日2679.2.8-金 20:39

バガンからポッパ山への道は物乞い街道であった。

距離にして30km程の間、永遠と30m間隔ぐらいで物乞いの人が並んでいた。

老人が多い。

どこから出てくるのか。近くに家があるのだろうが。

 

 

ミャンマーでは走行中の車に対して物乞いする。

ヒンドの乞食は歩いている人にしか物乞いしない。

 

関連

ラジギールの佛聖地、霊鷲山
釈迦が好んで説法した場所という、ラジギール Rajgir の 霊鷲山(りょうじゅせん) Gridhrakuta に行ってきた。ラジギール=王舎城ラジ=王様ギール=城? 丁度1年前の1月29日の朝。 ローカルバスで直行 ラジギール駅から街に歩いて来ると、日本の寺がある...

 

 

ミャンマーの寺の前の道路脇ではどこでも寄付を求めてガチャガチャと騒がしくして走行車の注意を引いている。

 

ポッカ山巡礼街道

 

大ポッパ山が見えてきた。

 

 

ポッパ・マウンテンパークとあるので、こちらの方かと思ったら、こちらは大ポッパ山の方で、観光客が誰でも行く所の小さな猿山ポッパ山ではなかった。

距離にして6kmぐらい離れている。

 

この近くに高価なリゾートホテルがあった。

ここから大ポッパ山の登山口。確認して小ポッパ山に下る。

 

門前町で何やら騒がしいので覗いてみた。

 

結婚式の一部かと思ったらそうでもなさそう。

 

女のソロダンスあり

 

 

結局、金集めのお道化か。しつこいので退出。

 

大ポッパ山に翌朝登る

 

夕照り

 

 

小ポッパ山の夕陽眺望

 

寄付者の名前に日本人

 

 

 

寄付箱。お金だらけ。階段途中にいろいろ人形あり

 

なんで身体にお金貼り付けてんの?

 

お金

 

 

ポッパ山寺に流れるメッセージはお金頂戴ということ。

ここに来ればミャンマー佛教が金まみれであることがわかる。

 

 

 

小ポッパ山はここ:

次の記事

カテゴリ別人気記事

ミャンマー カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

ミャンマー カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト