インレー湖に突入する前に、タウンジの南方50kmの所にある、カク・パゴダ Kakku Pagodas に行く。

遠景

遠景

ここも小さな尖塔が林立する。

2000本以上あるらしいが、こういう形態の佛教建造物は多数という意味で、千本佛塔、千本パゴダと呼ぶべし。

Mahar Myat Mu Ni のように黄金ペンキで彩られていない。

Golden Pagoda Buddhist Temple Singapore の札付きが多い。新規でこの塔を作ったということか、修理したということか。

Golden Pagoda Buddhist Temple Singapore の札付きが多い。新規でこの塔を作ったということか、修理したということか。

 

これも Golden Pagoda Buddhist Temple Singapore

これも Golden Pagoda Buddhist Temple Singapore

長銃を抱えた軍服人が何人もいて監視している。

 

 

最後部からの見晴らしが良い。この下でキャンプできる。

最後部からの見晴らしが良い。この下でキャンプできる。


総じて日本の墓地と同じではなかろうか。尖塔と墓石の違いのみ。

総じて墓地と同じようなものではなかろうか。尖塔と墓石、十字架等の違いのみ。

夕方と翌早朝に歩いたのだが、風が吹けば鳴るという風鈴の音は一度も聞こえなかった。

周囲は巨木に囲まれていて、風は吹きにくいのではないか。

昼間なら風が強くなるかもしれない。

 

周囲は巨木がよい木陰をつくっているが。

ゴミの散乱がひどい。連休最後の日ということもあるだろうが。清掃人員が足りない。

ゴミの散乱がひどい。連休最後の日ということもあるだろうが。清掃人員が足りない。

 

 

このカックーパゴダをカックー遺跡と日本語サイトでは呼ばれているようだが、遺跡という感じはあまりない。

現代のシンガポールの寺の名前が刻まれているような建造物だらけなのに、遺跡とは呼び難い。

 

よいキャンプ場とは言える。

静か。

 

ゴミの散乱さえなければよいのだが。

ゴミ焼きでくすぶり続ける煙も不快源。

 

翌朝の風景。

 

 

真正面から

真正面から。ゴミ焼きの煙も流れてきている。

 

 

 

 

 

Mwe Taw Kakku Pagodas Complex

  • モンパウン Mong Pawn မိုင်းပွန် を過ぎてナムサン へ山越え。霧雲の上に出る。 雲上のパゴダが見える。11月21日は祝日。National Day というが、由縁は不明。 Loil ...
  • カクパゴダ(カックー遺跡)からインレー湖へ山越えルートをとる。 10km短くなるが時間はずっとかかった。 対向車は全くなし。 気楽に走れる。 峠を超えて下り始めて休憩で少し歩くと花があった。 さらに細 ...
  • インレー湖に近づいた所で風邪の気配。 11月14日から8日ぶりのPC作業に戻った。 写真のPCコピー等。 今回の風邪は軽症で済ますことができたがフルコースをたどった。 喉の痛み→鼻水→咳 風邪で一番つ ...
  • Mwe Taw Kakku Pagodas Complex への近道の分岐の所にマハーミャムニ Mahar Myat Mu Ni という、きらびやかなパゴダが林立するのが見えるところがあった。 大木の ...
  • タウンジ北部の市場を出て車を走らせていると、混雑したレストランを発見して寄ってみた。 肉まん、麺類、お好み焼きなどメニューがいろいろある。 男の店員は注文を大声で叫ぶ。 威勢がよい店。お好み焼きに唐辛 ...
  • タウンジ Taunggyi တောင်ကြီးမြို့ の北部にも大きな市場があった。 今日、火曜日も連休の最終日になっているようだ。 そのためなのか、市場の内部は閉まっている店も多く見えた。 ...
  • Shwe Bone Pwint Pagoda ရွှေဘုန်းပွင့်ဘုရား には昨夕来ていたのだが、ロイクラトンの夕日時で大混雑して車が500m手前まで道の両側に駐車していてアクセス困難に見 ...
  • タウンジに着いた。 近くのインレー湖には来たことがあるが、シャン州の州都タウンジには来たことがなかった。 標高1400mの街。 市場の近くの横丁に車を止めて、歩く。 タイのロイクラトンと同じ満月の祝日 ...

タグクラウド

ミャンマー カテゴリ人気記事 Views most

ミャンマー・花 カテゴリ人気記事 月間

20191113

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 3
20191113