最安のタイ産日本米

 

昨日、22฿/kg の日本米を発見した。

収穫2年目の日本米。22฿kg, 290฿/15kg, 750฿/一袋40kgか?

市場ではない、郊外の米屋さんである。

日本から種を持ってきて、今回が2年目の収穫というふうなことを言っていた。

タイ語で カウ・イップン という。

 

22฿/kgの日本米店はここ:

 

未だ嘗てチェンライの中心の市場近辺では日本米が見つからない。

パイ Pai には市場の脇の米屋に短粒の日本米があった。

メーサロンにも日本米があった。

チェンライではローカルの店では見つからない。

Macro  か Central の中の Tops Supermarket の大型店にしかない。

 

胚芽の部分が欠けている。やっぱり玄米がよさそう。

市場の焼き魚と一緒に食べたらうまかったが、写真をよく見ると胚芽の部分が取れている。

栄養的には玄米の方がよいだろう。

 

 

 


玄米あり。90฿/kg

関連

チェンライ産日本米「ランナノヒカリ」 | ORIENTAL FA'S
タイで良質な日本米を皆様の食卓へ。さっぱりとした食感の程よいもっちり感で、味、香りともに良く、とてもさわやかなお米です。私どもでは農薬や化学肥料にできる限り頼らないおいしいお米作りに励んでおります。稲に備わっている自然の力によって、じっくりと育ん...

 

関連

簡単♪発芽玄米の作り方。やっぱり手作りが断然美味しい!
発芽玄米を手作りし始めて気づけば十年以上になりました。先日久しぶりに発芽玄米を作ったので作り方をまとめました。   「発芽玄米を手作りする」とは、「玄米を自宅で発芽させる...

関連

市販の発芽玄米がダメダメな理由
「発芽抑制因子(アブシジン酸)」は植物性ホルモンの一種です。(参考:発芽抑制因子(アブシジン酸)の毒性についてはこちら)アブシジン酸は乾煎り(超高温)によって構造が完全に変化し、死活化します。水に浸すことでも「発芽抑制因子(アブシジン酸)」

 

日本食品店の神戸屋がバンドゥにあり

日本食品店の神戸屋が Bandu にある。

昆布とワカメ

醤油味噌納豆はもちろん、乾燥昆布、ワカメなどもある。

ヤマモリ、ヤマサの醤油はあるが、キッコーマン はない。

ヤマサの醤油は3リットルで180฿で60฿/L で単価最安。

 

 

この会社はタイの地方都市にも出店している。

関連

『バンコク -神戸屋 STATION- で日本食材を手に入れる!』
- 神戸屋 STATION - 10月は、ブレーカーズの営業で売り上げが落ちたり、問題が生じたりと、いまいちパットしない月なのですが、今年は、どうなるかと、少…

 

日本食堂は作

日本食堂では、日本人経営の作に日本人が集まる。

 

 

 

関連

チェンライの市場には食べたいものがたくさんあって安い
焦げ焼き魚。よくありがちな油揚げでないのがいい久々にチェンライのマーケットに行ってみたら食べたくなるようなものがいっぱいあった。即食パイナップル15B、マンゴー20฿、焦げ焼き魚、パパイヤ30฿、バナナ、ムチムチの赤いライチ50฿、納豆…フルーツは何もかもが...

 

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余國。徒然書苦氣去。 Author

コメント

ランダムフォト