日2678.11.11-日 22:21

タイでの味噌作りの第一弾が終わった。

 

 

大豆はメーチャン Mae Chanの市場内の小さな衣類売り店で大豆も売っているようなところで6kg買った。

少し鍋に茹でて食べてみたが固くて柔らかくならない。

味もうまいとは言えない。

しかしもうこれでやってみる。

 

大鍋はないので電気炊飯器で何回も煮る。

3時間以上たっても十分に柔らかくなったとは言えない硬さだった。

煮汁は苦い。甘さがない。

日本で同じように大豆を煮たら煮汁は甘かったのだが。

 

ジュースミキサーでペースト状にできるか

ミンサーはない。

宿の管理人のジュースミキサーを借りて代用してみた。

煮汁を多めに入れないと回転しない。

 

オーバーヒートすると動かなくなるので、扇風機で冷やすとまた動くようになる。

手間時間がかかる。


 

この酵母が生きている、という味噌を練り込んでみる

ボクルアの塩

麹がない。

Bandu の神戸屋に行けば塩麹が売っているらしいがまだ行けない。

「酵母が生きてます」というアサヒみそを買っておいたので混ぜてみる。

 

塩はナンのボクルアで買ってきた塩。

塩分濃度は14%ぐらいにする。

 

体重計に乗って自分の体重+煮大豆の重量で計る。


 

5kgの大豆ペーストが16.4kg+塩2.6kg=19kgになった

直射日光が当たらないように新聞紙でくるんだ。

現在の状態は煮大豆の塩漬け。

仮に味噌にならなくても煮大豆として味噌汁、鍋物に入れたりして利用できる。

 

容器はプラスチックを避けてガラスビンにした。

メーチャンの大きな雑貨屋に599฿で売っていた。

 


 

 

 

 

次の記事

カテゴリ別人気記事

食物 カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

食物 カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト