2679.5.18-土 17:45

 

緑色のムール貝หอยแมลงภู่、あるいは緑イ貝 をもらったので当日中に食べてしまいたい。

縁が緑色のムール貝、緑イガイ

縁が緑色のムール貝、緑イガイ

ムール貝の食べ方を調べてみると、ワイン蒸しとかが多い。

ワインを使うのは欧米流。

タイでは、レモングラス等を鍋底に敷いて蒸す。

 

今回は初めてのムール貝の自炊だから、シンプルにムール貝そのものの味を感じたい。

それで炊飯器の鍋底に1cmぐらいの水を入れて蒸しあげるようにしてみた。

蒸し上がった状態

蒸し上がった状態。いい匂い

身が大きくて柔らかくて食べごたえがある。

蜜柑色の身と、白黄色の身があった。

こじ開けた状態

こじ開けた状態

うまいので一気に食べ進むと、底に溜まった煮汁が見えてくる。

最初スプーンですするとあまり旨く感じなかったが、最後の方になるとスープも旨く感じるようになって何度も啜った。

終盤スープ

終盤スープ

最後まで貝が開かなかったのは一個だけだった。

 

最初に水で洗ったが、毛はいちいち抜き取らなかった。

半開きのママ完全に綴じない貝もいくつかあったが、腐敗しているような匂いはなかったので除去はしなかったが、蒸し炊きあがるとどれも食べれそうで、全部食べた。

お腹はこわれなかった。

 

貝だけでご飯はなし。

食後に、ホット蜂蜜レモンを飲むと、お腹の中が落ち着くような気がする。

 

このムール貝が天然物か養殖物かは定かではない。

右端 35฿/kg で買う。塩ゆでしたら食べごたえあった

真ん中がムール貝。これなら天然物に見える

 

 

関連

世界のムール貝の漁獲量・生産量 国別ランキング・推移 – Global Note世界のムール貝の漁獲量・生産量 国別ランキング・推移 – Global Note
2017年の世界のムール貝類の漁獲量・生産量 国別比較統計・ランキングです。各国のムール貝類の国別漁獲量・生産量と国別順位を掲載しています。ムール貝類にはヨーロッパイガイのほかイガイ、ムラサキイガイ、チリイガイ、ミドリイガイ、モエギイガイなどイガイ科...

 

 

 

次の記事

カテゴリ別人気記事

食物 カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

食物 カテゴリ最新記事

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト