夕暮れ時に車を走らせていると、白いボトルが売られていた。 どぶろくか、牛乳かと思いつつ止まる。

 

最初の店主の答えはよくわからなかった。

男3人地べたに座って飲んでいる。

 

隣の店の女に聞いてみる。

奥の背高のヤシの木を指さして、あれだと教えてくれた。

ヒンドのブッダガヤですでに経験ずみなのでヤシ酒だとすぐにわかる。

 

そこで1本買った。

500k.

味見させてくれたのとは違う鮮度の落ちたのを掴まされたようだ。

奥の椰子畑の方に歩く。

 

家があって、男が一人追ってきた。

チキンの骨だけのツマミが皿に乗っていた。

 

いろいろ説明してくれるがほとんどわからない。

採取していた男が降りてきた。 回し飲みする。 採りたて新鮮。 炭酸味がある。 どぶろくと味わいが似ているような気がする。 米を発酵スターターとして使用することもあるらしい。 帰り際にタナカの木を発見。 回し飲みする。 採りたて新鮮。 炭酸味がある。 どぶろくと味わいが似ているような気がする。 米を発酵スターターとして使用することもあるらしい。 帰り際にタナカの木を発見。

 

これが化粧用のタナカの木だと教えてくれた。

これを日焼け止めという説が流布しているが、日焼けとは関係ない。

顔の装飾であり、顔飾りである。

仮面マスクとしての機能もある。

日が沈む。

 

タナカ売りの少女

 

 

 

ヤシ酒バーはここ:

 

 

 

 

  • タイ女性の染髪率、髪を染めている割合は高い。 調べてみると日本女性も染髪率は高いようだ。美容室でヘアカラーする女性は1855万人 | 理美容ニュース 全国理美容製造者協会が発表したサロンユーザー調査2 ...
  • 大ポッパ山を降りてシャワー後、車を走らせる。 モバイルショップでUSBケーブルを求める。焼きチキンの道端売りが目立つところで止まり、そこに立派な食堂もあったので夕食にした。 タミン、ミャンマーの定食。 ...
  • 猿山小ポッパ山詣でをすませた翌朝、標高1500mの大ポッパ山に登る。 登山道の入口でキャンプ。 起きて、食べてすぐに出発。 ミャンマー若者グループが先に入山していった。 少し遅れて歩き始める。 登り3 ...
  • バガンからポッパ山への道は物乞い街道であった。 距離にして30km程の間、永遠と30m間隔ぐらいで物乞いの人が並んでいた。 老人が多い。 どこから出てくるのか。近くに家があるのだろうが。 ミャンマーで ...
  • 車の旅には1000w 以上のインバーターを装備したい。 そうすれば走りながらご飯が炊ける。その際にバッテリー直付けするための長いケーブルは付いてこないので別途購入する必要がある。最初、細いのでいいだ ...
  • ミャンマーの首都、ネピドーの東方山奥100kmのところにネピドー温泉、又はピンラン温泉 Pinlaung ပင်လောင်း がある。 ネピドー連邦直轄領から外れてシャン州内にある。 この山道に入る ...
  • どぶろくシャンパンの里チャウメ Kyaukme からルビーの里モゴック Mogok の山越えルートは素晴らしく気持ちよかった。 山の上を走る部分眺望がよく静かでスカイラインと言える。 時速20kmぐら ...
  • もう一度、チャクサウンのルビー取引所とバウロンレイの最終ルビー採集場に行ってみた。チャクサウンの手前にこんな奇岩があった。 バイクで連れてこられた時には止まってくれない。 今度は開始時刻の9時前に行 ...

タグクラウド

ミャンマー カテゴリ人気記事 Views most

ミャンマー カテゴリ人気記事 月間

20190120

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 20
20190120