日2678.10.20-土 21:18

メーチャンの温泉には2年前に来ているが、その時は無料エリアで入浴する気になれなかった。

ゆで卵ができるくらい熱い温泉であった。

長い足湯のところで手で触るのみだった。

それであまりいい印象はなかった。

関連

Mae Chan 温泉
チェンライから北へ30km程いくと、メーチャン Mae Chan の町があり、左へ メーサロン Mae Salong 方面に曲がって少しで温泉がある。勢い良く出ている噴水はパイプから出ているので自然ではない。コントロールされた噴水、噴湯である。タイの温泉地ではこのように噴水...

タイの温泉ランキングにも載せ忘れていたくらいであった。

関連

タイの温泉ランキング Thai Hot Springs Ranking
Khlong Thom 温泉カスケードタイの温泉ランキング タイの温泉を、お気に入りの順に並べてみた。 カンチャナブリのヒンダット温泉湯温が丁度よい。大自然。近くに長期滞在向け宿もある。カンチャナブリ県毎日OK、湯治向き Khlong Thom の温泉カスケー...

 

だが、この温泉を特級クラスに入れざるをえない時が来た。

 

パトゥン温泉

 

チェンライの北30kmのメーチャンの温泉は Pa Tueng パトゥン温泉というのが正式らしい。

実際にはメーチャンから7km離れていて、この辺はパトゥンという地名だから。

 

個室風呂は100฿

 

今回は夜通しの雨の朝の誰もいない7時ごろに段々湯のところで全身入浴を試みた。

これが丁度いいぬる湯で、肌触りがツルツル・スベスベの湯であった。

タイの温泉でおそらく一番ツルツル度が高いのではなかろうか。

重曹系のアルカリ性なのだろう。

日本の温泉のように成分分析表などはないから、経験から推測するしかない。

日本なら美人の湯である。

 

この日の朝7時頃は丁度よいぬる湯だった。ツルツル度が最高

 

熱すぎる湯

この時の感激が忘れられすに、その後毎朝来ているのだが、雨夜の朝でもぬるくならない。

ぬるくなるかならぬかは10cm四方の湯の流入口をふさぐかふさがないかによっている。

その穴を白い発砲スチロール系の皿などで塞ぐと流入量が少なくなり、湯温が下がる。

しかし、来てから、穴を塞いだとしても、湯温が下がるのに時間がかかる。待ちきれない。

それである程度熱くても全身浴してすぐに帰るほうがよい。

 

一番いいのは大元の湯の流入量を半減してくれればいいのだが。

こちらがわざわざ穴を塞ぐ手間を掛けることなくぬる湯ができる。

 

現状では最下流段の湯槽でも熱すぎる状態。

これを7段の最下流段ではぬる過ぎ、最上段では熱すぎになればよい。

 

前夜の最後に誰かが穴を塞いだまま帰ってくれていれば、朝一番に来た時に長湯できるほどのぬるさに奴っている時が稀にある。

 

基本的にここは24時間利用可能な状態である。

 

縦に長いだけなのもいけない。

横幅を倍以上にすれば冷却効果も倍増するし、多人数が入りやすくなるのだが。

 

その後の改善

穴が塞がった。だいぶ熱さが軽減された

毎日のようにプラスチックや石を詰め込んだりしていたら、ある時流出湯量が少なくなってぬるくなった。

がそれも長続きせず、また流出口が大きくなって熱すぎになったりしていた。

その後、石を詰め込まれないように塞がれていた。

これでだいぶ熱さが軽減された。

今では、以前のように熱すぎて入れないほどのことはなくなった。

 

日本人が毎朝来るようになって2週間で湯音熱すぎ問題の根本的な解決が完了した。

 

次の記事

カテゴリ別人気記事

温泉タイ カテゴリ人気記事

カテゴリ別新着記事

温泉タイ カテゴリ最新記事

ABOUT作者

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

最近更新した記事

 

ランダムフォト

ランダムフォト