カンチャナブリの駅前に、広大な戦争墓地 Kanchanaburi War Cemetery がある。

 

 

イギリス、イギリス帝国オーストラリア、オランダ、イギリス帝国インド系の戦没者の墓石が整然と並べられている。

門には Kanchanaburi War Cemetery と書いてあるが、中立ではなく、同じ戦争で死んだ日本人の墓はひとつもない。

 

 

その隣に見えるのが Death Railway Museum と大書した博物館。

見ただけで英米人の日本攻撃宣伝施設だということは想像がつく。

実際にはイギリス帝国オーストラリア人の設立らしい。

イギリス帝国オーストラリア人の経営

料金所前の売店エリアにある Japan Invade Asia という展示を見ただけで、イギリス史観のプロパガンダに満ちていることがわかる。

Japan Liberate Asia (where English invade) でしょ

入館料も140バーツと高いし。

それで中には入らず。

Japan Liberate Asia と訂正すべし、と記帳しておいた。

 

 

関連

泰緬鉄道メクロン河永久橋とJEATH戦争博物館
 カンチャナブリの町の北側に鉄道の橋がある。日本軍が建設した時には川の名はメクロン川であり、橋はメクロン河永久橋と呼ばれていた。戦後1957年にフランス人の原作の The Bridge on The River Kwai というフィクション映画が流行り、クエイ川と改称されてし...

関連

JEATH 戦争博物館 Wat Chaichumphon カンチャナブリ
カンチャナブリのバスターミナルから真っ直ぐ川の方に歩くと、少し下流にもうひとつのJEATH戦争博物館がある。大きな寺院内の一角という感じのところにある。これはメクロン川永久橋の近くにあるJEATH戦争博物館と展示物は似ているが、こちらの方がオリジナルで、橋...

 

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余国。徒然書苦氣去。 Author

コメント

ランダムフォト