panasonic の DMC-CM1 と Sony の DSC-TX30 の写真を比較してみる。 写真風景は全て自宅から50m内の場所。朝7時30分頃、気温16℃、晴れ DMC-CM1 は一度泥水に浸かったことがあるのでレンズ内が曇っている気がする。それで白っぽくなりやすいのではないか。 それでも大型モニター画面でオリジナルサイズで見ると、DMC-CM1 の方が細部が表現されているようである。 DSC-TX30 の方が明るい色がでている。 上がDMC-CM1   下が DSC-TX30 1.  オリジナルの画像サイズは10M ぐらいで大きいのでJpegMiniで縮小したもの。 画像をクリックすると、オリジナルの画像が出る。 A B C 後方の山の線は下の方がくっきり見える D E ...
  • DMC-CM1 のスクリューリングが固くて回らなくて取り外せなかった。 普通はこの動画のように簡単に外れるようだ。 ゴムを押し当てて回すといいという情報があったので、ヨガマットを押し付けて回したらやっと回転して外れた。 反時計回りに回す。時計回りではない。 ゴミが溜まっていた。 3個のネジを外してみたがレンズは外れなかった。 レンズの中をクリーニングできるかなと思ったのだが。 このリングを外してレンズカバーを付けたり、外部レンズを付けたりできるようだ。
  • 写真は通常、 カメラからPCに取り込み、Lightloomで自動階調、霞除去の処理をして、幅2048px のサイズで現像、書き出してから、Facebook やブログ にアップロードする。 High Quality 2048x1365 でFacebook にアップロードしている。 それをシャアされた人がダウンロードして、再アップロードすると写真のサイズが1028px幅に小さくなっていたりする。 モバイル端末、スマホで Facebookの写真をダウンロードすると、最大幅が1024 px に制限されている。 これを回避してオリジナルの高画質サイズでダウンロードするには、Chrome ブラウザで www.facebook.com を開き、PCモードでアクセスする。「PC版サイトを見る」 高画質 20...

CM1 カテゴリ人気記事 Views most

CM1・nexus・カメラ カテゴリ人気記事 月間

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理