ひんど神社で合掌後、頭を下げるのは日本式のようだった。

Ooty は宿が高め。

個室は最低500Rs からだった。

400Rsのところもあったが満室が多かった。

バス・トイレ共用なら300Rs からあった。

シーズン入り口で満室が多かった。

 

空気は冷たかった。

夜は長袖になる。

交通騒音がうるさい。

長期滞在できるような気はしないところであった。

500Rsの宿もよくない。

 

Doddabetta Peak だけ行ってみようとバスに乗ったら間違えていて途中下車。

あきらめてマイソールへ下山バスにした。

 

Nilgiri登山鉄道 はユネスコの世界遺産に登録されている。

イギリス植民地時代の遺物を世界遺産にするのは、しばしば元宗主国が主導してやりそうなことである。

世界遺産目録に登録されるに値するようには見えなかった。

フィリピンの棚田も。

見事な棚田なんて、どこの国にもあるし。

 

 

New Star Cottage の場所地図:

 

 

次の記事

ランダムフォト