Blogger のよいところは半永久性 permanent contents

Blogger のよいところはコンテンツが永遠に死なないだろうこと。

例えば、独自ドメインの管理ができなくなって、料金未納とかで登録解除されたとしても、Bloggerの標準アドレス、 blogspot.jp で表示され続けるであろうこと。作者が死んでも、本と同じようにずっとオンラインで参照され続けるということ。
広告収入などがあれば資産として、相続も可能になる。
このサイトは、

でも表示できる。リダイレクト先ドメインが死んだら、このアドレスで表示され続けるだろう。

独自サーバーでブログ運用したとして、もし何らかの理由で料金未納が発生して、サーバーの停止、ドメインの抹消となったら、コンテンツも自分の知らない間に消えているということもありうる。

ドメインの抹消リスク、サーバーの停止リスクを考慮せねばならぬ。

Bloggerでは、サーバーの停止リスクはほぼありえないといえる。

有料化されるということもあるかもしれないが。

ドメインの抹消リスクの方は、ドメインを無料で管理してくれるサービスがない限り、つきまとう。

ドメインがなくなっても、Bloggerであれば、一時的にアクセスは減ったとしても復活するであろう。

広告も入らない。

その他の良い点:

  1. ワード文書からコピー・ペーストしても書式が忠実にそのままコピーされる。これは他のブログサービス、ワードプレスでは真似できなかった機能である。例えば段落の囲み線等。
  2. 投稿の入力画面フォームが広い。のびのびとしている。

このような囲み文章をワードからコピーペーストすると、Bloggerの投稿画面では書式反映されるが、他者のブログ投稿フォームでは反映されなかった。

  • Kusanagi WordPress プラットフォームでは Fcache とBcache がある。 Fcache とはNginx ヱブサーバーのキャッシュ機能であり、Kusanagi の独自機能ではな ...
  • 目次 1 HTTPD アクセスログの日本語化 2 Logwatch も日本語化 HTTPD アクセスログの日本語化 Nginx,  Apache ヱブサーバーのアクセスログを見ると、日本語URLはエン ...
  • Google Cloud Platform のGoogle Compute Engine のインスタンスを標準のHDD ハードディスクで作成してしまった。 その後、SSDに変更したい場合はどうすればよ ...
  • Google Cloud Platform上の コンピュートエンジンのインスタンス、LinuxサーバーをWebmin から、約60のソフトウェアのアップデートをしようとしたら、新カーネルのインストール ...
  • VirtualBox を 5.2.22 にアップグレードしたからか、 突然、vagrant up しても起動しなくなった。 SSH auth method: private key のところで止まる。 ...
  • 既存の Kusanagi の Nginx にGoogle の PageSpeed モジュールを追加してみた。 PageSpeed Module | Google Developers The Page ...
  • Windows 10 から Linux デスクトップに乗り換えてみた。 これまでは Linux はサーバーとしてコマンドラインのみで運用してきたが、この際、デスクトップGUIでもヰンドウズからリナック ...

タグクラウド

blogger カテゴリ人気記事 Views most

blogger・サーバー・ブログ カテゴリ人気記事 月間

20151109

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 3
20151109