2679.2.9-土 9:29

昨夜、ノンカイ Nong Khai のラオス國境橋近くの大きな交差点付近で夜10時頃遅くまでやっていた食堂でクイティオ(麺)を注文した。

タイ・ヌードルの麺の量はなぜいつもこんなに少ないのか、という永遠の謎に迫る

モヤシは見えるが麺は見えない。底の方にポツリと隠れているタイヌードル。50฿

 

どんなクイティオか、という指定はしていない。

出てきたのは牛肉っぽい肉が入っていて、具の量は十分でまずくはないといえる。

ところが麺の量が底の方に小さくひとかたまりあるだけで少なく感じる。

すぐにスカスカになってきたので、白ご飯カオ・スエイを注文したがこれも見るからに少なくまばらな皿の盛り方ででてきた。

悲しくなる。

これでももの足りないくらいだった。

 

なぜタイのヌードル、クイティオの麺の量は少ないのかという問題は永遠の謎である。

これは外國に出てタイに戻ってくるとあらためて強烈に感じざるを得ない問題である。

ミャンマーのシャン州(タイヤイ州)では、北に行くほどカオソイのお椀が小さくなったが、麺はお椀いっぱいに満たされていた。

昨夜のクイティオ、タイヌードルはお椀の大きさに比べて麺の量が少なすぎるというアンバランス、不均衡に違和感を禁じ得ないのである。

タイに居る限り、外食する度にこの不満は繰り返される。改善の余地がない。

外食したくない、自炊したい理由になる。

 

タイ人にはお客さんに満足してもらうという意識が低いのだろうか。

食堂の使命はお客さんの胃袋を満たして帰ってもらうことである、という意識がないのだろう。

ミャンマー、ベトナムではご飯定食を食べるとご飯はおかわり自由でおかずも継ぎ足してくれることも多い。

値段は別にしても、少なくともお腹はいっぱいになる。

食堂とはこれ以上食べきれないくらいお腹いっぱいにしてあげるところである、という感じである。

せっかく来てくれたのだから満足して帰ってもらおう、というおもてなしである。

ベトナムのフォー、ヌードルはお椀いっぱいに満たされている。

 

タイ人の麺の量、ご飯の量のせこさはどこからくるのだろうか?

東西南北、地域によって違いはほとんどなく、例外なく少ない。

ただまれに店主の奇特な性質で十分な量の食堂もあるからそんな時はびっくりする。

地域による違いと言うよりは、店の特色的な量の違いである。

 

タイには米はいくらでもある。

麺は米からできている。

一食分の麺を倍に増やしたとしてもそんなにコストアップはないだろうに。

 

検索してみると、日本人で同じ疑問を抱えている人は少なくない。

大盛りにしても麺の量が増えるとは限らない

タイのヌードル屋で、大盛りはピセットという。

タイ語でピセットとは特別という意味がある。

大盛りだから大=ヤイと注文すると、幅の広い麺=センヤイのことと解釈されて、大盛りとは理解されない。

ピセットはプラス10฿だが、麺の量が多くなるとは限らない。

日本でうどんの大盛りというと麺が倍になるのが普通かもしれないが、タイでは麺の量が多くなるとうよりも具の量が増えることに重点が置かれている。

豚肉の量が増えたり、練玉ボールの数が増えたり。

麺の量を倍にしてくれと注文できればよいのだが、めんどくさい。

2倍=ソン・クラン と言ったら通じるだろうか。

 

 

昨夜のノンカイのクイティオ屋はここ:

 

 

 

 

 

 

次の記事

💬 コメント欄表示

タイ,食物 カテゴリ人気記事

カテゴリ別人気記事

タイ カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

タイ カテゴリ最新記事

  • スラタニのドリアン農園花盛り スラタニのドリアン農園花盛り 2年前の4月にバイクでナコンシータマラートのKhao Luang 山の周りを周遊していた時のこと、ドリアン農園を通過した。 ドリアンの木は花盛りで、実はまだまだできていない季節。 ... 2679.7.11 タイ 食物
  • ドリアンとマンゴスチンの季節 ドリアンとマンゴスチンの季節 ドリアンの季節がやって来た。 旬にはこのように、20฿kg=70円でも買える。 これまでの最安値はクラビで50฿だったが、今回が最安値。 色が茶色くなって彈けるように割れている。 値段相応... 2679.7.11 タイ 食物
  • 黄色い花の水上御辞儀草 黄色い花の水上御辞儀草 ジョギング道は、いつもは舗装された細い道が切れるところで引き返していたのだが、雨がない日が続くと土の道も水溜まりが消えて歩きやすくなるので、奥まで行ってみる。300mぐらい。 ... 2679.7.2 タイ 花
  • 巨大なオジギソウ 巨大なオジギソウ 朝のジョギングコースの道脇には、オジギソウがびっしりと生えている。地べた近くに繁茂しているのが普通だが、人の背丈ほどに大きなお辞儀系もあった。 オジギソウとは触ると葉が閉じる植物。 ... 2679.6.25 タイ 花
  • 羽虫炒めご飯 羽虫炒めご飯 庭の白い常夜灯に羽虫が群がる時がある。 羽蟻みたいだが、羽が大きく、お腹も大きく、別の昆虫かもしれない。 翌朝、それらしき虫の炒めものをいただいた。 大量に死んで落ちている羽虫を炒めて食... 2679.6.25 タイ 食物
  • 橙色の黒椰子の中身は、お菓子カノンタンになる 橙色の黒椰子の中身は、お菓子カノンタンになる 庭先に黒ココナッツToddy Palmの木があり、毎日のようにドスンドスンと身を落としている。 ある朝ヨガをしていて落下中の黒ココナッツを目撃し、ドスンと落ちて転がったところに行って拾ってみ... 2679.6.25 タイ 食物
  • スラタニ市場の漬物屋、ニンニク甘酢、サラ スラタニ市場の漬物屋、ニンニク甘酢、サラ タイの郵便局は、普通、日曜日は閉まっているが、 大きな街の中央郵便局は、日曜日も12時まで営業している。 月曜日まで待てないし、果物も切れたのでスラタニまで行く。 前回撮り忘れた漬物屋の写真を撮... 2679.6.24 タイ 食物
  • コクがある甘さのラムーットละมุด コクがある甘さのラムーットละมุด スラタニ Surat Thani の市場に久しぶりに買い出しに行ったら、もうひとつの茶色い ละมุด ラムーットがあった。 味見させてくれて、甘かったので、即時買いした。 少量しかなかったの... 2679.6.24 タイ 食物

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト