今朝初めてATMでインド・ルピーを引き出してみた。

ゴアのMadgaon 駅のBank of Baroda のATM。

最大の10000Rs 引き出すとすんなり成功して、現地ATMの手数料の表示もなかった。

インド側の手数料は全く引かれなかったようだ。

 

JNB(ジャパンネットバンク)から届いた通知メールには、

 

お引落金額:16,850円
加盟店名:MARGAO RAILWAY STATION

 

と記載されていた。

銀行ではなく、マドガオン駅が引き落とし主体となっている。

 

その時の実勢為替アプリレートは、

10000Rs=16256 円

580円の手数料、3.5%の手数料が上乗せされて引き落とされた計算になる。

チェンナイの最強両替所で円現金を両替すると為替アプリレートのままなので、360Rs の差損。

毎回10000Rs を引き落とす度に、360Rs の損が発生すると考えて良い。

インドで現地ATM手数料の発生しない銀行ATM

State Bank of india

Bank of Baroda

 

最大引き出し可能額は10000Rs まで。

 

その他の銀行では、200Rs~300Rs の手数料がかかる。

Citibank のATMでも200Rsの手数料がかかる。

 

 

次の記事

ABOUTこの記事を書いた人

世界を旅して80余国。徒然書苦氣去。 Author

コメント

ランダムフォト