日2678.10.16-火 19:01

2018年を止めて、2678年にする。

そもそも切支丹でもないのに切支丹暦を使うのはどうにもおかしなことである。

大東亞戦争時までは使われていた日本の皇紀の方がまだましである。

タイでは佛暦が使われている。

今年は2561年。

日本の通算暦は2678年。

記事の日付、アーカイブの日付、カレンダーヰジェットの日付などを總て日本暦=日暦で表示するようにしてみた。

 

日本は切支丹によって殆どが蝕まれていたアジアを解放することのできた唯一の非切支丹国である。

日本は世界の非白民族の最後の希望であった。盟主であった。

人種差別を廃することを世界で最初に国際会議で提案し、戦によって実現してしまった國である。

日本は奇跡の國であった。

日本は日本独自の文物を安易に葬り去るべきではない。

西暦とは何ぞ哉?

西暦というのもおかしい。切支丹暦である。

西にはイスラム教國もあれば佛教國もある。

西の暦と云えば、タイ、ミャンマー、ラオスの佛暦、イスラム暦もあるのだからそれらをないがしろにすることは大失礼である。ネパールのビクラム暦もある。

functions.php の編集

functions.php に追加したコードは次の通り。

 

/* 日付を切支丹暦から日暦に変換する 
日付を表示したいところに <?php echo wareki(get_the_time('Y/n/j')); ?> と書く。
*/
function wareki($ymd) { list($y,$m,$d) = explode("/",$ymd); $m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT); $d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT); $ymd = $y.$m.$d; $gg1 = "日"; $yy1 = $y + 660; $gg2 = "佛"; $yy2 = $y + 543; $gg3 = "切"; $yy3 = $y - 0; $strm = ltrim($m, '0'); $strd = ltrim($d, '0'); $wareki = "{$gg1}{$yy1}({$gg2}{$yy2}.{$gg3}{$yy3})年{$strm}月{$strd}日"; return $wareki; } function wareki2($ymd) { list($y,$m,$d) = explode("/",$ymd); $m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT); $d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT); $ymd = $y.$m.$d; $gg1 = "日"; $yy1 = $y + 660; $strm = ltrim($m, '0'); $strd = ltrim($d, '0'); $wareki2 = "{$gg1}{$yy1}.{$strm}.{$strd}"; return $wareki2; } function wareki3($ymd) { list($y,$m,$d) = explode("/",$ymd); $m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT); $d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT); $ymd = $y.$m.$d; $gg1 = "日"; $yy1 = $y + 660; $strm = ltrim($m, '0'); $strd = ltrim($d, '0'); $wareki3 = "{$yy1}年{$strm}月{$strd}日"; return $wareki3; } function wareki4($ymd) { list($y,$m,$d) = explode("/",$ymd); $m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT); $d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT); $ymd = $y.$m.$d; $gg1 = "日"; $yy1 = $y + 660; $strm = ltrim($m, '0'); $strd = ltrim($d, '0'); $wareki4 = "{$yy1}.{$strm}.{$strd}"; return $wareki4; } function wareki5($ymd) { list($y,$m,$d) = explode("/",$ymd); $m = str_pad($m,2,0,STR_PAD_LEFT); $d = str_pad($d,2,0,STR_PAD_LEFT); $ymd = $y.$m.$d; $gg1 = "日"; $yy1 = $y + 660; $strm = ltrim($m, '0'); $strd = ltrim($d, '0'); $wareki5 = "{$yy1}年{$strm}月"; return $wareki5; }
/* WordPress Popular Post の日付を切支丹暦から日暦に変換する */ function change_wpp_date( $output ){ $output=str_replace("2018.", "2678.", $output); $output=str_replace("2017.", "2677.", $output); $output=str_replace("2016.", "2676.", $output); $output=str_replace("2015.", "2675.", $output); $output=str_replace("2014.", "2674.", $output); return $output; } add_filter( 'wpp_post', 'change_wpp_date');
/* 月別アーカイブ の日付を切支丹暦から日暦に変換する */ function change_arc_date( $link_html ){ $link_html=str_replace("2018年", "2678年(平成30) ", $link_html); $link_html=str_replace("2017年", "2677年", $link_html); $link_html=str_replace("2016年", "2676年", $link_html); $link_html=str_replace("2015年", "2675年", $link_html); $link_html=str_replace("2014年", "2674年", $link_html); return $link_html; } add_filter( 'get_archives_link', 'change_arc_date');

/* 月別アーカイブのタイトルを切支丹暦から日暦に変換する */
function change_archive_title( $title ) {
$title=str_replace("2018年", "2678年(平成30)", $title);
$title=str_replace("2017年", "2677年(平成29)", $title);
$title=str_replace("2016年", "2676年(平成28)", $title);
$title=str_replace("2015年", "2675年(平成27)", $title);
$title=str_replace("2014年", "2674年(平成26)", $title);
return $title;
};
add_filter( 'get_the_archive_title', 'change_archive_title', 10, 1 );
/* カレンダーヰジェットの日付を切支丹暦から日暦に変換する */ function theme_get_calendar( $calendar_output ) { $replaced_text = str_replace("2018年", "2678年(平成30)", $calendar_output ); $replaced_text = str_replace("2017年", "2677年(平成29)", $replaced_text ); $replaced_text = str_replace("2016年", "2676年(平成28)", $replaced_text ); $replaced_text = str_replace("2015年", "2675年(平成27)", $replaced_text ); $replaced_text = str_replace("2014年", "2674年(平成26)", $replaced_text ); return $replaced_text; } add_filter( 'get_calendar', 'theme_get_calendar' );

 

wordpress-popular-posts/includes/widget-form.php を直接編集した。

日付の表示フォーマットの選択肢に、Y.m.d を追加した。

functions.php で処理する方がよいのだろうが、わからなかった。

 

    <label title='d/m/Y'><input type='radio' name='<?php echo $this->get_field_name( 'date_format' ); ?>' value='d/m/Y' <?php echo ($instance['stats_tag']['date']['format'] == 'd/m/Y') ? 'checked="checked"' : ''; ?> /><?php echo date_i18n('d/m/Y', time()); ?></label><br />
    <label title='Y.m.d'><input type='radio' name='<?php echo $this->get_field_name( 'date_format' ); ?>' value='Y.m.d' <?php echo ($instance['stats_tag']['date']['format'] == 'Y.m.d') ? 'checked="checked"' : ''; ?> /><?php echo date_i18n('Y.m.d', time()); ?></label>

 

月別アーカイブのタイトルを変更する

 

Yoast SEO を使用しているので、タイトルの設定を左のようにした。

その上で上のように functions.php に追記する。

 

 

 

 

 

 


 

史上初の日本暦・皇紀採用のブログ ?

あとは、記事のURL=パーマリンクに切支丹暦が使われているのが残るのみとなった。

これも時期を見て一気にデーターベースの置換処理をすることになるだろう。

 

ブログの記事に日暦・皇紀を採用しているのは世界中でこのサイトのみかもしれない。

 

 

 

関連

聖書は易学〜聖書の作者は古代中国の易学者だった!2by学易有丘会
「東方の三博士」の話には、易学に根ざした九星の論理が貫徹していた!

 

次の記事

カテゴリ別人気記事

WordPress カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

WordPress カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト