タグ: Phuentsholing ~  22件

  • Phuentsholing プンツォリング のイミグレーションの前の店で、ブータンのSIM は旅行許可証がないと買えないと言われた。イミグレーションの建物は、人で大混雑している。外に看板がないので何の ...
  • 2677年10月7日

    ジャイガオンの風景

    ブータン Phuentsholing と接するヒンド側の街、Jaigaon ジャイガオンの風景。 ちょうど 西ベンガル州で盛大に祝われる Durga Puja の時期だった。 ...
  • ブータンとヒンドの境の街、Phuentsholing プンツォリンの風景。 図書館はなかった。 ...
  • Phuentsholing プンツォリングにクロコダイル、ワニのいるところがある。 バスターミナルの近く。 外人料金50ルピーとあるが、すり抜けられた。 ブータン人も無料で入れるのだろう。 ...
  • ブータンのPhuentsholing 、又は、ヒンドの Jaigaonからブッダガヤへ行くにはバスと、列車の方法がある。 列車で行くには、Hasimara 駅までバスで行って、そこから列車でGaya駅 ...
  • ブログで、Phuentsholing の 数あるレストランの中でも Trashi Peljor Restaurant のエマダチがうまいという人がいたので、あえてお腹すかしてから食べてみた。 ここのエ ...
  • レストランに入ってブラックティーを注文したら、若い男が、首を横に傾けて相槌のようにする。ヒンド人によく似ている。 グループ客はペットボトルの水を飲むのに、口を付けないで、上を向いて口を開けて、水を注ぎ ...
  • Phuentsholing プンツォリングのヒンド料理店で食べてしまった。 たまたま覗いたところで食べていたのがタリーで、同じものを注文。 ビジタリアンセットなら50ルピー。 ご飯も、サブジもダルも注 ...
  • 今日のランチはシャモダチ。 Shamu Datshi シャモダチとは、シャム=きのことダチ=チーズとシシトウの和え物。 全く辛くないとはいえないかもしれないが、タイ料理のソンタムの辛さに比べれば無きに ...
  • ブータン料理の Emadatshi エマダチとは赤か緑の細長いピーマン=シシトウとチーズのあえものである。 これを唐辛子という人もいるが、ほとんど辛くないので唐辛子とはいえない。 むしろピーマンである ...
  • ジャイガオンの宿の近くで、ブータン側からも見える道端でカレーライスの振る舞いをやっていた。 使い捨ての葉っぱの皿にどんどんカレーライスをついでいく。 人だかりがつぎつぎにそれを持っていく。 グリーンピ ...
  • 初めて青空の少し見える朝。 ジョギングツアーでどこまで行けるか試してみた。 東方面へ、丘の上の大学を過ぎ、Thimphu と Pasakha への分岐点の手前に関所があった。 およそ4km地点。 車両 ...
  • ブータンの紙幣にはどれも王様。 タイと同じ。 500ヌルタンのはグランドファザー、おじいさんらしい。 ヒンドには1000ルピー紙幣はなくなったが、ブータンにはある。 ヒンドルピー対ブータン・ヌルタン ...
  • 2677年10月2日

    Suja バターティー

    小雨の降る朝、レストランでチャイを注文した。Suja か云々と聞いてきたので、Suja スジャにする。バターティーである。お茶にバターが入っている。飲めないものではない。悪くない。まったり感がある。2 ...
  • Jaigaon 側のホテルのすぐ近くのレストランを覗くと女3人で何やら豆のようなものが盛り上がったものにストローを指して吸っていた。 何かと聞くと、トンバ、トゥンバという。 納豆ご飯かと思いきや、酒だ ...

ブータン カテゴリ人気記事 Views most

カテゴリ人気記事 月間

20171007

タグ関連記事

閲覧履歴

    //cookieが無い場合の処理
2019
GA-views: 79
20171007